フォト
無料ブログはココログ

2019年5月19日 (日)

やっぱり気のせいじゃなかった

以前「どうせ猫に比べたら知能低いんでしょ?鳥頭!下等動物!」とウチのクロ子ちゃん(↓)

Cimg2302

に暴言を放ったどっかの誰かさんがいましたけれども(参照:おかめずの地震予知 )、「知恵袋」でもイヌやウサギを飼っている飼い主が他の動物を馬鹿にするのは聞いたことは無いけど(私の同僚もガチでイヌを飼っている人とウサギを飼っている人がいるけど私の鳥趣味を馬鹿にされたことなんか一度も無い)、やはり私の気のせいじゃなく、猫を飼っている人にだけ特例的に異常なほど他の動物を嫌悪する人種が多いようです(参照:「猫好きな人ってどうして他の犬や動物を馬鹿にしたりするんですか?」)。ちなみにクロ子ちゃん、何年経っても未だに根に持ってます。覚えています。件の人物がケージに近寄ると「フッ!フッ!」って威嚇してました。恐るべき、オカメインコの記憶力。

Photo_12

私はネコアレルギーだからあまりネコ触れないけど、被写体としては良く撮るしネコを嫌ったことも悪口言った覚えも無いです。まさか「ネコアレルギーという体質自体がネコを侮辱しているなによりの根拠だ!」とか言わないですよね?

Cimg0721

自分の趣味以外の全てを侮辱する人って(カメラでもいました。「ライカなんか買う金が有るならなんで中判カメラ買わないんだ!」とか言う人)、実は自分自身の趣味や持ち物に全然自信が無いだと思う。自分の趣味の選択に自信が無いから、自分が持っていないものや自分が経験したことが無い趣味をアタマから否定して「あんなもんくだらないに決まっている!」「だから自分はあんなもん触る必要は無いんだ!」と自分自身に言い聞かせたいんでしょう。上述の「ライカなんか買う金が有るならなんで中判カメラ買わないんだ!」と因縁つけてきた件の大写真家センセイも「じゃあ、センセイの中判カメラで撮った写真見せてください」と言ったら「い、いや!俺も実は全然中判カメラ使ってないんだ!」と言って走って逃げましたしね(自分で言っていて本当に恥かしくないんですかね?)。本当に、ライカより中判買うほうが有意義だと思ってるんだったら自慢の中判カメラで撮った力作写真10枚や20枚余裕で見せられるはずですけど。

自分の趣味こそが正しくて最高で、自分の趣味以外は低俗でくだらないと思っている人間は日ごろの行動や言動に全て出てくる。そういう人は人の職業や服装や乗っている車、食生活全てに因縁をつけているはずです。心当たりのある人、あなたのことを言っているんですよ。

2019年5月18日 (土)

商売敵は言いがかりをつけても潰す米国

前にも書いたけど(参照:まあわかっちゃいるんだが.. ) 昨年末から株式市場を乱高低させている米中貿易摩擦問題。吹けば飛ぶ零細個人投資家の私も証券会社から送られてくる目論見書に目を通す度に七転八倒する日々です(w)。

Cimg2296_1

で、昨日のニュースですが(北海道新聞2019年5月17日朝刊)。中国の携帯電話に使われている部品の輸出を禁止するという記事。これ見て、「ああやっとアメリカもなりふり構わず本音を言ったな。」と実感しました。

Cimg2299

そもそもこの「米中経済摩擦」ですが、表向きの理由は「中国の携帯電話がアメリカの特許に抵触している」でした。だったら、かつての「ミノルタVSハネウェルのオートフォーカス訴訟」のようにメーカー間で民事訴訟すりゃいい話で、何で大人気なく大統領が食って掛かるのか?これ、なんかデジャブ(既視感)ありませんか?たとえばブッシュパパ大統領のとき、経済顧問団にクライスラーのアイアコッカが来日して、日本に無理やり米国車の輸入枠拡大をゴリ押ししたの。あのとき私、免許取りたてだったので当時500万円したジープが一気に250万円に値下げしたのを強烈に印象に残ってます(直前に500万円で買ったお客さん怒らなかったのかなぁ?)。でも売れたのはジープだけ(その現状は今も変わらない)。シボレー(トヨタ)キャバリエとかクライスラーネオンとかGMサターンとか、アメリカが一番売りたかったファミリーカーは枕を並べて打ち死の状態で、中古で二束三文でも東南アジア諸国も引き取ってくれず全部スクラップになりました(この経験を知っていたから息子ブッシュ始め後の大統領は米自動車産業を完全に見放している)。

3

過去三十年でとっくに決着がついている自動車問題を今更蒸し返す時点で嫌な予感はしたんですが、「アメリカの基幹産業を脅かす国はどんな言いがかりをつけても叩き潰す!」アメリカの悪いところがトランプ政権下で顕著化している。

Photo_11 2_2

日本も飛行機を作ったり、パソコンのOS「トロン」を自主開発したりするたび、アメリカの圧力で何度も潰されています。ロケットの件も、自主開発だけで人工衛星を打ち上げた力量から「日本人にロケット開発を止めさせることはもう無理だ。」と諦め、「技術導入」という形で日本のロケット開発を管理する形で妥協しましたが、ロケットに載せる人工衛星は「国際入札にしろ!」とゴリ押ししたせいで現在も日本の人工衛星市場はアメリカに牛耳られています(それでもロケット打ち上げ自体を放棄させられたイギリスよりはマシだが)。

こういうのを見ると、私はITに関してはシロウトだし中国のことが好きでも同情している訳でも有りませんが、どう見ても中国に因縁をつけているのはアメリカのような気がします(この人も同じ事書いています)。私は池上彰氏ではないので経済のこともテクノロジーのことも良くわかりませんが、こうなるとお互いに関税による兵糧攻めをし合い、先に屈したほうが関税引き下げに応じるまで株価下落は収まりませんね。

とりあえず、どっちかが屈服するまで(私はどっちの味方でもない)証券会社の目論見書は見ないでおきます。というか、NISA枠が回復するまで(参照:株価は一段落か・・・・ ) 冬篭りしてます。

配当金で得たわずかな利益まで課税されてたまるか!

ちなみにトランプ大統領様。日本で貧乏人の私でもドイツ車に乗っているんですが、非関税障壁ってドコにあるんでしょうか?めるちゃん乗っていて立体駐車場断られたこと一度も無いですけど。(まあ確かに部品代は高いが、だったら部品代安くしろやゴルァ!)?「トランプ大統領の「アメリカ人はこんなに日本車を買っているのに日本人がアメリカ車を買わないのは不公平だ!」と因縁つけたときは、当事者ではないまったく蚊帳の外のイギリスBBC放送ですら見かねて「それは違うよ!」と忠告している。軽自動車が非関税障壁だというなら米ビッグスリーも軽自動車作って日本に持って来い」と鈴木自動車の会長さんは言っていた。事実ベンツは本当に軽自動車を日本に持ってきたぞ↓。

4

まさか「日本政府はドイツ車だけ優遇してきた」なんて間違っても言わないですよね?これは阿部首相ももっと自信もって声高に叫んで良い。「日本は輸入車関税がゼロの世界で最も開かれた市場だ!」と(ちなみにドイツは今でも日本車に関税かけている「不平等条約」が未だに継続してます)。

まさか「道路が狭い」のが非関税障壁とか言わないでしょうね?トランプ大統領!!

2019年5月12日 (日)

レンズ豆のスープ再挑戦

Cimg2286

前回、しょうゆ味で味付けしてクドくなってしまったので(参照:レンズを食おう? ) 、今回は基本に戻って本場ドイツ風にコンソメ味であっさり味付けする。

Cimg2283

これもドイツ風にキャベツをたっぷり入れる。他タマネギ、キノコ、ベーコン少々。ミックスベジタブルを加え、

Cimg2284

オリーブオイルで軽く炒めて、

Cimg2285

水を投入し、軽く煮込む。

Cimg2288

ここで、レンズ豆の缶詰を投入!!

Cimg2289

味付けはコンソメ。スティック3本投入。

Cimg2290

仕上げにグリルにかけたフランクフルトをトッピング。さあ、お味は?

たくさん入れた野菜のダシが良く効いて、あっさりコンソメ味も飽きが来ず美味しいです。が肝心のレンズ豆がほとんど見えなくなってしまいました(w)。

ま、こんなもんでしょう。素朴なドイツの家庭料理です。マッコイ爺さんが作ったのもたぶんコレでしょう。

使えん...

  父が死去して2年。あらかた遺品は処分したんですが、値が付かず売るに売れず手元に残ったのがコレ。

Cimg2275

オリンパスのマイクロフォーサーズ初号機E-P1。今使おうにもEVFが使えないので望遠撮影には使えないし、無用にでかいのでコンデジを差し置いてコレを持ち出す意味が見出せない。

Cimg2276

機能的にはるかに上回るE-PL3と比較してもこんなにデカい。と言うかE-PL3が驚異的に小さいんですけど。フィルム時代の元祖ペンSと同じ大きさって..

「家電批評~ミラーレスカメラ」これ、E-P1購入2年後の2012年の本です。父が最初の脳出血で倒れた2年後ですね。この本も実家の遺品整理していたら出てきた本です。最初のオリンパスペンE-P1購入した2010年に父が最初の脳出血で倒れ、2015年にフィルムカメラのオリンパスペンFT買った翌日に2回目の脳出血で寝たきりになりました(詳細:オリンパスペンと言ってもフィルムの方。 ) 。どうも父にとってオリンパスのカメラは鬼門だったらしい....

Cimg2278

父に交換レンズ選びの参考にして欲しいと思って買った本ですが、結局父はE-P1自体使うのを諦めてしまってキットレンズの17ミリF2.8と14-42ミリF3.5-5.6以外のレンズは二度と買うことはありませんでした。

むしろわたし自身がレンズ選びに使ったくらいです。ページ左のMズイコー9-18ミリF4-5.6はこの本見たときから買うのを決心してました(決心してから手に入れるまで6年もかかったのかよ..)

Cimg2279

この2本はキットレンズですので鉄壁ですね。2本とも持ってます。でも、大の超望遠嫌いだった父は左の40-150ミリF4-5.6は最期まで買わなかった。結局父の死去後自分で買いました。中古で8.800円!良い買い物でした。このレンズはお値段から考えると銘玉です(作例:円山動物園散策)。このレンズでマトモな画像が写せないんだったら、まず自分自身の腕前を反省したほうが良い。

Cimg2282

Mズイコー75-300ミリF4.8-6.7か松下のルミックス100-300ミリF4-5.6のどっちにするか、かなり真剣に悩んだんですよ。ズイコーの方がコンパクトで広角側が広いし、何て言ったってEDガラス!しかし、テレ側でF6.7はちときついかな~。お値段も8万円台と高価。一方ルミックスは広角側が100ミリとやや物足りないけどテレ側でF5.6と少し明るいしお値段も5万円台と安いし、ブレ補正が光学補正式なのでファインダー覗いている間でも補正が効く。

かなり悩んだ末での選択でしたが、やっぱりQさんのアドバイス通り(参照コミケ初出場! ) 、純正選んで良かったです。本当に素晴らしいレンズでしたし。(作例:マイクロフォーサーズでタンチョウは撮れるか?)

Cimg2291

「このレンズを使いこなせる人はかなりの上級者」というコメントも所有欲を沸かせますしね。

Cimg2281

で、現在の目標はコレ。昨日今日の思い付きではなく、この本かった7年前からターゲットとしていました(さっさと買えよ!)ノクトン25ミリF0.95。実は12.5ミリF0.95は近所のカメラのキタムラさんに入荷していた。でも自分には広角すぎる。悩む間も無くすぐ売れちゃいましたけどね。

7年前の本ですが、今も十分役にたってます。

Cimg2277

 「本ほど安い娯楽は無い」わたしの人生訓です。

2019年5月10日 (金)

愛鳥週間!

前の職場でリストラに会いそうになり、転職先を探しもせずに辞表を出して、あてども無く札幌市内を放浪していた私を拾ってくれた現職場。気がつけばわたしの社会人経験の中で最も長く務めた職場になりました。んが、務めて最初に驚いたのが「土曜日は全部半ドンで休み無し」それ、面接のとき聞いていない..(僕の後に採用された後輩も「聞いていない」と言っていたので、ワナだった)。

でも、わたしの年齢でもう再就職はキツい...涙を呑んで歯を食いしばって務めました(このころから、私のタンチョウ写真の新作がドンと減ったのをお気づきでしょうか?)。ただ、残業がほぼ無く定刻で帰れるだけ救いです。書類が溜まって残業しようとしても上司から「ヘトヘトに疲れた増田さんが残業しても書類は間違いだらけで使い物にならないから帰ってくれ!」と言われる(w)。どうやら以前の職場から「増田は体力が異常に無くて残業が続いたらすぐ体壊すから気をつけて」と今の職場に託(ことづけ)が有ったらしい。今の職場も本社は以前の職場の近所に有るので16年前に私がヤラカシた事はもう当然耳に入っているでしょうし...

今月、やっと有給休暇消化とのバーターですが、就職以来初めて隔週の土曜休みが認められました...この○年間、土曜日まで休み無く働き続け(社畜というのはこういうのを言うんだろうな)、日曜日は1日のうち20時間は布団で寝ているというディストピアな人生を送ってきた自分にとっては本当に涙が出るほど嬉しい...。やっと、やっと休日に趣味や掃除や引越し先探しができる。GW前半に母に呼ばれて実家に帰っても廃人のように寝たきりの私に「自己管理がなってない!」と母に罵倒されたけれども、あたし、3月10日11日の連休を最後に1ヵ月半連休無しで働きづめだったんですけど...

本日は「愛鳥週間」ですんで、うちのおかめずにお土産。

Cimg2270

何の事は無い。賞味期限切れそうな特売品を買っただけです。ヒエの穂。うちのオカメズの大好物です。

脂肪分タップリのヒマワリとかベニバナとか麻の実とかソバの実はウチの子たち、それほど食べない。むしろ食べずにケージの外に放り投げる方が多い。きっと硬い殻を剥くのが面倒くさいんだな(w)。

Cimg2271

むしろ、ヒエとかアワとか、殻が薄く、すぐ食べられる餌を好みます。面倒くさがりだな~。まあ低カロリー食で満足してくれるんだから良いですけど。

Cimg2269_1

モモちゃんとシロ君か..あまり見ない組み合わせだな。早朝に吊り下げた赤粟の穂、もう丸裸です。

Cimg2272

さっそく稗穂をぶら下げました。さあどうか?

Cimg2273

うん、まあ食べてんじゃないかな?

Cimg2268

ちなみに人間様の朝食は麦飯に納豆。味噌汁は昨夜の鮟鱇(あんこう)鍋の残りです。アンコウは小樽でも良く採れるんですよ。安くて美味しい。

Photo_10

劇画「サンクチュアリ」より。もう旨い物食いたいという情熱すら尽きましたわ....

巷では「ディストピア飯」なるものがブームらしいが、工業的に大量生産されてカロリーも栄養バランスも考えられていて未調理でふた空けただけで食べられる食事のどこがディストピアなんだ?毎日麦飯と具の無い味噌汁で朝食済ませている私の方がよっぽどディストピアだ。

Cimg2274

毎朝の朝食の友。西友の「わかめ味噌汁」12食で88円。一杯7.8円(w)。パケ写真ほどワカメ入ってない。本当に2~3枚しかワカメ入ってないです。これくらいの物毎日食ってから「ディストピア」を自称して欲しい。

今の日本、知恵さえ絞ればいくらでも食費なんか節約できる。毎日コンビニ弁当やカップラーメン食べられるだけで十分裕福だ。

2019年5月 7日 (火)

届いた!

GW後半 で予告した「写真工業2007年12月号がもうはや届きました。

Cimg2264

期待通り、「このレンズのことは紹介したかった!」というレンズが載っていて注文した甲斐がありました。

Cimg2265

やっぱりニコンのヨンサンハチロク(左上)とキヤノン35-70ミリF2.8-3.5SSC(右上)はどのズームレンズの文献にも必ず出てきます。

Cimg2266 

こちらにも出てきたシグマ21-35ミリ。このレンズもどのズームレンズの文献読んでもほぼ必ず登場しますね。

Cimg2267

ギャグやネタでは扱われていても、作例入りで大真面目に紹介されることはあまりない。フォクトレンダーズーマー。野村證券のリチャード・クー氏の肝いりの記事です。これはすごい。いやぁ。これは買って良かった。一気に情報源が増えました。今執筆中の「2群ズーム」かなり書き直す部分が出てきましたよ。

2019年5月 6日 (月)

換羽(トヤ)がやってきた!

暖かくなって暖房を焚かない日が増えてきました。

季節の変わり目のおやくそくがコレ↓

Cimg2261

汚い映像で済みません😞。
羽の生え変わり。換羽(トヤ)といいます。オカメインコは特に一気に生え変わることで有名。

換羽の時は羽毛布団が破れたような惨状になります。トリアレルギーが無くて良かった(あったらそもそもオカメインコ飼ってない)。

で、みぞれの羽も混じってますが大部分はカメ子ちゃんですね。一気に抜けたので、カメ子寒がるんですよ。元々羽毛が薄くて幼少期はしょっちゅう風邪引いて鼻水垂らしていた子です。

Photo_9

よその子の画像を拝借してきました。寒がるときは嘴を背中に埋めます。他の鳥でも良く見られますが、オカメがこれやったら危険信号。風邪引く直前です。

慌ててヒーターの温度を上げました。

Cimg2262

成鳥だし23度あれば十分か。

Cimg2263

ヒーターにべったりだったけど、温度上げたらヒーターのそばから離れました。2羽とも元気に換羽を乗り切ってね。エサも乾燥鶏卵の量を増やすか。

P5060002

こ~んなひ弱で、厳しいオーストラリアでどうやって生きていたんでしょうか?と思うでしょうが、違いますね。この子たちは100年以上にわたって野生から隔絶された安全な場所で人間の手で品種改良を繰り返してきた家禽なんです。もう野生の本能なんか残ってない。この子達に野生で生きていく能力はもう無いんです。ですので飼い主が責任もって健康管理をする義務があるんです。

2019年5月 5日 (日)

円山動物園散策

せっかく北海道神宮へ来たのだから、円山動物園にも行く。円山動物園来たのはオリンパスペンFTの実写テスト(参照:オリンパスペンと言ってもフィルムの方。 )以来。3年の間にずいぶんリニューアルしてます。

P5041301

この長蛇の行列に一瞬引きそうになったんですが、しばらく見ていると行列の流れがものすごく早いし、まだ午前中にもかかわらず出口から帰っていく観光客の数も多いので、行列に並ぶことにしました。

P5041303

確かに、並んで15分ほどで入場券を買えました。午後に動物園を出た頃には行列の長さはこんなもんじゃなかったです(w)。

P5041305

入り口に入ると真っ先に目に入るのはオオワシの夫婦。う~~ん、さすがにマイクロフォーサーズだと前の金網がはっきりくっきり写ってしまう。

P5041307

カンガルーさんは目の前に金網が有るので口径の小さいマイクロフォーサーズの40-150ミリズームが大活躍。金網の穴にレンズをあてがうと、まったく金網が写らずに撮影できます。

P5041313

アニメ「けものフレンズ」で一躍有名になったアフリカ館のサーバルキャット。ガラス越しですけど屋内照明が暗かったので映り込みが無い。

P5041315

「ネコだよね?」「うん、ネコだ!おっきなネコ」。周囲の見物客がみな「ネコだネコだ」と言っていました。生息地でもペット目的の乱獲が絶えず絶滅の危機に瀕しているそうです。日本でもペットとして販売されていますが、1頭200万円位する....飼育にはお役所に届け出も必要だし。うわ~、飼っているオーナー様ってどれだけセレブなんでしょう?こんなカンジか!?(僕たちは勉強ができない9巻より↓)

Cimg2260

まあ、逆に言うと子猫1匹売れば200万円なんですからブリーダーになればそれだけで生計立てられる訳ですね。

P5041320

ごぞんじミーアキャット。キャットというけどネコじゃない。この子は本当にお客様サービスがお上手ですねぇ~。

P5041329

ダチョウ。ダチョウの卵いつか食べてみたい...

P5041334

3年前来たときはいなかったと記憶しているカバさん。実はライオンですら恐れるアフリカ最強の猛獣です。

P5041335

これも3年前にはいなかった、キリンさん。かなり円山動物園のラインナップも回復しています。

P5041336

ライオンさん。「眠れる獅子」とはこの事です。

P5041340

レッサーパンダ。ぜったい、これパンダじゃないです。英語で言うとFire Fox。

P5041345

アロワナ。小学校5-6年生の頃の担任が全国的にも有名な熱帯魚コレクターだったせいで、私も小中学校の頃は熱帯魚マニアでした。塾の帰りによく寄り道したペットショップでこいつに20万円のプライスタグが貼られているのを羨望の目で見ていたのを覚えています。バブル景気の頃は「泳ぐ札束」と称されていました(参考までに、1985年当時の小学校の教師の給料は「手とりで」10万円少々でした。)。

2019年の現在、小樽のホームセンターで、こいつの成魚が3万円で売ってました。「さんまんえん!?」私、何度もゼロの数を数えなおしましたよ。「30万円じゃないの!?」でも何十回数えなおしても「さんまんえん」なんです(あたりまえ)。うちのおかめずのシロちゃんより安い!

Cimg2258Cimg2259

(だから、自分のペットの値段と比較するのやめろ!)調べると、今はインドネシアに養殖業者がいて、生け簀で丸太みたいなこいつがたくさん泳いでいた。養殖業者さんが「今、中国は空前の熱帯魚ブームで飛ぶように売れている。」と語っていた。考えてみたら私の幼少期は「子供が食うものじゃない!」と親に教えられたフグや真鯛が今や養殖で一年中格安で手に入る。食用魚の養殖技術がここまで進歩しているんだったら、観賞魚だってそうでしょう。今や熱帯魚マニアにとっては天国の時代ですね。小学生の頃の例の担任の先生が「10万円(月給全額!?)で買ったディスカスが買った直後に死んで落ち込んだわ~。」と語っているのを覚えているが、件の小樽のホームセンターでは現在、そのディスカス(熱帯魚の王様と呼ばれているらしい)が5千円で売っています。高級セキセイインコやレアな文鳥程度のお値段ですね。
まあ、だからこそ、安易に大型魚買ったけど手に負えずに多摩川に捨てる人が後を絶たず、「タマゾン川」って呼ばれるわけですけど...私には買うお金は有っても飼う勇気は無いです...

P5041346

これも3年前には無かった水中トンネル。登別マリンパークニクスや旭山動物園に対抗心燃やして、やっと実現しました。「空飛ぶアザラシ」至福のひと時です。

P5041352

クマ舎そばの桜並木。すでに桜吹雪が始まっていましたが。かろうじて桜満開を写し止める事ができ、タンチョウ撮影で残ったフィルムを綺麗なカットで終わらせることができました(w)。来て良かった(w)。

P5041362

帰り道の円山公園。ここは旭川の旭山公園に並ぶ、花見とジンギスカンの名所です。「花より団子」ということわざがありますが、北海道民にとっては「花よりジンギスカン」です。炭火の煙にいぶされながら(決して不快ではない)楽しい休日を過ごせました。

北海道神宮散策

タンチョウ撮影シーズンが終わり、中途半端に残ったフィルムの消化もかねて、お花見シーズンの円山公園に行ってきました。

P5041287

すこし散り際ではあったものの、十分桜満開は堪能できました。

P5041288

年号が変わったことで神社はお祭りムード。北海道神宮祭並みの盛り上がりです。前回の平成元年のとき(私は高校3年生だったから良く覚えています)は、昭和天皇が崩御された後だから自粛するように、という事で、(実際バスや地下鉄も照明を落として暗かったのを覚えている)こういうことは無かったと記憶していますが、今回は生前退位ということで上皇さまもお元気でおられるので、安心して国民たちも新年号を祝うことができます。上皇さま、それを見越して生前退位を決心したとしたら、すばらしいお心配りだと思います。

P5041292

肉体労働の医療職なんで仕事がある日は1日2合は食べるんですが、休日中はさして腹は減らない。小腹を満たす程度におでんの屋台に入りました。大根とこんにゃくとさつま揚げ。私もおでんは良く作る方ですが、やっぱり私が調理するより、屋台のおでんの方が美味しい!やっぱりプロにはかないません。

わたしはおでんは栄養バランスとかごはんのおかず前提ということもあって、とにかく思いつく具めいっぱい(ゆで卵、タコ足、さつま揚げ、がんもどき、ちくわ)入れるんですが、素人レベルで小さい鍋に多種類の具を入れるとどうしても煮汁が濁ってしまう。それに、そんなに作ったら3日間おでんを食べ続けるおでん地獄に陥ってしまう(w)。まあ、同じもの食べ続けることはそれほど苦痛ではない人ですが。

P5041295

あまりに美味しいのでつくねも追加。私が普段つくっているおでんより具としては安いものばかりですが、何の変哲も無いコンニャクや大根がびっくりするほど美味しい!本当に串2本で満腹になりました。

「増田さんはもう少し外食した方がいい。自炊ばかりしていると味オンチになるよ。」職場の同僚や母親や姉からも言われています。

P5041297

北海道神宮。見ての通り長蛇の列です。日本語じゃない言葉も飛び交っていました。最近のマスコミは某東アジアの国々の反日政策ばかり強調していますが、日本の文化を愛して異教徒の宗教にちゃんと敬意を表してくださる理解ある方々も大勢いるんです。

円山動物園編は後編(円山動物園散策)にて公開。

2019年5月 4日 (土)

MOMOちゃんやりました!

MOMOちゃんと言ってもうちのモモちゃんじゃなくて(アキクサインコ2歳。性別不明)

Cimg2254

ホリエモン社長率いるSNS社の液体燃料ロケットです。 ついに高度100kmの宇宙空間(熱圏)に民間企業では日本で最初に到達したとのニュース。しかも打ち上げたのはわが北海道の大樹町からですよ!100kmとは60年前の東大の糸川先生がカッパロケットの最初の目標とした高度です。国際地球観測年(1957年)の期限内には間に合わなかったけど、結果的にはその高度を余裕で追い越し、日本初の人工衛星打ち上げに至りました(1970年)。

つまり、高度100kmに達したということは、人工衛星の打ち上げももう夢ではないことを意味します。

Photo_7

右が北大永田晴紀教授のCAMUIロケット(ポリプロピレン個体燃料&液体酸素のハイブリッドロケット。参照:« やっぱりそうだった!CAMUIロケット!)。

左がSNS社のMOMOロケット(アルコール&液体酸素の液体燃料ロケット)。

ご存知のように液体燃料の方が比推力は大きいので高高度飛行には有利。しかもまだ実績の少ないハイブリッドロケットに対し、アルコール&液酸の組み合わせは元祖の70年前のドイツV-2ロケットから採用されている手堅い組み合わせ。いわゆる「枯れた技術」ですので信頼性はお墨付き。

ホリエモン氏個人に対し、いろいろ好き嫌いは有ろうけど、(正直本当に有罪に問われることしたのかな?とも思うけど)ちゃんと罪を償っているんだからそれをどうこうは私は言わない。前科は無いけど、社会に何も貢献していない私みたいな人間よりははるかに偉大なことをしていると思います。

この調子で、今度は人工衛星打ち上げもお願いします。一方の北大CAMUIロケットはその後朗報が聞こえてきませんね。こちらもがんばって欲しい。

«GW後半

最近の写真

  • Cimg0721
  • Cimg2302
  • Photo_12
  • 3
  • Cimg2296
  • Cimg2296_1
  • Cimg2299
  • Photo_11
  • 2_2
  • 4