フォト
無料ブログはココログ

2021年11月28日 (日)

20年前に私がまいた種が今育っている

デジカメWATCHの人気連載漫画「カメラバカにつける薬」。毎月楽しみにしています。

01 02 03 04

20年前に私が「Drマスダの写真レンズ教室」を執筆した際に読んだ文献が紹介されています。私が20年前に蒔いた種が草の根で広がっていき、今私と志を同じくする若者がその意志を受け継いでくれていると思うととても嬉しいです。

そもそもなぜ私がこのサイトを作ったかというと、カメラ雑誌ではなかなか紹介されない、ニッチ過ぎて一般の本には書かれていない情報を、これからクラシックレンズやミノックスに挑戦したいと思っている初心者やクラカメを扱う中古カメラ店の店員さんに資料として使って欲しかったから。「人の役に立ちたい!」ただそれだけで自己顕示欲だとか見返りなんて何も考えていませんでした。

それは投資の話でも同じ。大半の人は投資なんて競馬パチンコと同じ、再現性の無いギャンブルだという認識でしょう。それに対し、投資先が今いったいどういう産業に投資しているのかを知り、余剰資金の中で「分散投資、長期投資、現物取引」に徹して10年20年単位で長く育てるつもりなら、そんなに怖い物ではない。ただ、自分がこれから投資しようとしている銘柄がどのような産業なのかを知るためには普段から新聞雑誌ネットTVなどの様々なメディアを斜め読みでも良いから目を通し「情報のアンテナ」(いわゆる「雑学」レベルで良いから)を広げましょうと思っているから私は自分が所有する銘柄やリターンまでお人よしにも公開している

この私の志に「余計な事教えやがって・・・」と反感を抱く輩も多くいた(参照)。プロ写真家でありながら自分の正体を隠して匿名で私の悪口を書き立てた某写真家集団たちのやっかみ

>それをヤツは、「妬み」だのの問題に変えるから余計にキライになる。

>タンチョウの写真だけのホームページだったらけっこういいと思うのに。あのフィギュアなんかのトップページやカメラのオタ話しは別のサイト作ってやらないと…。

↑逆でしょう。無名のアマチュアが撮った素人写真なんか、だれが見に来るものか。無名のアマチュアのサイトにわざわざ見に来る人は何らかの「情報」の「調べ物」をするために来るんです。写真はタダの「作例」。「このレンズを使ったらこういう写真が撮れますよ」という見本として貼っているんです。フィギュアは「無料で見られるサイトから得られる情報なんてたかが知れているんだからこれ以上詳しく知りたければ下記の引用文献を買って読んでね。」という意味でおちゃらけと息抜きでやっている。

実際この20年間に多くの人が私のサイトを調べ物に使って役に立ったと喜んでくれた。私が20年前にズームレンズの原理を書かなかったら、技術者向けではない一般書で「2群ズーム、3群ズーム、4群ズーム」なんて解説は今も誰も書かなかったでしょう(なお、作中にある凸凹2群ズームについては中川治平先生の論文を読めば一発でわかる)。

20年前に私を匿名で叩き続けた某写真家集団は私がブログで苦言を言った直後、彼らがたむろしていた共同掲示板を削除してトンずらしていました(もう消えたから明らかにして良いでしょう「ハイスピードインフラレッド」という題名の掲示板です)。そんなに正体バレるの怖かったのか・・・・っていうか自分の正体バレるの怖かったら他人の陰口なんて書くな。

で、私を叩いていた写真家集団、だいたい誰だか知っているし、彼らのサイトも閲覧したが、どれもこれも今では消失している。続かなかった理由は明白。「自分の事しか書かず、閲覧者が資料集めや調べ物に使えるような情報が何もなかったから。」それだけ。ただただ写真だけを貼って、「私はこう思いました」「私はこう感じました」だの小学生の日記みたいな中身の無い文章。文献引用なんか一つすらない。それは1回見たらもう来なくなるでしょう。何回も来るって事は「あれ、これってどういう意味だったっけ?」とか「このレンズどいうレンズだっけ?」という調べ物に使うから。辞書や百科事典はたまにだけど何度も開くのと同じ。つまり私の事を「目立ちたがり屋」だの「自己顕示欲の塊」とか言っている人ほど、自分からは何も情報を発信していなかったんです。

「なぜ俺のサイトは誰も見てくれないんだろう?」それは他人の役に立つ情報が何もないから。私のサイトが引越しを繰り返しながら20年間続いている事がすべてを物語っているのではないでしょうか。

ちなみに「遊びで写真撮っているアマチュアのくせにライカなんて使いやがって」と私に食ってかかってきた某大写真家センセイ様の名言「お前のズームレンズのうんちく、何書いているかさっぱりわからねぇ!こんなこと知らなくても写真なんか撮れるんだよっ!レンズの中には小人さん!カメラの中には小人さん小人さんがカメラの中で絵を描いているのっ!それで十分なんだよっ!!」

Photo_20211128180701

↑「究極超人あ~る」より

そりゃあホサれるわな・・・・・

2021年11月26日 (金)

冬コミ2022!・無理やろ!?それっ!!

職場から帰ってメールボックス開いたらぶったまげた!!

P1010328

コミックマーケット99チケット申し込み開始!!

応募条件は2回のコロナワクチン接種証明書を持っている事。

いや、無理やろ!?

P1010329

このサイトでも「ムリやろ!?」と言っている。

いや、本当に、行きたいですよ!そのために原稿も書いたんですから!でも、「ムリでしょ!?」ビッグサイトでコロナ伝染されたら、下手したら私首になります(医療職なもんで)。

とりあえず、紙の原稿用紙今週末に全部デジタル化していつ入稿してもいいようにしないと。

っていうか、表紙まだ描いていない(汗)。

2021年11月23日 (火)

母を連れて湯の花温泉に

70歳を機に運転免許を返上した母は今では公共の交通機関に乗らないと遠出が出来ない。このコロナ禍のせいで家と病院の往復しかしていないので家では毎日シャワーだけで、乾燥肌で肌がカサカサしてきたというので母を湯の花温泉に連れて行った。

Cimg5228

先月は手宮殿で、正面には手宮の海が広がっていたけど、今回は朝里殿なので山の中です。一ヶ月前ならばすばらしい紅葉が見られました。来月から値上げだぞ!!今月いっぱいで無料送迎バスも終了だ!今のうちに回数券買って置こう。

Cimg5230

すでに紅葉は終わっていますが(この二日後に積雪があった)、この通り車の入りは好調。コロナショックに耐えました。湯の花温泉。正面の駐車場。愛車めるちゃんは赤矢印。「となりのクルマが大きく見えま~す!」いや、実際に大きいんだけど。今の車から見たら信じられないほど小さいな。ウチのめるちゃん・・・

Cimg5231

湯上りは2階の休憩室兼食堂でお昼。建物に入ってしまえば朝里殿手宮殿定山渓殿江別殿もみな同じです。ただ、江別殿は観光地でも景観地でもなく住宅街のど真ん中にあるので、地元民しか行かない(w)。

Cimg5232

今回もお昼は人気No1メニューの「あんかけ焼きそば」。母も同じもの注文したので分け合っこできない。別のもの注文すれば良かった。チャーハンとか。ランチのお供は「かぐや姫は告らせたい」22巻。じれったい恋の駆け引きがダラダラ続きましたが、この巻でようやく決着がつきます(ネタバレ)。

今後みぞれ混じりの積雪が続き、札幌⇔小樽間の移動は札樽自動車道にしろ張碓(はりうす)峠にしろFRのめるちゃんでは相当怖いので完全に積雪路になるまで帰省はお預けです(連休もないし)。たっぷり休息が取れた4日間でした。

2021年11月20日 (土)

歴史改変

これは「僕たちは勉強ができない」でもあったけど、主人公が過去にタイムスリップしたせいで過去の歴史が改変してしまったことが「JKから」でもすでに起こっている。多分未来を知っている小百合が歴史に干渉したせいですでに真紀やハヤナの未来も相当変わっているし、今回の件では過去に小百合が退職に追い込んだ矢那先生を復職させたことで、おそらく歴史に介入しなければ原田先生とくっついていたであろう数学の島田先生との関係が怪しくなってきた。

P1010323

「高校の数学って社会に出たら何の役に立つんですかぁ~?」それ、高校生の頃の甥に私も聞かれたわ。「日常生活では出番は無いけど、専門技能職、資格職と言う仕事に就くためには必要なんだ。何の役に立つんだと言ったけど、お前が情報処理専門学校に進んでコンピュータプログラミングの勉強したらそっくりそのままの公式が授業で出てくるぞ!」と言ったら甥は本当にその進路に進んでSEになりました。

Photo_20211120005701 Photo_20211120005801

前世で高校の勉強を舐め切っていたせいで、現世でこういう目に合う小百合(w)。

P1010325E0x81aqvcaocghr

小百合が歴史に干渉する前の前世ではなかなか良い関係だった原田先生と島田先生。

Id1319idc33ct10t

小百合の思い及ばぬところで、矢那先生と島田先生の三角関係が勃発するのか?

小百合は全然自覚していないけど、すでに過去の歴史をそうとう改変している。

2021年11月18日 (木)

母と回るお寿司屋へ

緊急事態宣言が開けたので母と寿司屋に行きました。パックじゃないお寿司食べるの久しぶりだ。

Cimg5198

このコロナ騒動が収まる前に潰れちゃうんじゃないかと心配したお店ですが何とか持ちこたえました。駐車場にはそこそこ車も入っており店内の従業員さんもお客さんもニコニコ笑っていました。普通の日常が戻ってきた事がこんなに嬉しくて幸せな事だったとは、巣篭もり生活でやっと気づきました。

Cimg5192

タコとイカ。

Cimg5193

マグロ中トロ。

Cimg5194

マダイの握りが1皿240円って、カツオより安い。今やマダイは大衆魚?

Cimg5196 Cimg5197

一番高かったのがこの「極上活〆かんぱち」一皿430円!!なんて豪華な晩餐なんでしょ。

で、今回の赤潮騒動の深刻さを実感したのが、

Cimg5191

↑貝づくし!。北海道名産の「つぶ」(えぞぼら)とウニが品切れで注文できなかったこと!私はそれほど好きではないんで気にならなかったけど母は大変がっかりしてました。ホタテや北寄貝(ミルガイ)は入荷していました。

地球温暖化はもう待ったなし。海水温の上昇が原因でしょう。

今回のコロナ小康状態も一時的で、ヨーロッパではまだ猛威を振るっている様子。まだまだ油断はできません。

2021年11月14日 (日)

ドラマも始まったJKから

ドラマ放送も始まった「JKからやり直すシルバープラン」ですが、転生して数か月も経つと周囲の評価も変わるもので、性根を入れ替えて「良い子」になった小百合はとんとん拍子に周囲の人望を高めていきます。

P1010317

恥かしがる真紀とは対照的に超ノリノリのハヤナ。まあ予想通りの展開ですが・・

P1010318

何とおじいさまの秘書の竹さんがたかが高校の学園祭に視察に!?「まあ小百合くらいの美人でお嬢様だったらいい人の一人や二人はいるでしょう?」とハヤナも理解の目で見ています。

P1010319

実はこのおじいさまの秘書は多分前世で二ノ宮家没落の黒幕だったと思われる人物。すでに小百合の父親に、破綻するであろう北海道のリゾート開発を持ち出している。

P1010320

これをきっかけに「こんな立派なお嬢様を悲しませたくない」と竹さんが毒牙を引っ込めてくれれば、それだけでも最悪の未来は回避できるんですが・・・どうだろ?小百合も「どっかで聞いた名前ね?」と思い出しているように前世でもなんらかのかかわりはあった模様。逆に小百合にを自分のものにしようと毒牙を剥けるかもしんない。

2021年11月12日 (金)

現在の8mmフィルム事情

今や専用のビデオカメラどころか本来はスチル用のデジカメや、こともあろうにスマホですら動画が撮影できる夢のような時代になり、

8mm_20211112195801

↑マイクロフォーサーズでも動画撮影はデフォです。

フィルムの8ミリや16ミリはすでに風前の灯(ともしび)。

8_20211112194301

20年前でもすでに富士フィルムさん、「8ミリフィルムの現像機はもう何十年も新規開発はされておらず、数十年前の現像機をいたわりながら使っているんです。現像したフィルムの箱も1970年代から変わっていません」という衝撃のアナウンスしてましたけど。

8mm

本日面白いヘッドラインが出ていたのでご報告。今や日本国内で8mmフィルムを現像してくれる現像所は1か所しか残ってないと!!

――いま注文はどのくらいある?

月平均50本ぐらいです。

まあそうでしょうね。日本国内でここでしか現像できないならそれくらいの注文はあるでしょう・・・・

あたしも8mmカメラ自体は何度も触っているけど、とうとう撮影はしないで終わりました。私がせめてもの償いに、当時のムービーズームを一生懸命サルベージしてあげています。本体は維持できなくてもレンズだけなら保持できる(w)。

8mm_20211112200501

私が小学生の頃はすでに撮像管式でベータやVHSのテープを使うビデオカメラが普及していてソニーマビカの記事からいずれ撮像管もCCD(撮像素子)に切り替わっていくことは十分に読めたので子供心にも、「フィルムの8ミリや16ミリはもうすく無くなる」と思っていました。何せ録画時間がケタ違い(8ミリ3分、VHS1時間)です。私のカメラ好きを聞きつけて、小学5年か6年生の頃、担任の先生が学芸会の録画係に私を指名してくれたんですよ。当時サラリーマンの月給の2倍はしそうな最新のビデオカメラを触らせてもらえました。

8mm_20211112195101

↑まあ、こんな感じ。ファインダーはモノクロ。本体にテープは入らずコードに繋げたビデオデッキにテープを入れました。私の記憶ではすでにパワーズームはあったと思う。多分まだオートフォーカスじゃなかった(三脚に固定された状態での定点撮影なので一度ピント合わせしたら合わせなおす必要が無かったから)。小学生当時、ファインダーがモノクロなのにびっくりした覚えがある。「機動戦士ガンダム」のモニターはカラーなのに!?。高校~大学生の頃にやっとファインダーがカラーのビデオカメラが出て「こんなに時間がかかるのかよ」と別の意味で感動しましたなぁ~(完全にオッサン発言)。

88_20211112195301

私の同人誌でもその時の記憶がちょっとのこっていたのでおじ(い)さん世代を喜ばすために8ミリカメラを教材に選びました(w)。

これを機会に今の若い子も8mmフィルムに目を向けてくれるなんてことは・・・・ないでしょうね(w)。

8mm_20211112201501

JKにこれ使いこなせるかぁ?(引用:「あの夏で待っている」)。フランジバックの短いCマウントで光学一眼レフファインダー実現したのは偉いけど・・・(ファインダー凄く暗そうだなぁ・・・)

8mm_20211112221901

↑これ、面白そうですね。でもここまでやるならCマウントかDマウントにしてレンズ交換式にして欲しかった。この前の「オッサンホイホイ」だってちゃんとレンズ交換式(しかも画面サイズコンバーター付き)なんですから。

2021年11月 2日 (火)

炭鉱のオカメ

土日に久しぶりに実家に帰った。網戸の取り外しとかしてきました。あたしは親と別居して以来、住居はFF式ストーブがデフォで、我が家のおかめずも換気が十分なされている空調に慣れているのに対し、実家は築50ン年の古民家なんで、今だに昔ながらの石油ポータブルが暖をなしている。

Photo_20211102193401

実家に連れてきたおかめず。妙に生あくびばかりするんです。眠そうでもないのに。は?これはもしかして

Photo_20211102193601

「一酸化炭素中毒!?」慌てて窓開けて換気扇回しました!「何やってんだい?」といぶかしがる母に「オカメが生あくびしている!この部屋酸欠だよ!!」と大声で言いました。実際に数分間換気したらおかめずの生あくびは止まりました。

いわゆる「炭鉱のカナリア」状態でしょうか?ガスセンサーなるものが普及する前は、何と生きているカナリアが「ガス検知器機」として使われていた!!(上の黒いボンベはカナリアが失神した時のための蘇生用だそうです)。ほんのちょっと前、1980年代までこれ、現実に使われていたのが恐ろしい・・・・。動物虐待どころじゃないでしょう。

Photo_20211102200301

そういえばアーサーCクラーク氏の短篇小説でもこの話ありました。宇宙ステーションでカナリアが宇宙飛行士たちのペットとして可愛がられていたけど、カナリアが突然啼き止んで、その直後に酸素濃度の低下に気づくって内容。もっとも史実の「アポロ13号」ではCO2センサーがすでに装備されていましたけれど。

Cimg5188

んで、本題に移りますが。「オカメたちが酸欠をあくびで緊急事態宣言しているのに、当のカナリアのみどりちゃんは何してた!?」

Cimg5189

↑母の肩の上でくつろぐみどりちゃん

何してる訳でもなく餌をモソモソ食べていました・・・・・何かこう、「歌を忘れたカナリアは~」とか「炭鉱のカナリア」とか「天空のカナリア」から聞く先入観からなんかかけ離れている・・・。そもそも本当にこの子カナリアなのか心配になってきました。歌を歌うのも面倒くさがって滅多に歌わないし。

結論!毒ガス検知目的ならカナリアよりもむしろオカメインコを飼いましょう!!

で、我が家のみどりちゃんとは別に投資用語でいう「炭鉱のカナリア」ですが、昨今の灯油、ガソリン代の急騰(これは例のリーマンショック直前にもあった)や日興証券さんのインサイダー取引からも(過去の私の経験から邪推したのは邪推じゃなく事実だったか!?)そろそろヤバそうな気がする。バブル崩壊の直撃を受けそうなフィンテックあたりはそろそろ解約して現金化すべきでしょうか?

2021年10月31日 (日)

小樽に引っ越して最初の選挙

小樽に引っ越したのは昨年10月なので小樽では初めての選挙となります。選挙前から新聞で与党野党の舌戦が繰り広げられている事。

Cimg5187

↑「朝日新聞」2021年10月31日朝刊。

アベノミクスで儲かったなんて言っている人は株取引をしている人だけだ!はい、アベノミクスでたんまり儲けさせて頂いた零細個人投資家の私は本当に阿部元総理には感謝してます。リーマンショックでこうむった膨大な含み損がアベノミクスが始まったとたんにプラマイゼロになり!現時点では下手したら本職の給料よりも稼がせていただいてます。本職の給料も麻生太郎内閣時代にガバっと診療報酬が削られて以来下落の一途をたどっていたのが、少なくとも阿部内閣になってから、ごくごく微量ながらプラスに転じて「下落」だけは何とか止まりました(20年前の水準には遠く及びませんが、少なくとも下落は止まった)。まあ逆に言うと、小泉内閣での「聖域無き構造改革」で汗水流して働いている労働者の収入はどんどん削られ一握りの経営幹部ばかりが収入が増えているという事。ですので

Cimg5184

給料の手取りが上がる国になって欲しいのは私も切実に思ってますが・・・・

Cimg5183

↑「朝日新聞」2021年10月30日朝刊。

働かずカネを右から左に転がしてるだけで大金稼いでいる薄汚い投資家からふんだくってやろう!」と今まで年間120万円までは非課税だったNISA口座を課税対象にするというのはただの「弱いものイジメ」ではなかろうか!毛沢東政権時代の中国がやった「文化大革命」を見るまでも無く人間、貧乏生活を送っていると自分よりもほんのちょびっと収入が多い人間を嫉妬のターゲットにして「庶民の敵だ!」とあおる扇動者にコロっとダマされるんです(遊びで写真を撮っているアマチュアのくせにライカなんかで写真を撮っていて俺は激しく精神的苦痛を強いられた!とか言っていた某大写真家センセイ殿!あなたのことを言っている!)。私もNISA枠を超えた分(これを特定口座という)を課税するのまでは反対していない(ただ、現状の課税率20%を増額するのは断固反対します)。しかし、年間たった120万円といった庶民のささやかな投資の夢まで摘んではせっかく生まれ始めた小額の個人投資家の市場が崩壊してしまう。だいたい、個人投資家で本当に利益出している人なんてどれほどいるんだと思ってます?個人投資家の7割が1年以内に退場するとか9割が3年以内に退場するといった非情な世界です。稼いでいる個人投資家なんてホンの1割なんですよ!?それっぽっち課税対象にしたって税収なんか増えるわけ無いでしょう!!(まあ、さして儲かってもいないのに、こんな世界に25年間踏みとどまっている私も相当バカだが・・・)自分が過去の投資での損失や利益も含めて、自分が買った金融商品やそのリターンを馬鹿正直にここで書いてるのは「少しでも私の経験を踏み台にして、損害が最小限になるようリスク管理をしながらこの世界に踏み込んでほしい」と思っているから。だから私は当初から「アマチュアは長期投資、分散投資、現物取引に徹せよ!」と何度も書いている。自慢だと思いますか?私はこれっぱかしも見返りなんか求めてません。だいたい私が自分の所有資産を公開しても私には何もメリットもないし、むしろ上述の「嫉妬やっかみひがみ妬み」をあおるだけでデメリットしかない(w)。

こんな厳しい弱肉強食の世界に身を置いているのも、「汗水流して働いた給料がどんどん削られ」「定期預金の利息がつかない」からじゃないですか!「投資する奴からは税金をたんまり搾り取ってやる!」と言うなら、「投資なんかしなくても稼げる給与水準と銀行利息」をまず確保しろ!阿部総理は正直に「それは簡単にはできません」と認めたから「これからはサラリーマンも個人投資家になってどんどん株を買いましょう!」と正直に言いづらい本音を言ってくれた。だから私は阿部元総理を信じたし、感謝しているんです。

なので、開票結果が出る前からすでにこんな薄汚い本音が出てくる民主党なんか絶対私は信じません。それだったら、株高政策を続けてくれる自民党のほうがまだ100万倍マシです(結局、自分ひとりが儲かれば満足なのね?)。

2021年10月29日 (金)

SLS(スペースローンチシステム)完成!

50年ぶりの有人月着陸ミッション「アルテミス計画」のキモであるSLS(スペースローンチシステム)ロケットがついに完成!

Sls

おお、模型やCGじゃない本物の映像はやっぱり説得力あります。小学生の頃、アポロ計画の偉業を図鑑で読んで感動した世代としては人類が再び月探査を始めるのは涙が流れる程嬉しい。できれば「2001年宇宙の旅」のアーサーCクラーク博士や航空評論家の佐貫又男先生がご存命のうちに発動して欲しかった・・・・本当にブッシュ(息子)大統領の時代から何度もぶち上げられては「そんな金あるか!(Byオバマ大統領)」と何度も頓挫してきた計画です。本当に私が生きているうちに人類が再び月面に立つ映像を見せてください。私はアルテミス計画を応援するために宇宙開発にトヨタ86が新車で買えるくらい投資してるんです!!(←何てバカなことを!?と思う方は当然おられるでしょうが、定期預金の利息よりははるかに多いリターンはある。私が金儲けしか興味のない本物の「金の亡者」だったら全額フィンテックにつぎ込んでます。)

Z

↑「インベスターZ」より。そう、私は「広い心を持った未来を見通せる人」になりたい。ビデオ、CDデッキ、パソコン、ケータイ、デジカメ、DVDデッキといった「新しいメディア」を「あんなものすぐに消えてなくなる!」と徹底的に拒絶し続けてきた父みたいな老後は絶対に送りたくないと思ってます。

アメリカがSLSを完成させたからにはパートナーの日本もアルテミス計画支援のキモである「H3ロケット」を一刻も早く完成させなければなりません。アメリカは月軌道までの無人物資輸送は日本のJAXAにほぼ一任しているので、H3無しにはアルテミス計画は成立しない。「人間を運ぶのはアメリカのSLSで食料、水、日用品、燃料などの生活物資を運ぶのは日本のH3。」ヨーロッパ宇宙機関(ESA)のアリアンロケットとの競合があっても、NASAは過去に国際宇宙ステーション(ISS)に一度もミスもなく「こうのとり」で生活物資を送り届けてきた日本のJAXAに絶大な信用をしているからあえて日本を単独指名しているんです(にしても自分のミスを日本に押し付けておきながらこのドヤ顔は何なんだろう?)。

H3

人類にとって最後のフロンティアは宇宙にしかないのですから。

«冬支度その2

最近の写真

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • Photo_20211128180701
  • Cimg5228
  • Cimg5230
  • Cimg5231
  • Cimg5232
  • P1010317_20211120004801
  • P1010323
  • P1010325