フォト
無料ブログはココログ

2021年10月24日 (日)

冬支度その2

おかめずのペットヒーターの強化と共に、愛車めるちゃんも冬靴に履き替えました。

Cimg5123

後ろの自転車が「めるちゃん2号」。なんでベンツ持ってるのに自転車通勤してるんだ?と職場で聞かれると「片道たった1kmでクルマ動かせますか!?」と答えています。

Cimg5124

さっそくジャッキアップ。

Cimg5125

ボルトはタイヤ交換の度に必ず錆止めを塗って磨いています。

Cimg5126

3年前に交換した後輪のブレーキローター。まだハブに塗装が残っている。去年の映像と比べたらたった1年でもずいぶんくたびれるもんだな、ブレーキって。昨年の車検の際に引き直したブレーキホース(画像左側)。シャシーブラック塗ってないからまだ燦然と輝いています🐱。

Photo_20211025220001

去年のタイヤ交換の時に撮った後輪ブレーキ。おお、まだディスクのふちが錆びてないしハブの塗装もハゲていない(w)。

Cimg5127

ベンツに限らず欧州車はボルトとナットが日本車とは逆でハブにボルトを打ち込むのでタイヤ交換の際には位置決めのためのジグを最初に打ち込みます。

Cimg5129

めるちゃんはタイヤが前後異サイズ。前後異サイズのクルマっちゅ~のはめるちゃんが初めてなので当初戸惑いました。4本割引が効かないのでものすごく高くつきます💧。

Cimg5131

前輪は205/55/R16で

Cimg5130

後輪は225/50/R16で初代カウンタックよりも太い。そんなにパワーあるのか?、めるちゃん。

Cimg5134

流石に冬タイヤまで異サイズなんて付き合いきれないのでスタッドレスタイヤは前後とも205に統一しています。

Cimg5133

ここでお約束のオチ。もう10年選手のフロアジャッキかなり油圧が抜けてきてタイヤ交換中もズルズル車高が落ちてきて怖い!のでめるちゃんの車載ジャッキを初めて使ったら・・・・一発でギヤが噛みこんで壊れました!!ど~~なってんだ?メルセデス品質?ネットで調べたら安いらしい・・・

Cimg5132

タイヤ交換中に眺めるめるちゃんのサイドビュー。この写りこみ。まだまだ新車の輝きです。

これでいつ雪が降っても大丈夫❤。

冬支度

夏物の衣類を全部アイロンかけて片付けて、いよいよ冬支度。

Cimg5119

うちのおかめずが最近寒がっているので夏の間は節電のために40ワットのひよこ電球を入れていたペットヒーターを100ワットに交換しました。

Cimg5117

電球一個1,728円。高いんだぞ!

Cimg5118

うおおぉ~!さすが100ワット。煌々と輝いている。電気代高そう・・・💧
Cimg5120 Cimg5122

ヒーターの温度上げるとおかめずがヒーターに寄り添ってきます。ユキちゃんは頭からヒーターの下に突っ込んでいる・・・・こいつら自然界ではどうやって生きていたんでしょうか?

2021年10月18日 (月)

中年から始めるシルバープラン2

Cimg5110

豊かな老後は健康な肉体から!参照:「JKからやり直すシルバープラン」より。

ちなみに中年から始めるシルバープラン1はココ

今年も健康診断の季節がやってきました。この日のために2週間断酒して挑んだ結果は!?

Cimg5105

うおっしゃぁ~!再検査の必要無し!若いぞ自分!

Cimg5106

朝食後3時間の血糖が96とは良い数値。まあ増田家の家系で過去に糖尿病の人はいなかったから普通の食生活している限り糖尿の心配は無い。1日三食全部ご飯という高カーボン食なのにこの血糖値は、日常的に麦飯を食べているおかげだと思います(w)。池田勇人元総理には感謝です。

Cimg5064

引っかかった訳じゃないけど基準値少しオーバーなのが血中コレステロールと中性脂肪。まあ、年齢的にこれはそろそろお腹が出てくる年代だしな。ダイエットだダイエット!

Cimg5107

肝臓の数値は全て基準内。若いぞ!自分の肝臓!!これで安心してお酒飲めます(←ダメじゃん!)。

で、気になったのが今回も赤血球数とヘモグロビンの数値が低い。朝に弱い低血圧のお姉さんじゃあるまいし貧血ですか?「ヒジキとホウレンソウ食べてください」と職場で言われた。

Cimg5111

どっちも好物だけど毎日食べるもんじゃなかったからなあ。明日から常備菜に加えます。

Cimg5109

どうして今から「健康健康」うるさいかと言うと、私の父が心臓を壊して働けなくなったのが今の私の年齢の時だったから。石原裕次郎さんが乖離性大動脈瘤で倒れたのも、山下清画伯が脳出血で死去したのも「吾輩は猫である」の夏目漱石氏が胃潰瘍と糖尿病で死去したのも私の年齢のとき。正直、私もいつどうなるか分からない年齢になってきた。

健康だったらお金はいくらでも稼げるけど、お金で健康は買えない。」私の持論です。職業柄、何人もそういう人を見てきました(そういう意味で冒頭の小百合の言っている事は正しい)。そういえば若くして脳卒中で亡くなった写真家って多いですね。土門拳氏とか柴田三雄氏(←20年前に一緒にお酒飲んだことがあります)とかサンダー平山氏とか。故柴田三雄氏が私に向かって言ったお言葉「キミは手先の器用さと特殊な機材と珍しい被写体に頼りすぎる!もっと感性を磨きなさい」・・・だそうです。今にして思えば「嫉妬」だったのかな?

健康のためなら死んでもいい!」これ、私は矛盾しているとは思っていません。死ぬ寸前までは健康でいたいって意味ですからまったく真理だと思います。これからも「健康オタク」で行くぞ!自分!

2021年10月12日 (火)

昔ペンタックスオート110ってのがあってだな

110

私が小学生の頃、オモチャのように小さいのにちゃんと一眼レフでレンズ交換までできる不思議なカメラがありました。マニアなら先刻ご存じのペンタックスオート110と同スーパー。社会人になってから何度もフルセットで売り物を見ているんですが、とうとう踏ん切りがつかずに今では110ポケットインスタマチックフィルムも生産停止になってしまいました。が!!です、ご存じでしょうか?この110判って現代のマイクロ4/3とほぼ画面サイズが同じ。なので同じ焦点距離同じ明るさなら、同じような描写が現代でも楽しめる訳です。

ペンタックスオート110のレンズラインナップは18ミリ(広角)、24ミリ(標準)、50ミリ(中望遠)、70ミリ(望遠)、20-40ミリズームの5種類でどれもF2.8通し。なぜ全てF2.8なのかと言うとビハインド式レンズシャッターなのでこれ以上明るくても暗くてもケラれてしまうから(だからこのオート110に自作のアダプター着けて35ミリ版用のレンズを着けて試してもうまくいかなかった)。

でも、現代のマイクロ4/3は焦点面の前にミラーもビハインドシャッターも何も無いのでマウント内径より後玉が小さいレンズなら何でも使える。

そこで今手元にあるレンズで40年前のオート110のラインナップを再現してみましょう。

Cimg5085

カメラにつけているのがオリンパスのボディキャップレンズ15ミリF8、隣は左から順にパシュポ25ミリF1.4、同50ミリF1.4、70ミリは手元にないので(いずれアンジェニューテレシノールの75ミリあたりが欲しい)ソニーTVズーム12.5-75ミリF1.8でカバーします。さて写りは?

P1010311

オリンパスボディキャップレンズ15ミリF8。トイレンズとは言え流石メーカー純正。ちゃんと写ります。むしろこのカメラに一番似合っている?

P1010293

パシュポ25ミリF1.4。開放では少々怪しい画質ですが・・・

P1010294

F2.8まで絞るとウソのように描写が収まります。元祖ペンタックスオート110も開放絞りF2.8なんだからこれで互角!

P1010295

こちらはパシュポ50ミリF1.4解放。イメージサークルを確保している分25ミリよりはマシな描写です。

P1010299

これはF2.8に絞った所。ここまで絞ればマイクロ4/3規格でも十分使い物になる描写になります。

P1010302

こっちはソニーTVズーム12.5-75ミリF1.8解放。スクエアフォーマットにしたら何とか使えます。何か往年のフォクトレンダーダゲレオタイプを使っている気分。

P1010307

こっちはF2.8。2.8まで絞ってもあまり変化が無い。それだけ解放から使う前提の設計であるという事。

P1010300

番外編のペンタックスコズミカ12ミリF1.2。前述のように無限大が出ないので近接専用です。おまけに1/2インチ指定なのでこの通り。12ミリという焦点距離なので広角レンズになると期待したんですが、この画角じゃあ全然広角じゃありません。1/2インチセンサーで画角30°という事は35ミリフルサイズ換算で80ミリの中望遠レンズです(参照)。ただ、F1.2開放でこのピントは流石に立派!って言うか、このレンズが一番画質良いじゃん!?

実質純正レンズしか使えなかったペンタックスオート110と違って、現代のマイクロ4/3はCマウントのレンズはほぼ無尽蔵に選べます。少年時代の夢よ再びって感じですね💓。

 

2021年10月11日 (月)

2021年下半期の稼ぎ

本日、3ヶ月に1回の証券会社の目論見書が届いたのでご報告。ここ1年半の間3ヶ月に100万円ずつの不就労所得が空から降ってきて「この調子なら1年間で400万円、2年間で800万円?」などと妄想に浮かれたりもしましたが、どうやら先月の中国不動産問題で異常な株価上昇もストップしたようです。結論から言うと、3ヶ月前より評価額が35万円下がりました。ちょっと安心。ちょっとがっかりといったところ。

Cimg5079

まあ、ご丁寧に私のためにこんな立派な目論見書まで送ってきて・・・

 Photo_20211011214801

「この2年間で増田様の資産を1.5倍に増やしました!凄いでしょう!」とドヤ顔のサマリ。いや、確かに凄いと思いますよ。私の四半世紀の投資経験でも短時間でここまで資産が増えたのは初めての経験です。たった2年間でここまで稼がせて貰ったんですから35万円ごときの評価額ダウンはなんとも思いません。働いて稼いだ給料が35万円ダウンしたらパニックになる(というかそんなに減ったらゼロじゃん・・)のに投資と言う仮想空間では「たった35万円ごとき平気平気」と思ってしまう金銭感覚の狂いが我ながら恐ろしい。だから私は投資で稼いだ利益は決して生活費に回さないんです。金銭感覚を維持するために。

では今年下半期ノトータルリターンをご報告。

Cimg5081

上から順に米バンクローン2種。類型売却金額の欄を見てもわかるようにどちらも解約しましたので目論見書に米バンクローンが載るのは今月が最後です。JPM中小型株アクティブローン、日本の中小企業頑張ってます。グローバルロボティクス、これは評価額は一定で分配金が出るというタイプ。元本は手をつけず、分配金だけを日々の生活費に使いたいという向きにはお勧めです。一番下がグローバルフィンテック。フィンテックは怪物ですね。

◆次ページに続く◆

Cimg5082

今回唯一のマイナスになったのが、年2回決算型フィンテック、証券会社のお姉さんが「フィンテックはリスクが高いのでこれ以上増やさないほうがいい」という忠告通りになりました。まあたった6千円の含み損くらいケチケチするな!。グローバル3倍3文法ファンド、日興証券さん渾身の力作だけあってよい成績上げています。デジタル・トランスフォーメーション、今回のコロナ禍によるリモートワーク関連(TV電話など)。グローイングベンチャー、コレはお付き合い程度にしか購入しなかったのでリターンも控えめ。産業力強化ファンド、マツダが史上最高益を上げた際に私に8万円もの分配金をもたらしたファンド。後にも先にもそれ1回ですが、元本たった10万円で8万円の分配金が出て、そしてこの評価額アップですので悪くないと思います。

◆次ページに続く◆

Cimg5083

グローバルAIファンド、3ヶ月前より評価額5万円下がっている。そろそろAIブームも沈静化してきたかな。モビリティイノベーションファンド、自動車関連。こちらも3ヶ月前より2万円評価額が下がっている。J-REITリサーチも5千円の下落。フューチャーバイオテック、製薬関連はさすがにコロナワクチンと治療薬が軌道に乗ってきたので3ヶ月前より1万5千円のプラス。値上がりしている銘柄も確かにある。

◆次ページに進む◆

Cimg5084

グローバルSDGsファンド、これも5千円上昇してますね~。自分でも何でこれ買ったのか覚えていないのでスルーします「世界を貧困から救う!」という素晴らしい思想に共感して投資したのを思い出しました(世界よりもまず自分自身を貧困から救え)。スペース革命、当然宇宙関連、この3ヶ月で含み益ほぼ半分に減りました。いいんです、宇宙開発は私の趣味で投資しているので損にならなければ!!

Photo_20211011213501

↑まったくその通り!(インベスターZより)

今年新規購入したカーボンニュートラル、買った直後で手数料を引かれてもなおプラス1927円とは今後の成長が楽しみ。地球温暖化は待った無しですから!!

◆以上◆

まあ今回は可もなく不可もなし。投資は労働とは違って、毎月決まった額の収入が入るという事は決してない。利益ゼロならトントン。今回みたいに損益が出て普通というくらいの心積もりじゃないと神経が持ちません。だから投資の利益で生活するなんて自殺行為と言うんです。個人投資家は機関投資家と違って「期限」が無く、株価が戻るまで何年も待てるという「特権」があります(女房が許さないという事情は別)。でも、レバレッジやデイトレで「信用取引」をしてしまうと、返却期限日までに利益を出せなかった場合、損切りして返却せねばなりません。個人投資家の特権である「上がるまで何年も待てる」メリットを自ら捨ててまで信用取引に手を出すと、こんな人のようになる。まあ本気で投資に挑戦しようと思っている人が私のブログなんか読むわけ無いとは思いますが・・・・・

2021年10月10日 (日)

鯛の中のタイ

小樽に引っ越したのは昨年10月18日なので、もうすぐ1年経ちます。小樽に来て思うのが「サカナが美味しい!」ということ、札幌から距離で35kmしか離れていないのに魚の種類も、鮮度も大違いです。鮮魚のソウハチとか、ニシンの刺身とか、シイラなんて小樽に来て初めて食べました。カジカアンコウなんて旬の季節には1週間に1回は食べています。今晩のサカナはコレ!

Cimg5032

「腐っても鯛」じゃない。腐ってないもん!新鮮だもん!!「アラでも鯛」です。

Cimg5033

鯛の御頭。手で持ったらでっかいです。1匹まんまだったら40センチくらいあったんじゃないでしょうか?

Cimg5034 Cimg5035

御頭だけでも大迫力。

Cimg5036

鯛で一番美味しいのは頬の肉。「美味しんぼ」で山岡さんが言っていましたね。確かに美味い。

Cimg5039

その「美味しんぼ」でも小ネタにされた「鯛の中のタイ」特にマダイの物は最も美しいという事で縁起物になっています。

Photo_20211010215201 Photo_20211010215301

私も年甲斐も無くマダイの御頭を買うと集めちゃいます。

Cimg5067

乾燥して一晩置くと良い骨格標本が取れました。1匹あたり左右で2本取れます。縁起担ぎにお守りに入れる人もいるそうな。皆さんもマダイのアラを食べるときは胸ヒレの辺りを丁寧にほぐして見ましょう。案外簡単に取れます。

今晩もご馳走様でした。大変美味でした。刺身にする枝肉よりもアラのほうが鯛は絶対美味しいです。

LUMIX GF3購入

マイクロフォーサーズに主力機種が移った事ですっかりフルサイズ(フィルムしかないけど)の出番が無くなった昨今(おかげでΣ24-70ミリF2.8カビさせてしまい修理です・・・)。普段使い用に4代目を購入しました。4代目で初めてオリンパス以外のメーカーです。

パナソニックLUMIX GF3

Cimg5057

購入動機は「ストロボが内蔵されているから」。なぁ~んだ、そんなことか?と思われるかもしれませんが、今まで所有していたマイクロ4/3機は全てストロボ外付けだった。

Cimg5056

左から順にオリンパスペンE-P1(初号機)、同E-PL3、ルミックスです。E-P1はストロボ完全外付け。電源も外部です。E-PL3は一体型で電源はボディから供給されるので外部電源は不要になりその分小さくなりました。ルミックスは完全にストロボ内蔵でポップアップ式。カメラバッグすら持てないような条件では重宝します。

Cimg5058

その反面、ホットシューというものが無い。そのため外付けストロボとか外付けファインダーというものは一切受け付けません。この1台で自己完結したカメラです。交換できるのはレンズだけ。

Cimg5059

モードダイヤルが無いのでさぞやマニュアル操作がしづらいと思ったらそうでもない。これは絞り優先時ですがモニターにシャッター速度と絞り値のゲージが現れるんです。絞りを1段絞るとシャッター速度は1段遅くなる。おお~外光式露出計時代の一眼レフ(キヤノンFXとかミノルタSR-7とか)の露出計表示のようだ。ただ数字だけ表示するオリンパスペンE-PL3より露出のマニュアル制御はむしろやりやすい。同じレンズマウントでもメーカーが違うと操作のアルゴリズムもまた別の思想になるんだなぁと関心関心。今までフルマニュアルのコンパクトカメラ(ローライ35とか)を何十年も使ってきた方でも満足のいくスペックと操作性です。レンズ交換はしたいけど荷物は極力減らしたいというシチュエーション(たとえば海外旅行とか、冬山登山とか)に良いですよ。次はヘビーデューティ用サブ機でオリンパスOM-D EーM5あたりを狙っています。OM-D EM1Xをもう一台買う予算は十分あるけどアレを2台持ち歩く体力が無い。フィルム時代もモードラ付ペンタックスLXを2台持ち歩く事は無かったですから。

2021年10月 7日 (木)

実写版JKからやり直すシルバープラン

いよいよ11月から放送開始の「JKからやり直すシルバープラン」のキャストが勢ぞろいしました。

Jk

10000ウォン紙幣・・・(日本円にすると千円札)。舞台を隣国に移したらそのまま還流ドラマですね。この札束は40万円くらいか?

ああ、そういえば多田かおる先生の「イタズラなKiss」も舞台を台湾に移してドラマになってます

Jk_20211007225401Jknds

カメラ少年の尾上慎二君。メガネかけてよ。カメラはニコンF401。1990年と言う時代設定に忠実。この当時の高校写真部員なら妥当な選択だと思います。

Jk_20211007225701Jknds_20211007231101

白石ハヤナ嬢役の紺野彩夏さん。主人公・小百合と共に、高校時代、二大悪党と恐れられ、その美貌とカリスマ性で校内のトップに君臨する女子高生(笑)。悪女っぽくて良いです。

Jk_20211007225901Jknds_20211007231201

柏村真紀ちゃん役の祷キララさん。学園一の才女でクールなメガネっ子。うわっ!本当にリアル真紀ちゃんだっ!他、原田先生や真紀の父ちゃん。借金取りの岡さんのキャスティングも決定。これは楽しくなりそうですね。自宅にテレビ無いけど実家のTVにDVDデッキ着けて録画しちゃおうかな。

小樽市総合博物館その2

小樽市総合博物館続き行きます。

Cimg5001

お隣の余市が毛利衛さんの出身地だからでしょう。JAXAからH2Aロケットの模型が展示されています。

Cimg5003

手宮線工事に使われた測量器具。

Cimg5004

明治時代の望遠鏡と矢たて。光学機器となるとがぜん興味が沸きます。長いです。これ持って道なき道を歩くの大変だったろうなぁ。

Cimg5040

どれくらい大きいかと言うと、体感的にこれくらい(卒業証書)。

Cimg5005

博物館の売店で売っていた蟹工船のペーパークラフト・・・・あまり飾りたくないなぁ💧
「プロレタリア文学」ってインテリを気取った肩書きなのでつい敬遠しちゃいがちな「蟹工船」ですが、すごく薄っぺらい文庫本で中学生でもあっという間に読み終えちゃいます。正直「文学」なんていう本じゃない。痛快な大衆娯楽小説(カOジとか闇金ウOO”マくんに近い)なんですけどね。まあ、海軍や天皇陛下の悪口書いたのはマズいと思う。海軍なんだから暴動鎮圧は当然の業務だし。

お坊ちゃんで世間知らずの小林多喜二は、現実のスターリン政権下のソ連がどんな地獄だったかも知らずに脳みそお花畑的に共産主義を「地上の楽園」と思い込んでいたフシがある。多分絶対、蟹工船も実際に乗船して取材なんかしないで空想で書いていたと思う。網走刑務所の脱獄王として知られる白鳥由栄は蟹工船での勤務体験を「1回3か月の航海で1年間は生活できるほどの給料が出た」と語っている。そんなに待遇が悪かったら、リピーターなんか現れるわけが無く、船の悪評が広がって次の操業ができなくなるでしょうし。

Cimg5006

小樽市総合博物館の向かい側にあるのが史跡の「手宮洞窟」。でも今回の緊急事態宣言に便乗して改修工事中なので中に入れず。「かわらぬものは古代文字~」という歌があったけど、これ、文字じゃなくて「絵」だと思う。おそらく、古代人が村祭りの楽しかった思い出を絵に残したくて彫ったんじゃないかな?古代オホーツク人は。絵のタッチの類似から見て余市のフゴッペ洞窟と同じ作者だったという説もある。

Cimg5031

晩飯は宗八カレイの煮魚。え?干物じゃなくて鮮魚の宗八って初めて見た。さすが小樽。お魚図鑑ではソウハチは生では臭みが有って不味いので干物にされるとあったんだけど、鮮魚で食べて大丈夫なの?と思いながらも1尾100円(!)の安さに釣られて2尾買って煮魚にしたら、あら美味しいじゃん。お酒と醤油で煮込んだら臭みなんて感じません。ちょっぴりぬめりのある独特な食感がクセになります。美味でしたよ。何事も「百聞は一見にしかず」なんでも先入観に惑わされずに挑戦してみる事ですね。血圧が心配なので最近はおかずが多いときは味噌汁を作らずほうじ茶にしてます。主治医の話では私の高血圧は家族性(祖母も父も脳出血で倒れた。叔母も高血圧だった)で、腎臓の機能が弱いとの事。なかなか薬が効かず「こんな頑固な高血圧も珍しい!」と妙に感心されてしまいました。3回薬変えて1日3錠飲んでやっと最高血圧130台に下がりましたが、今の薬相当強いらしく日中立ち眩みします。

2021年10月 5日 (火)

何なんだ?このオッサンホイホイはっ!

Q氏のFacebook(私のFacebookから「おともだち」経由でググって下さい)閲覧して飛び上がって狂喜したビッグニュース!

Photo_20211005203501

なんとインスタントフィルム「チェキ」を使用する一眼レフです!詳細はココ

Photo_20211005204701

(↑公式サイトより)

似たようなコンセプトで過去に「コンタックスプレビュー」があったけど、あれは馬鹿正直に24x26ミリの画面だったので本当に「試し撮り専用」で鑑賞する作品を撮るカメラじゃなかった。しかもファインダーが左右逆像だし。

Photo_20211005210701

(↑コンタックスプレビュー

ベースはキヤノンEFマウントですが、本当にEFレンズを着ける人はまずいないでしょう(絞りが動かない・・・ハズ)。35ミリフルサイズ最大のマウント内径でなおかつフランジバックが44ミリと短い(参照)EFマウントはマウントアダプター装着のベースマウントとして最適だから選んだんでしょう。その証拠にM42マウントアダプターがセットです。

Photo_20211005204101

↑(公式サイトより)

ああペンタックスSPのレンズ捨てなくて良かった~(28ミリ、35ミリ、50ミリ、55ミリ、135ミリ、500ミリとコムラーテレモアズーム2x-3xを所有)。このコロっとしたフォルムが往年のリコー126CフレックツTLSに似ているのも可愛くて良い(下画像↓)。

126c_flex

シャッター速度もこれくらいあれば十分↓。

Photo_20211005204501

(↑公式サイトより)エクサだって最高1/250秒だった。

Photo_20211005204801

ちなみにエクサはこれ。デジカメ全盛のこの時代に何なんだこのオッサンホイホイは!?

さあ!プロジェクト成功のためにカメラオッサンの貴方もぜひLINEにポチだっ!?

«小樽で花火工場が爆発!

最近の写真

  • Photo_20211025220001
  • Cimg5123
  • Cimg5124
  • Cimg5125
  • Cimg5126
  • Cimg5127
  • Cimg5129
  • Cimg5130
  • Cimg5131
  • Cimg5132
  • Cimg5133
  • Cimg5134