フォト
無料ブログはココログ

« 北海道神宮散策 | トップページ | 換羽(トヤ)がやってきた! »

2019年5月 5日 (日)

円山動物園散策

せっかく北海道神宮へ来たのだから、円山動物園にも行く。円山動物園来たのはオリンパスペンFTの実写テスト(参照:オリンパスペンと言ってもフィルムの方。 )以来。3年の間にずいぶんリニューアルしてます。

P5041301

この長蛇の行列に一瞬引きそうになったんですが、しばらく見ていると行列の流れがものすごく早いし、まだ午前中にもかかわらず出口から帰っていく観光客の数も多いので、行列に並ぶことにしました。

P5041303

確かに、並んで15分ほどで入場券を買えました。午後に動物園を出た頃には行列の長さはこんなもんじゃなかったです(w)。

P5041305

入り口に入ると真っ先に目に入るのはオオワシの夫婦。う~~ん、さすがにマイクロフォーサーズだと前の金網がはっきりくっきり写ってしまう。

P5041307

カンガルーさんは目の前に金網が有るので口径の小さいマイクロフォーサーズの40-150ミリズームが大活躍。金網の穴にレンズをあてがうと、まったく金網が写らずに撮影できます。

P5041313

アニメ「けものフレンズ」で一躍有名になったアフリカ館のサーバルキャット。ガラス越しですけど屋内照明が暗かったので映り込みが無い。

P5041315

「ネコだよね?」「うん、ネコだ!おっきなネコ」。周囲の見物客がみな「ネコだネコだ」と言っていました。生息地でもペット目的の乱獲が絶えず絶滅の危機に瀕しているそうです。日本でもペットとして販売されていますが、1頭200万円位する....飼育にはお役所に届け出も必要だし。うわ~、飼っているオーナー様ってどれだけセレブなんでしょう?こんなカンジか!?(僕たちは勉強ができない9巻より↓)

Cimg2260

まあ、逆に言うと子猫1匹売れば200万円なんですからブリーダーになればそれだけで生計立てられる訳ですね。

P5041320

ごぞんじミーアキャット。キャットというけどネコじゃない。この子は本当にお客様サービスがお上手ですねぇ~。

P5041329

ダチョウ。ダチョウの卵いつか食べてみたい...

P5041334

3年前来たときはいなかったと記憶しているカバさん。実はライオンですら恐れるアフリカ最強の猛獣です。

P5041335

これも3年前にはいなかった、キリンさん。かなり円山動物園のラインナップも回復しています。

P5041336

ライオンさん。「眠れる獅子」とはこの事です。

P5041340

レッサーパンダ。ぜったい、これパンダじゃないです。英語で言うとFire Fox。

P5041345

アロワナ。小学校5-6年生の頃の担任が全国的にも有名な熱帯魚コレクターだったせいで、私も小中学校の頃は熱帯魚マニアでした。塾の帰りによく寄り道したペットショップでこいつに20万円のプライスタグが貼られているのを羨望の目で見ていたのを覚えています。バブル景気の頃は「泳ぐ札束」と称されていました(参考までに、1985年当時の小学校の教師の給料は「手とりで」10万円少々でした。)。

2019年の現在、小樽のホームセンターで、こいつの成魚が3万円で売ってました。「さんまんえん!?」私、何度もゼロの数を数えなおしましたよ。「30万円じゃないの!?」でも何十回数えなおしても「さんまんえん」なんです(あたりまえ)。うちのおかめずのシロちゃんより安い!

Cimg2258Cimg2259

(だから、自分のペットの値段と比較するのやめろ!)調べると、今はインドネシアに養殖業者がいて、生け簀で丸太みたいなこいつがたくさん泳いでいた。養殖業者さんが「今、中国は空前の熱帯魚ブームで飛ぶように売れている。」と語っていた。考えてみたら私の幼少期は「子供が食うものじゃない!」と親に教えられたフグや真鯛が今や養殖で一年中格安で手に入る。食用魚の養殖技術がここまで進歩しているんだったら、観賞魚だってそうでしょう。今や熱帯魚マニアにとっては天国の時代ですね。小学生の頃の例の担任の先生が「10万円(月給全額!?)で買ったディスカスが買った直後に死んで落ち込んだわ~。」と語っているのを覚えているが、件の小樽のホームセンターでは現在、そのディスカス(熱帯魚の王様と呼ばれているらしい)が5千円で売っています。高級セキセイインコやレアな文鳥程度のお値段ですね。
まあ、だからこそ、安易に大型魚買ったけど手に負えずに多摩川に捨てる人が後を絶たず、「タマゾン川」って呼ばれるわけですけど...私には買うお金は有っても飼う勇気は無いです...

P5041346

これも3年前には無かった水中トンネル。登別マリンパークニクスや旭山動物園に対抗心燃やして、やっと実現しました。「空飛ぶアザラシ」至福のひと時です。

P5041352

クマ舎そばの桜並木。すでに桜吹雪が始まっていましたが。かろうじて桜満開を写し止める事ができ、タンチョウ撮影で残ったフィルムを綺麗なカットで終わらせることができました(w)。来て良かった(w)。

P5041362

帰り道の円山公園。ここは旭川の旭山公園に並ぶ、花見とジンギスカンの名所です。「花より団子」ということわざがありますが、北海道民にとっては「花よりジンギスカン」です。炭火の煙にいぶされながら(決して不快ではない)楽しい休日を過ごせました。

« 北海道神宮散策 | トップページ | 換羽(トヤ)がやってきた! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道神宮散策 | トップページ | 換羽(トヤ)がやってきた! »

最近の写真

  • Image_20191109230601
  • Photo_20191109230201
  • Cimg2636
  • Cimg2637
  • Cimg2638
  • Cimg2639
  • Photo_20191109230202
  • 201712130000212nsogp_0
  • Photo_20191104075901
  • Takoyaki_slider_01_sp
  • Cimg2633
  • Cimg2629