フォト
無料ブログはココログ

2019年7月20日 (土)

トランプ大統領は本気だ

先月末に私が生きている間に人類は月へいけるか? で書いた有人月面探査計画「ゲートウェイ構想」ですが、7月14日放送のNHK「これでわかった!世界のいま」で紹介されていましたのでご報告。

P7140276

アポロ11号が月面着陸して50年。

P7140277

おかげで、今あちこちで宇宙に関するイベントが開かれていて、

P7140279

資金難を理由にオバマ前大統領が中止したオリオン計画を(これ私が生きている間に人類は月へいけるか? で書いた論調と同じだ。NHKは私のブログ読んで脚本書いたのか?)トランプ大統領が再発動。宇宙船と着陸船だけではなく月軌道上に恒久的な宇宙ステーション「ゲートウェイ」を米、露、日、欧州共同で建造し、月面、さらには火星への有人飛行の拠点とするという壮大な計画です。ちなみに日本が建造し打ち上げるモジュールはステーション中央のちょっと出っ張った所。「こうのとり」の実績で培った無人の物資輸送とそのドッキングポートを日本が分担します。現在このためにH3ロケットが開発中です。

P7140278

これも50年前にアーサーCクラーク氏が描いた「2001年宇宙の旅」の構想そのままだ!映画でははしょられていたけど、原作小説ではディスカバリー号は月軌道上で建造され、月から木星(原作では土星だけど)に旅立っています。

P7200284

まあこれは現在急速に頭角を現している中国に対するけん制も当然ありますね。

現在中国は米、露、日、欧州中心のISECG(国際宇宙探査共働グループ)とは距離をおき、中国独自で宇宙ステーションを打ち上げるなど、明らかに西側世界と対立する姿勢を見せています。実はこれも40年前にアーサーCクラーク氏が「2010年宇宙の旅」で予言している。映画でははしょられていたけど、原作小説では米ソ(ソ連もう無いけど..)協業で2度目の木星有人探査を行うけど、中国は抜け駆けして単独でエウロパ着陸を目指して遭難してしまうんです。クラーク氏の未来予測の正確さには今更ながら驚かされます(詳細:東京オリンピックの予言

で、話題は日本に移って、ISAS/JAXAのはやぶさ2。

P7200285 P7140281

2度目のサンプル採集成功にアメリカの研究者も狂喜しています。アメリカも姉妹ミッション「オシリス・レックス」計画を実施中ですが、岩だらけの小惑星ベンヌに着陸する自信が無く、ISASの職員をアメリカに呼び寄せてアドバイスを求めたとか。アメリカからの液体燃料ロケットの技術導入(参照:新刊2冊 )から50年。今ではアメリカが日本に教えを請う時代になった事が感無量ですね。

P7200283

これに触発され、中国も小惑星探査に乗り出すと言ってます。時代錯誤な「国威発揚(月面に大極旗をはためかせるとか宣言していたどっかの国!あんたのことを言っている!)」のためではなく、こういう「平和利用」「学術用途」で国際間が協力や競争しあうのは良い事だと思います。正直私は中国はあまりスキじゃないけど、宇宙開発にかける中国の意気込みは本気だと思います。

P7140280

一方日本、中国につぐアジアの宇宙大国インド(ISRO)も紹介されていました。チャンドラヤーンが月面の南極で水の氷を発見した(実はこれも1970年のNHK人形劇「空中都市008」で小松左京氏が予言していました。)事で国際的に評価が上がったインド。今度は中国に続いて月面着陸を目指します。これも注目度大ですね。インドもゲートウェイ構想に加わって欲しいです。

P7200287

やっぱりこの本に書かれている事を追ってますね。私のブログを見て書いたというのは冗談で、まあこの本を元に脚本書いたんでしょうね。ここしばらく米、日、中、印の宇宙開発のニュースから目が離せません。

2019年7月15日 (月)

水中展望船

食べ終わったらお店のすぐそばにある水中展望船「ニューシャコタン号」に乗る(切符)。

P7140187

食べ終わったところでちょうど船が接岸した所だったのでまったく待ちませんでした。

P7140186

まあ航海時間は40分なのでそんな待つ訳じゃないけど。

P7140217

観光船の後を追いかけてくるカモメさんの餌やりタイム(餌はパンの耳)(画像↓)とか

P7140225

(こういう撮影ではミラーレスのタイムラグと置きピンの難しさが顕著に出る。ああ、レンジファインダーだったらベストショット決められたのに...)

P7140206 

奇岩とコバルトブルーの海もきれいだけど(画像)

P7140213

やっぱり水中展望台が一番面白い。潜水艦に乗った気分です。船底が一部ガラス窓になっていて海底を直接見られるんです。ウニの子供がたくさんいました(画像)。

P7140197

で、気になったのはウニがいっぱいいるのに海草が全然生えていないこと。これは母も不思議がっていましたが、「磯焼け」という環境破壊です。海底の砂漠化ですね。人工授精で繁殖させたウニの幼生を大量に放流したのでウニが海草を食べつくしてしまうんです。ですので、海水中のプランクトンを食べる幼生から海草を食べる年齢にまで成長したら一度生け捕りにして生簀に移し、給餌して大きく育てるそうです。コンブ自体も品薄のため冷凍コンブを餌にしているとの話。そう言えばおたる水族館ではウニにサツマイモを与えていたな(w)。

Photo_20190715192201

「おたる水族館ートドショーは大人気」より引用。何かかわいい♥
人間の食欲を満たすために生態系のバランスを崩すほど特定の動物だけを大量飼育したせいで環境破壊が起こるのはウシ、ブタ、羊、ヤギなどの陸上動物だけの話じゃないって事です。まあ、これだけ大量飼育していなかったら、こんなに大勢の観光客の口にウニ丼が入るわけが無い。なんだかアーサーCクラークの「海底牧場」を思い出しました(あれはウニじゃなくて鯨だけど..)。現実がどんどんSFを追い越しているんだなぁ。

Photo_20190715192501

さて、今まで散々「旧過ぎて使えねぇ!」とグチり続けたオリンパスペンE-P1。

Cimg2475

今回積丹にE-P1を連れて行って「旅カメラとしてなら何とか使える。」事がわかりました。それでも先のカモメさんの件を見ても「旅写真に最適」とか「一番使いやすい」という事は間違っても無いんですが..旅行写真ではファインダーを覗いて写真撮っていると、画面に入っている人から「盗み撮りだ」と警戒されてしまうので、ファインダーを覗かずに撮影できるモニター撮影はとても重宝します。撮影の大半はモニター撮影の旅写真ならばEVFが使えないE-P1でも「欠点が目立たない」ので「何とか使える」訳です。それでもサイズが小さいE-PL3の方が旅カメラとしても100万倍使いやすいですけどね..

まあ腐っても上位機種ですので電子ダイヤルと露出補正ボタンが独立しているのはE-PL3より優れている唯一の点です(画像参照↓)。

Cimg2476

電子ダイヤルが無いE-PL3はマニュアルでは絞りとシャッター速度の2つを十字キーで操作しなければならないけどE-P1は電子ダイヤルで操作できるし、露出補正ボタンが十字キーのE-PL3は十字キーの上を押す、横を押すのツーアクションを要するのに対しE-P1は独立した露出補正ボタンを押しながら電子ダイヤルを回すだけで良いので露出のマニュアル操作だけならE-P1の方が速いです。その点でもファインダーを覗いている暇が無いルポルタージュ写真(そもそもデジカメなんて無かった時代、フィルムカメラの時代はルポルタージュ写真はノーファインダーが当たり前だった。)ならばまだE-P1は使える場所が残っているようです。それでもE-PL3を選ばずにE-P1をあえて選ぶ理由にはならないなぁ。

積丹半島ウニの旅

  7月14日に積丹半島に夏の味覚「うに丼」を食べに行きました。場所はここ。

P7140169

「田村岩太郎商店」文字通り「行列のできるお店です」しかも行列に並んだからって必ず食べられる訳じゃないという注意書き付!私だったら絶対行かないけど母がどうしても行きたいというので連れて行きました。開店50分前なのにすでにこの行列!

P7140168

持って行ったカメラはオリンパスペンE-P1とレンズはルミックス12-32ミリF3.5-5.6とMズイコープレミアム17ミリF1.8、同40-150ミリF4-5.6の3本。

Cimg2475

駐車場には旭川ナンバーや函館ナンバー、「わ」ナンバーのレンタカーがゴロゴロ。「千葉から食べに来ました!」という声も飛び交っています。有名なお店なんですねぇ。

P7140171

幸い開店時間の10分後に入店できました(店内風景)。

P7140175

暗い室内では17ミリF1.8が大活躍。この組み合わせならば光学ファインダーVF-1がそのまま使えるので一番E-P1が快適に使えます。

Cimg2473

母と一緒に画像右端の「生うに丼」時価4.500円を注文する(画像)。

P7140172 P7140178

うわっ!ウニ大盛りで食べても食べてもご飯がなかなか出てきません!一年分のウニ食べた気分です。母はご飯は残していました。

P7140184

満腹満腹。

後編は水中展望船 に続きます。

E-P1の外付けズームファインダー製作記

2週間ぶりの更新です。遅筆スマソ😞。先々週の「ズームファインダーを自作」 の続編です。まあ市販品をそのまま組むだけなので「製作記」とはおこがましいのですが(バラして本来の目的にも使えるようにしたいので「加工」はしません)、とりあえず形にしました。

Cimg2472 

最初は前回の「ズームファインダーを自作」に見られるようスマホ自撮り用雲台を前後に縦にして上に二階建てにしようとしたんですが、問題点が3つあった。一つ目はそれでは全高が高くなってパララックス(視差)が増えてしまう。できればファインダーは撮影レンズに近づけたいし、二つ目としてはこの雲台に縦に固定したらフォーカシングやズーミングに干渉してしまうことがわかってきた。そして一番問題なのが光軸の精度を維持するには縦に置くのは不安だったから。外付けファインダーは光軸が命です。これが狂っていたらパララックスどころかまったく明後日の方向を見ていることになる。

そこで、発想の転換。高さを下げる事と光軸を確実に固定するために雲台を横にして右端に固定しました。これで底面と右側面の2面でファインダーを固定するので前後軸の誤差(ローリング=ファインダーがゴロゴロ転がる)と左右軸の誤差(ピッチング=ファインダーが上下にお辞儀する)は防げます(参考資料↓)

Cimg2466_20190715185401

↑お勉強のお時間(w)。カメラの3大ブレ要素。

ただ、三脚ねじで固定しているので上下軸(ヨーイング=左右の首振り)の固定性が弱いが、それも雲台が左右に長いこととファインダーが前後に長いことから少しでも左右に傾けばカメラボディとの平行がズレていることがすぐに気づくので、そこはこまめに点検しようということにしました。まあ安いパーツなのでネジと雲台にアロンアルファを流し込んで固定しちゃうのが本当は理想なんでしょうけど。

雲台とファインダーの固定は安易にビニールテープで貼り付けました。ピントリングとズームリングをうまく避けたのでこれでズームファインダーの操作は干渉しません。意外にがっちり固定できてます。

実際に壁に掛かっている時計とか、手稲山の頂上をターゲットに300ミリで撮影してみると、フレームマスクを入れているわけではないので構図合わせには使えないけど、ドットサイトの代用には十分なることがわかりました。

Cimg2471

これでしばらくE-P1で遊んでみます。

2019年7月 1日 (月)

ズームファインダーを自作

Cimg2463

前回、(何とかE-P1を使うため )で書いた父の遺品のオリンパスペンE-P1なんですが、マクロ撮影と超広角撮影ならEVFはいらないのでそこそこ使えるんですが、その使い道ならばなおさら、バリアングル液晶が使えるE-PL3の方が出番が多くて、使おうとすればするほどE-P1の使えなさが露呈する(w)。

そこで、EVFが使えないならレンジファインダー時代の遺産の外付けファインダー着ければ良いじゃないかとさっそく試してみる。

Cimg2464

ライカの正像ビドムを装着してみる。これで18-67ミリまで対応するが....こんなこととっくにどっかの誰かがやっているだろう。おもしろくも何とも無い。まあ使えないことは無いが。

Cimg2465

マイクロフォーサーズで使いたいのは望遠!で、コムラーテレモアズーム用ズームファインダーを試す。これだけレアものだったら試した人は少ない...ハズ。これで40-135ミリまで対応するので一応Mズイコー40-150ミリには途中まで対応できる。がやっぱり面白くない。そこまでしてE-P1使う意義がいまひとつ見出せない。そこで...

Cimg2466

これならどうだろう?ケンコーの7X21倍ズームモノキュラーを使って強引に超望遠ズームファインダーにしてしまうという手は?

Cimg2467

ちなみに手作り部品は何一つ用いていません。

左から順に360MALLシューネジマウントアダプター。2個入り138円。2Wayスマホ自撮り用雲台。450円。ケンコー単眼鏡7ー21倍。2578円。GW後半

で面白そうだと思って買ってしまいました(w)。全部そろえても3千円何某のお値段です。ただ、ケンコーの単眼鏡には三脚座が無いので、どうやってホルダーに固定するか、まだ考えていません。とりあえず、来月の千歳航空祭あたりをメドに対策考えます。

大阪サミット終了

二日間にわたる大阪サミットが大成功のうちに終了し、大阪メシを自分も食いたくなったので久々に、関西風味の居酒屋「恵比寿商店」へ行きました。目的はなんといってもたこ焼き!!

Cimg2458 Cimg2460

このボリュームで390円は安い!スーパーやコンビニの造り置きのたこ焼きをレンジでチンするよりははるかにお得です。

Cimg2459

作り立てなので皮はサクサク。とうぜんタコも手抜き無く入ってます!

たった二日間で何が決まったというんだ?という意見もおありでしょうが、人間は感情動物なんで、TV電話やメールの会議ではどうしても言葉を荒げてしまいがち。トランプ大統領のツイッターがそれを物語っている。やっぱり人間同士和やかに話を進めるには、一つのテーブルを囲んで美味しいものを一緒に食べるのも必要だと思うんです。日本の料理はこんなに美味しいんだぞ!日本の伝統芸能は面白いでしょう。日本のおもてなし文化を見てください。これでトランプさんもずいぶん日本に対する態度を軟化させましたよね。「日米安保条約は必要だ」「日本車の輸入関税の件は保留にしよう」と言ってくれましたし。この調子で北朝鮮ともうまく会話してくれれば良いんですが...

Cimg2461 Cimg2462

シメは大阪風たぬきうどん(ミニ)180円。酒宴のシメにはちょうど良い量です。薄味なので汁も全部飲み干せました。

これだけ食って飲んで980円です。自分で同じもの作ってもこの値段では収まらないです。外食のほうがお得ですね。店長さんも「原価ギリギリで提供しています!」と言ってますし。また食べに来ますね~~!

2019年6月30日 (日)

10大宇宙クラブ続き

9位「イラン」2009年。

Cimg2452

オミード。これも当時アメリカが「戦略ミサイルだ!」と噛み付きました。米とイランの険悪な仲は今に始まった事じゃない(参照:まるで40年前に時計の針を戻したようだ...)

10位「北朝鮮」2012年。

Cimg2453

光明星2号・3号。一応軌道には乗った事が米NORADのレーダーで確認されましたが、何も電波を発していなかったようで「打ち上げ成功、運用失敗」のようです。国民を餓死させて置きながら人工衛星を打ち上げるというあたりにこの国のどうしようもなさが伺えます。

11位「韓国」STSAT-2。2013年。

Cimg2454

ちなみにウィキペディアではロシアから輸入したロケットなので「自力での打ち上げ」とは認めていない模様(w)。10番目に入れなかったことで韓国マスコミがすごく悔しがったというが、悔しがるよりも北朝鮮がそんなぶっそうな物持っていることに対する危機感とか無いんでしょうか?

そして昨年

12番目「ニュージーランド」2018年。

Cimg2455

キューブサット7機。今年の1月に内之浦から打ち上げられたイプシロン4号機の「革新的技術実証衛星」と同じコンセプトです。ホリエモン氏のMOMOロケットにしても北大永田春紀先生のCAMUIロケットにしろ、超小型キューブサットの打ち上げはすでに民間企業主導で行われている。この方も書いているとおり「人口が480万人というのは、北海道や北欧のデンマーク・ノルウェー・フィンランドとほぼ同じでありスウェーデンの半分ということだ。そんな国でも人工衛星を打ち上げられるだけのロケットを作れるということは、大抵の国で作れることを意味する。」今後、民間企業がどんどん衛星打ち上げビジネスに参入することで人工衛星の打ち上げ費用が下がる事は宇宙開発の発展のためにも良いことだと思います。まあイランや北朝鮮のように弾道ミサイル開発の隠れ蓑に使われるのはまっぴらですが。個人的は、次の13番目の国はインドネシアになるんじゃないかと予想しています。ブラジルの可能性もあるけど、

Photo_20190630141801

過去に大惨事を起こしたし、どうかなぁ?

Rx-420-project

さすが、糸川先生の時代に東大宇宙研からカッパロケットを大量購入して研究しただけ有って、日本のラムダロケットそっくりです。日本のJAXAも日本の技術で打ち上げるのは好意的に見ているようです。赤道直下の国ですので打ち上げの条件は日本よりはるかに恵まれている(内之浦から打ち上げるより燃料が少なくて済む)。50年前から観測用ロケットで実績のある固体燃料と、誘導装置がいらない重力ターン方式という日本が手取り足取り教えてきた「枯れた技術」ですのではるかに成功の確立は高いと思います。

私が生きている間に人類は月へいけるか?

今年はアポロ11号の月着陸から50周年ということで様々なイベントが開催されています。

Cimg2456

今まで金勘定と軍事しか興味がないと思っていた米トランプ大統領ですが、意外にも宇宙開発にも意欲を示し、ブッシュ息子大統領がオリオン計画としてして提案しながらもオバマ大統領が「んな金有るか!」と一度はキャンセルした有人月探査計画を再発動しました。私の予想通り、ISSのこうのとりの実績から(参照。←自国で補給できなくなって日本に無理言って荷物運びを押し付けておきながらこのドヤ顔は何なんだろう?)、無人の補給物資輸送は日本のJAXAに任される事に。これはアニメの「宇宙兄弟」のように日本人宇宙飛行士が月面に立つ日も近いことを意味しています。

Cimg2457

アメリカも「日本に液体燃料ロケットの技術を教えて良かった!」と思っているでしょう。実はG7と呼ばれる国でも自力で人工衛星を打ち上げられる国はそう多くは無い(と言うか米国と日本しかいない)。V2ロケットを開発した元祖のドイツは戦後はロケット開発を禁止されたし、イタリアはアメリカから買ったスカウトロケットを打ち上げてはいたけどそれもESAの活動が軌道に乗ったら辞めちゃったし、フランスも打ち上げ設備をESAに移管してからは自国だけでの打ち上げはしていない。イギリスにいたってはたった1回人工衛星を打ち上げただけでその技術を破棄してしまった(後述)。カナダも自国でのロケット打ち上げを諦めた国だ(過去には爆撃機の開発もアメリカに邪魔されて中止している)。詳細は新刊2冊

参照。

「10大宇宙クラブ」という言葉があるらしい。何だ?ISECG(国際宇宙探査共働グループ)のことか?と思ったらそんな正式な名称ではなく、まだ人工衛星を打ち上げていない国が嫉妬やっかみと羨望を含めて名づけたらしい。ちなみに、10大宇宙クラブの衛星打ち上げ順位は..

1位「ソ連」1957年

Cimg2444

スプートニク1号(下は2号)

2位「アメリカ」1958年。

Cimg2445

エクスプローラー1号。ヴァン・アレン帯発見という科学史に残る成果を挙げました。

3位「フランス」1965年。

Cimg2446

A1アステリックス。豪快な打ち上げシーンですね。

4位が何と我が「日本」1970年。

Cimg2447

おおすみ。当時世界最小の打ち上げロケットでした。低予算で良くぞ頑張った東大宇宙研!

5位「中国」1970年。

 

Cimg2448

東方紅1号。日本のわずか2ヶ月遅れ。タッチの差でした..しかし衛星の大きさ、機能共に完全におおすみは負けています。おおすみはビーコン波を出すだけでしたが東方紅1号はその名称の通り中国の国歌を衛星軌道から流しました。宇宙デビューは日本と中国は同期ですが、すでに技術的には大きく引き離されています。

6位「イギリス」1971年。

Cimg2449

X3プロスペロ。

名前からわかるとおり、2回失敗した上で3度目の成功です。しかし予算不足を理由に(実はアメリカの圧力で)これ1回でイギリスは人工衛星打ち上げをやめてしまいました。これが最後の打ち上げとわかっていながら挑んだ現場の技術者の屈辱はいかほどだったでしょうか?

7位「インド」1980年。

Cimg2450

ロヒニ1。

ロヒニとはインド神話の月の神の奥様の名前。日本の月探査機セレーネ(かぐや)に通じるところが有ります。実家に有った平凡社の「国民百科辞典」で的川泰宣先生は1976年の時点で「イギリスの次に人工衛星を打ち上げるのはインドだろう」と予言していました。実際にその通りになりました。今やインドは中国、日本と並ぶアジア3大宇宙大国です。

8位「イスラエル」1988年。

Cimg2451

オフェク1。

イスラエルは東側が内陸になっているので、人工衛星打ち上げには不利ながらも地中海がある西側に打ち上げなければならず、地球の自転方向に逆らう逆行軌道しか選べないため、打ち上げてもすぐに落っこちてしまう宿命を負っています。それでも打ち上げを強行するのはアラブ周囲国に対する威圧もあるのでしょう。画像10枚貼ってしまったので後は次回(→10大宇宙クラブ続き )

2019年6月23日 (日)

雨の日のおかめず

日中家にいると我が家のおかめずが「出せ出せ~!」の大合唱。

Cimg2428

出したからって飛ぶわけでもない。おかめずが撒き散らすエサや羽毛をカッチするために作った段ボールの覆いをガジガジ破壊活動しています。そんなに段ボールが嫌いか?

Cimg2429

カメ子のやさぐれ様にみぞれも心配して付き添ってくれる。「カメ子姉ちゃん~!ストレス溜まってんだったら一緒に飛ぼうよぉ~!」

Cimg2431

半荒鳥のみぞれ君ですが、かめ子ちゃんに対する愛情は本気のようです。

Cimg2436

愛の営み中🐶。2世誕生なるか?

Cimg2433

一方、シロ君の片思いが続いているクロ子&シロですが...

Cimg2434

この子達は洗濯物の上が大好き。おかげで、洗濯したばかりのシャツ何度プリッツ爆弾攻撃されたことか...(w)。

クロ子ちゃんはシロ君の求愛を一切受け付けないんですが、だからと言って追い払う様子も無く、まったり一緒にいるなら良いみたいな空気。案外、性悪女なのかもしんない....

小樽の行列ができるラーメン店

Cimg2426

6月だというのにストーブ炊いています。土日と雨々なので引きこもりがち。自炊なんかしているとますます引きこもってしまうので「がんばっている自分にご褒美(昨日は3週連続の土曜出勤、しかも同僚のミスで予定外の患者様を引き受けたので残業...)!」で「行列ができるラーメン店」へ行って来ました。

Cimg2402

小樽のラーメン店「みかん」昨年の震災でお世話になった南樽市場(参照:震災1週間目 »)のすぐ前にあります。平日はこんなもんですが、土曜日のお昼ともなると...

Cimg2423

このように行列になります。昨日は雨降りだったからまだこんなもんですが、夏休みシーズンになると長蛇の列になります。母とここに来たときは「うへぇ!」と悲鳴あげてUターンしました。

Cimg2414

なので行列嫌いな私は、なるべく私は平日の、しかも閉店直前(平日は午後6時閉店。ずいぶん健全なお店ですね)を狙って行くので、だいたいガラガラです。

Cimg2411

昨日注文したのは醤油ラーメン。焦がした醤油の香ばしさがクセになります。

Cimg2413

山岡家のラーメン(参照:根室~別海外伝~帰りの楽しみ )に比べると100円高いけど(ケチ臭いこと書くな)この分厚いチャーシューで十分差額は満足できます。

Cimg2401

こっちは別の日に食べた味噌ラーメン。出来立てなのに、まったく湯気が出ないんです。なぜかというとスープの上が完全に油膜で覆われているから(さすがに連食するのは怖い..)。ニンニクが利いていて、食べ終わると汗がどばっと出ます。これ一杯で本当にお腹一杯になります。

«東山魁夷の作風にハマっていた頃の作品

最近の写真

  • P7140276
  • P7140277
  • P7140278
  • P7140279
  • P7140280
  • P7140281
  • P7200283
  • P7200284
  • P7200285
  • P7200287