フォト
無料ブログはココログ

« 愛鳥週間! | トップページ | レンズ豆のスープ再挑戦 »

2019年5月12日 (日)

使えん...

  父が死去して2年。あらかた遺品は処分したんですが、値が付かず売るに売れず手元に残ったのがコレ。

Cimg2275

オリンパスのマイクロフォーサーズ初号機E-P1。今使おうにもEVFが使えないので望遠撮影には使えないし、無用にでかいのでコンデジを差し置いてコレを持ち出す意味が見出せない。

Cimg2276

機能的にはるかに上回るE-PL3と比較してもこんなにデカい。と言うかE-PL3が驚異的に小さいんですけど。フィルム時代の元祖ペンSと同じ大きさって..

「家電批評~ミラーレスカメラ」これ、E-P1購入2年後の2012年の本です。父が最初の脳出血で倒れた2年後ですね。この本も実家の遺品整理していたら出てきた本です。最初のオリンパスペンE-P1購入した2010年に父が最初の脳出血で倒れ、2015年にフィルムカメラのオリンパスペンFT買った翌日に2回目の脳出血で寝たきりになりました(詳細:オリンパスペンと言ってもフィルムの方。 ) 。どうも父にとってオリンパスのカメラは鬼門だったらしい....

Cimg2278

父に交換レンズ選びの参考にして欲しいと思って買った本ですが、結局父はE-P1自体使うのを諦めてしまってキットレンズの17ミリF2.8と14-42ミリF3.5-5.6以外のレンズは二度と買うことはありませんでした。

むしろわたし自身がレンズ選びに使ったくらいです。ページ左のMズイコー9-18ミリF4-5.6はこの本見たときから買うのを決心してました(決心してから手に入れるまで6年もかかったのかよ..)

Cimg2279

この2本はキットレンズですので鉄壁ですね。2本とも持ってます。でも、大の超望遠嫌いだった父は左の40-150ミリF4-5.6は最期まで買わなかった。結局父の死去後自分で買いました。中古で8.800円!良い買い物でした。このレンズはお値段から考えると銘玉です(作例:円山動物園散策)。このレンズでマトモな画像が写せないんだったら、まず自分自身の腕前を反省したほうが良い。

Cimg2282

Mズイコー75-300ミリF4.8-6.7か松下のルミックス100-300ミリF4-5.6のどっちにするか、かなり真剣に悩んだんですよ。ズイコーの方がコンパクトで広角側が広いし、何て言ったってEDガラス!しかし、テレ側でF6.7はちときついかな~。お値段も8万円台と高価。一方ルミックスは広角側が100ミリとやや物足りないけどテレ側でF5.6と少し明るいしお値段も5万円台と安いし、ブレ補正が光学補正式なのでファインダー覗いている間でも補正が効く。

かなり悩んだ末での選択でしたが、やっぱりQさんのアドバイス通り(参照コミケ初出場! ) 、純正選んで良かったです。本当に素晴らしいレンズでしたし。(作例:マイクロフォーサーズでタンチョウは撮れるか?)

Cimg2291

「このレンズを使いこなせる人はかなりの上級者」というコメントも所有欲を沸かせますしね。

Cimg2281

で、現在の目標はコレ。昨日今日の思い付きではなく、この本かった7年前からターゲットとしていました(さっさと買えよ!)ノクトン25ミリF0.95。実は12.5ミリF0.95は近所のカメラのキタムラさんに入荷していた。でも自分には広角すぎる。悩む間も無くすぐ売れちゃいましたけどね。

7年前の本ですが、今も十分役にたってます。

Cimg2277

 「本ほど安い娯楽は無い」わたしの人生訓です。

« 愛鳥週間! | トップページ | レンズ豆のスープ再挑戦 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛鳥週間! | トップページ | レンズ豆のスープ再挑戦 »

最近の写真

  • Cimg2428
  • Cimg2429
  • Cimg2431
  • Cimg2433
  • Cimg2434
  • Cimg2436
  • Cimg2401
  • Cimg2402
  • Cimg2411
  • Cimg2413