フォト
無料ブログはココログ

« 壊滅的に救いが無い魔法少女モノ(w) | トップページ | 小樽潮祭り »

2017年7月23日 (日)

今年の千歳は超ハズレでしたっ!!

毎年8月最初の日曜日に開かれるはずの「千歳航空祭」がなぜか今年は今日開催!慌てて身支度して行って来ました。

昨年の経験でコリたので(千歳航空祭 2016.08.07参照)今年はクルマは置いて電車で行きました。電車で千歳航空祭行くの、中学・高校生時代以来だ!。

Imgp0053

わが国が誇る傑作航空機2種。US-1水陸両用機(陸上と水上両方で離着陸可能)と国産初のジェット輸送機C-1です。あれ?無塗装のC-1って見るの子供時代に持っていた学研の子供図鑑以来だ。

Imgp0052
しかも派手なプローブ(探査機:自衛官さんが面白がって触っている部分)が鼻の先から伸びていて、そのうえ機体ナンバーが001!「これってC-1の試作一号機なんじゃ!?」と会場でタマタマ鉢合わせしたササガワ隊員にも言付けたんですが、帰宅して調べたらやっぱりそうでした!

http://pic-3079.jugem.jp/?cid=47223

C-1初号機の初飛行は1970年。ってことは、このコは機齢47歳です!!未だに元気に北海道まで飛んできた事が驚き!やっぱり日本の航空機技術は半世紀前からすでにこれだけの水準にあったんです。

ちなみに「特攻くずれ自衛隊に入る」の著者、永末千里氏は航空自衛隊発足当初に米国がC-130ハーキュリーズを熱心に日本にセールス勧誘していたのに断って、わざわざ航続距離の短いC-1を採用したくせに、C-1初飛行の15年も後に、骨董品のC-130を「中古で」購入したことを激怒されていました。

Photo
http://senri.warbirds.jp/jasdf/

C130導入は私の中学時代ですが私も「こんな旧型をなんで今更?」と驚いた記憶があります。

Imgp0055
まあ、今なら理由はわかる。C-1はC-130よりも最高速度は速いけど航続距離が短い。あまり航続距離が長いと周辺国(いわゆるC国とかK国)とかを刺激するんで、わざと海外まで飛んで行けない航続距離のC-1を選んだと。当時のK産党の議員がうるさく噛み付いたらしいです(w)。

まあ、国産技術を育てたいって親心もあったので私も否定はしません。1970年代当時は自衛隊の海外派遣なんて想像もつかない時代でしたし。

Imgp0054
続いて後続機US-2の登場で、余命わずかのUS-1。あ、これもこんな目の前で見るの高校生以来じゃないかな。パイロットさん浮かれまくってます(w)。

Imgp0056
30年分の技術格差がある2機。三菱F2ヴァイパーとロッキードF104スターファイター(通称「栄光」ですが誰もその名で呼ばない)。

パンダマークはこの機種で初めて採用されました。1960年代にすでに将来の仮想敵国が中国に移ることを予測していたとしか思えないマーク。ちなみに自衛隊では「これはヒグマだ」と言い張っているようですが、だれが見てもパンダです。

http://northwell-shop.com/products/detail/57

だそうです。
Imgp0057
「これが最後の見納めになるかもしれない...」と言いつつ、結構撮り貯めている政府専用機。見ての通り、かなり雲が低く垂れ込んでいまして。雨降るよりはマシですが、シーイングが最悪。予定のF15戦闘機の高機動飛行は中止になりました。

Imgp0058
2回フライパスしたF15戦闘機。おお、右側は複座のF15Dですね。珍しい。

Imgp0059
悪条件でも、少しでも写真写りの良いカットをお客様に撮って欲しかったんでしょう。米軍のF16戦闘機。超低速でサービスしてくれました。感謝!!

Imgp0060

ちょっとでも高度を上げるとこのありさまです。こりゃ、「高いレンズ持っていれば何とかなる」というシチュエーションじゃないです。

Imgp0061
ふてくされて、中央格納庫の軍楽隊演奏を聴きながらまったりしておりました。

Imgp0062
続いて太鼓演奏。これも良かったです。

Imgp0063
格納庫に引きこもっていたら、ブルーインパルスの演技の時間になると雲量7割程度まで回復して、強烈な夏空になってきました。これは期待!!

Imgp0064
陸自の新型戦車10式戦車。先輩の90式より少しコンパクトになっています。

Imgp0065
見ての通り、部分的に青空が出てきました。カメラ21ミリから320ミリまで総動員で「さぁ、撮るぞ!」と意気込んでいたら、「ブルーインパルスの1号機が故障で飛べません!」と信じられないアナウンスが流れ、結局5号機6号機の2機がフライパスしただけで演技中止!!私の目の前で小さな女の子が泣いていました。私だって泣きたい!!

Imgp0066
絶望した観客たちが猛ダッシュで出口に殺到したのでバス乗り場は長蛇の列!!それでもバス自体も鈴なりに並んで満員になれば発車していたので行列の回転は速く、私も最後尾に並んで20分ほどでバスに乗れました。

中学、高校時代はバスの運賃すら惜しく正面出口から新千歳空港駅までテクテク40分歩いたなぁ~。屋台の食べ物も高くて買えなかったから母におにぎり作って貰って水筒持参で行きました。

« 壊滅的に救いが無い魔法少女モノ(w) | トップページ | 小樽潮祭り »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の千歳は超ハズレでしたっ!!:

« 壊滅的に救いが無い魔法少女モノ(w) | トップページ | 小樽潮祭り »

最近の写真

  • Cimg2428
  • Cimg2429
  • Cimg2431
  • Cimg2433
  • Cimg2434
  • Cimg2436
  • Cimg2401
  • Cimg2402
  • Cimg2411
  • Cimg2413