フォト
無料ブログはココログ

« 何でそんなに借金させたがるんだ!? | トップページ | オカメインコの水浴び »

2019年3月31日 (日)

資料本購入

冬コミデビューを目指して現在資料本を読み漁っています(詳細;ヲタクの聖地 )。
Cimg2174

左の「図解雑学レンズのしくみ」が面白かったので中川治平先生の本を2冊買いました。中川先生は1970年代前半、オリンパスOMシリーズ初期のズイコーレンズを一手に設計されていた方です。ズイコー200ミリF5とか何か中途半端なF値のレンズが妙に多いのはきっと中川先生の設計哲学だと思ふ(w)。オリンパス退職後はフリーのレンズ設計者として活躍しました。本人は自分では言っていませんがシグマ21-35ミリF3.5-4(画像左上)は中川先生の独立後の作品らしいです。

Cimg2175

確かに中川先生の著書には必ずこのレンズ紹介されている(w)。CAPAの馬場信幸氏も経済学者のリチャード・クーさんもこのレンズ絶賛されてます。私の亡き父もミノルタMDマウントとコンタックスAEマウントでこのレンズ2本も持っていた。どんだけ好きだったんでしょうね~。

Cimg2176

「図解雑学」で中川先生、「2群ズームのFD35-70ミリ発売以前のキヤノンでは4群ズームで何度も広角化に挑んでは失敗していたらしい」と書いていましたが、それが事実だったと証明する設計例も載ってました。キヤノンニューFD35-105ミリF3.5。ニコンやミノルタでも達成できなかった(参照:やばいよ~絶対この人ウチのサイト読んでるよ~ 4群ズームで広角35ミリをキヤノンはやってのけた!これはすごい!!ただ、本の中でもかなり設計に無理があったのは認めていて「歪曲やフィルター径が大きくなるなどの問題点が克服しきれていない。設計する側には妥協が必要である」と書いていますね。

Cimg2177 Cimg2178

ズームレンズの歴史は、やっぱりそうそう新しい情報は無いか。上はバリオグラオカーとベルハウエル・クックバーローレンズで下はトランスフォカトール。ズームレンズの文献読んだら必ず出てくるレンズです。まあ、それだけ15年前にわたしが書いたWebサイトの内容が正しかったという事なんですけど。

Cimg2179

おなじみの4群ズームの概念的説明。わたしのサイトを読んだ方なら先刻承知ですよね。

Cimg2180

ズームじゃないけど面白かったので載せます。スタンリー・キューブリック監督が映画「バリーリンドン」で使ったプラナー50ミリF0.7は有名(知らない人はググって調べてくれ)ですが、ツァイスはそれにも満足せずF0.65っちゅ~のも設計しているんですね!!アッベの正弦条件によると写真レンズの明るさの限界はF0.5。アッベの正弦条件に肉薄してます!いったい何に使ったんでしょうね?このレンズ。レンズ後玉の直後にフィルムがあるから絶対一眼レフには使えません(汗)。

さぁ~て!良い資料本も手に入ったし!冬コミデビュー目指して執筆するぞ~!

« 何でそんなに借金させたがるんだ!? | トップページ | オカメインコの水浴び »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何でそんなに借金させたがるんだ!? | トップページ | オカメインコの水浴び »

最近の写真

  • Cimg2428
  • Cimg2429
  • Cimg2431
  • Cimg2433
  • Cimg2434
  • Cimg2436
  • Cimg2401
  • Cimg2402
  • Cimg2411
  • Cimg2413