フォト
無料ブログはココログ

« ズームファインダーを自作 | トップページ | 積丹半島ウニの旅 »

2019年7月15日 (月)

E-P1の外付けズームファインダー製作記

2週間ぶりの更新です。遅筆スマソ😞。先々週の「ズームファインダーを自作」 の続編です。まあ市販品をそのまま組むだけなので「製作記」とはおこがましいのですが(バラして本来の目的にも使えるようにしたいので「加工」はしません)、とりあえず形にしました。

Cimg2472 

最初は前回の「ズームファインダーを自作」に見られるようスマホ自撮り用雲台を前後に縦にして上に二階建てにしようとしたんですが、問題点が3つあった。一つ目はそれでは全高が高くなってパララックス(視差)が増えてしまう。できればファインダーは撮影レンズに近づけたいし、二つ目としてはこの雲台に縦に固定したらフォーカシングやズーミングに干渉してしまうことがわかってきた。そして一番問題なのが光軸の精度を維持するには縦に置くのは不安だったから。外付けファインダーは光軸が命です。これが狂っていたらパララックスどころかまったく明後日の方向を見ていることになる。

そこで、発想の転換。高さを下げる事と光軸を確実に固定するために雲台を横にして右端に固定しました。これで底面と右側面の2面でファインダーを固定するので前後軸の誤差(ローリング=ファインダーがゴロゴロ転がる)と左右軸の誤差(ピッチング=ファインダーが上下にお辞儀する)は防げます(参考資料↓)

Cimg2466_20190715185401

↑お勉強のお時間(w)。カメラの3大ブレ要素。

ただ、三脚ねじで固定しているので上下軸(ヨーイング=左右の首振り)の固定性が弱いが、それも雲台が左右に長いこととファインダーが前後に長いことから少しでも左右に傾けばカメラボディとの平行がズレていることがすぐに気づくので、そこはこまめに点検しようということにしました。まあ安いパーツなのでネジと雲台にアロンアルファを流し込んで固定しちゃうのが本当は理想なんでしょうけど。

雲台とファインダーの固定は安易にビニールテープで貼り付けました。ピントリングとズームリングをうまく避けたのでこれでズームファインダーの操作は干渉しません。意外にがっちり固定できてます。

実際に壁に掛かっている時計とか、手稲山の頂上をターゲットに300ミリで撮影してみると、フレームマスクを入れているわけではないので構図合わせには使えないけど、ドットサイトの代用には十分なることがわかりました。

Cimg2471

これでしばらくE-P1で遊んでみます。

« ズームファインダーを自作 | トップページ | 積丹半島ウニの旅 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ズームファインダーを自作 | トップページ | 積丹半島ウニの旅 »

最近の写真

  • Cimg2515
  • Cimg2516
  • Imgp0550
  • P5250069
  • P5260081
  • Imgp0016
  • Imgp0014
  • Imgp0018
  • Imgp0015
  • Imgp0017
  • Cimg2342
  • Photo_20190810085101