フォト
無料ブログはココログ

« 食止め4日目 | トップページ | 修羅場二日目 »

2019年12月22日 (日)

函館は修羅場でした

 今年最後の試練、小樽出張から只今帰ってまいりました。予想通り廃人になりました...

 中途半端な覚悟で臨床実習の学生受け入れなんかして欲しくないからわざと変な開催地で無理とわかる強行軍スケジュールを組んだんじゃないかとまで邪推しました(参加者の皆さんも同じこと言ってました)。

Cimg2761

 金曜の夜は3時間ほど仮眠取った後、夜中11時40分発の「高速はこだて号」に乗る。これは1号車だけど、私は2号車でした。

Cimg2762

三列シートの完全夜行専用バスです。私も含めて10数名の乗客でした。

Cimg2764

この乗客数では確かに夜行急行の需要は無いだろうな(参照)。

Cimg2766

30年前に乗った時には無かった(当然だ)携帯電話の充電機能。有難く使わせていただきました。

Cimg2767

 函館駅到着は午前5時きっかり。5時間と20分かかった。ほとんど入眠できなかった大学生の頃と較べたら、酒の味を覚えた中年のオッサンは行程中の半分くらいは眠ることができました。これもポケット酒のおかげ(w)。

Cimg2768

 明るいところで瓶を出して驚いた!一晩でこんなに飲んでいたのか(w)!。そりゃ熟睡とまではいかなくても眠れた訳だ!!この飲んべえが!勉強会の開始時間は9時なので3時間半も時間を潰さなければならない。体力温存のため冷え切った駅の待合室で仮眠を取るが熟睡できるわけがない。寝返りが打てないバスのシートですでに腰痛と肋間神経痛に悩まされた上に函館についてからは3時間も冷たい駅の待合室で座った状態で、市電が動き始めた時間帯を待って会場に向かう。

Cimg2771

会場の函館中央病院。でけぇ~!予想通り、夜を徹して夜間高速バスで身体を伸ばせない姿勢で寝て、疲労が溜まっている状態での10時間連続講習会は堪えました!。それも、ただ資料を読んで話を聞けば時間が過ぎ去る授業じゃない...講習時間の2/3はディスカッションと発表。つまり、自分の頭で考え、自分の口で自分の意見を言わないと、一つたりとも演題が進まない。これは会話の格闘技ですよ!日頃の業務なんて比較にならないほど疲れます。

Cimg2773

なので昼はガッチリ食います。ドトールのローストビーフサンド。これで千円しました。

Cimg2774

12月の北海道なのに帰りは土砂降りの雨...つくづく報われない旅だ...泊りは釧路では定宿にしている「スーパーホテル」を函館でも選びました(何故か釧路市内にはスーパーホテルが2件もある。北海道でスーパーホテルが2件もある都市は釧路だけです。札幌ですらススキノ店だけなのに..)。1泊5千円と安いし、それでいて朝食付きだし、同じホテルチェーンだとシステムが同じだから使い慣れているし(暗証番号方式のルームキーなど)、私の名前も登録されているのでチェックインが楽だ。季節外れの土砂降り雨でズブ濡れになった服も暖房をガンガンに効かせて乾かせるのはカプセルホテルでは出来ない芸当です(本当に助かりました!)。

Photo_20191222233001

お風呂は「大浴場」とはお世辞にも言えないし(広くないというだけで内装は良い)、男女完全入れ替え制なので入れる時間が限られるけど、完全流し湯の天然温泉(函館では湯の川温泉からパイプラインを敷いて給湯している)で、

Cimg2775

朝食はバイキングで食べ放題(まあまあ美味しい。でも釧路のスーパーホテルの方が美味しかった。チェーン店内での比較なので問題無いはず。スーパーホテルのファンだからこそ言うんです。)ので気に入ってます。函館のスーパーホテルは会場から市電の駅で6駅分離れているけど、それでもここを宿に選んで良かったです。ちなみに私は浴室画像の一番奥の席でシャワー浴びました。

画像10枚超えてしまったので今夜はここまでにします。

« 食止め4日目 | トップページ | 修羅場二日目 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

函館といやあ個人的にはラブライブ!サンシャイン!!の
SaintSnowの地元というイメージが

なのでアニメ本編への登場のみならず
スクフェスのホーム画面用背景に金森赤レンガ倉庫や
八幡坂、旧函館区公会堂が用意されてたりします

観光で行くなら最高です。函館。でも今回は仕事ですから。本当に参加者全員、拷問だったとクダ巻いていましたね。ちなみに次の開催地は帯広ですって。絶対に嫌がらせとしか思えない!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 食止め4日目 | トップページ | 修羅場二日目 »

最近の写真

  • Cimg3464
  • Cimg3467
  • Cimg3468
  • Cimg3228_20200727222601
  • Cimg3333
  • Photo_20200727220701
  • Cimg3450
  • Cimg3451
  • Cimg3452
  • Cimg3446
  • Cimg3448
  • Cimg3449