フォト
無料ブログはココログ

« オリンパスペンと言ってもフィルムの方。 | トップページ | 血圧が... »

2016年1月25日 (月)

フィルム現像上がりました!

先週日曜日のゼットカメラ撮影会http://ameblo.jp/z-camera/のフィルム現像が上がったので速報致します!

1


2

キヤノンVI・L、キヤノン100ミリF2、F2、1/125秒、フジクロームベルビア100

ピントの歩留まりは半分程度ですが(やっぱり腕前錆びついている;_;)面倒くさがらず、ちゃんとレンジファインダーの変倍機能でMg(マグニファイヤー)にしてピンと合わせしたカットはF2開放からなかなかのピントを結びます。十分実用になります。それにつけても、ピント精度は勿論、キヤノンVI・Lのパララックス補正の正確さは神レベルです。キヤノン100ミリF2はキヤノンVI・L専用に作られたレンズなんじゃないかと思うほど相性が良い(というか、このレンズはキヤノンVI・L以外のボディじゃあ実質使えません)。

あ、そう言えば「VI・T」というのもありましたなhttp://blogs.yahoo.co.jp/gatapasya/66376713.html写真で見たことあるけど実物は一度も見た事無い。あったら欲しい.....

3

ライカM6、ズミルックス50ミリF1.4、F1.4、1/250秒、フジクロームベルビア100

あ~、やっぱりモータードライブあると楽ですわ(コニカヘキサーRFもスペアで持ってきていたけど、望遠の測距精度に自信が無いので今回は出番無し)。バックボケが非常に悪い(非点収差でぐるぐる渦巻きになる)レンズであることは知っているのでわざとボケない背景で取りました。化けの皮が剥がれず開放からシャープです。ただキヤノンに比べるとやっぱり色再現が悪い.....

4

そしてこれが今回の目玉!

キヤノン7、キヤノン50ミリF0.95、F0.95、1/500秒、フジクロームベルビア100

この状況で1/500秒が切れるとは、さすがf0.95。って別に高速シャッターを競う意味は全然無い被写体ですけど。
ピントの芯はあっているようでいて全体的にフレアがかかっていて幻想的な描写です。もちろん、ソフトフォーカスほどくどくない程度のフレアを期待してこのレンズを持ち込んだんですが、期待通りの描写に満足です。

これらオールドレンズを最新のデジカメに装着して撮ったら、最新の撮像素子は残酷までにレンズの収差を露にして、まともな写真にはならないでしょう。テレセントリック特性を問わない懐の広いフィルムだからこそ許されるボケアマの世界はたまりませんね

« オリンパスペンと言ってもフィルムの方。 | トップページ | 血圧が... »

趣味」カテゴリの記事

コメント

どもどもご無沙汰してます。

Sニッコール50/1.4銀玉をNEXやμ4/3やQと組み合わせて
開放で撮ったらそれこそ球面収差をはじめとした
超絶的な収差祭り的画像になるでしょうね。
(マウントアダプタの類を持ってないんで試すに試せませんが)

それとF0.95のレンズ、μ4/3用の奴を
CP+で試用した事がありましたが
開放で使った日にゃ被写界深度が浅過ぎて
ピントを何処に合わせるかに苦心しましたわw
(その画像は一応フォト蔵にうpってありますんでよければどうぞ)

というわけで今回は手短ですがこんな所で。

ああ、続々と旧掲示板の常連様が名乗りをあげてくださって、感謝感激です。愚濫雑賭さまはニコンSマウントのレンズお持ちでしたね。コシナフォクトレンダーの交換レンズは購入されましたか?私もニコンSP復刻生産のときは本気で悩みましたが、あの緑色に煙ったファインダーを見ると写欲をそがれるのでやっぱり買えませんでした。
中古人気はイマイチですが、ニコンSPとキヤノン6Lのどっちが好きかと言われたら迷わずキヤノン6を選びます。実際に2台所有してますしね。
惰性とは言え15年間続けた老舗サイトです。これは私が本当に死ぬまで維持しないといけないと本気で反省しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィルム現像上がりました!:

« オリンパスペンと言ってもフィルムの方。 | トップページ | 血圧が... »

最近の写真

  • Cimg2428
  • Cimg2429
  • Cimg2431
  • Cimg2433
  • Cimg2434
  • Cimg2436
  • Cimg2401
  • Cimg2402
  • Cimg2411
  • Cimg2413