フォト
無料ブログはココログ

« 小樽へ引っ越し | トップページ | 3号ちゃん成長記 »

2020年10月19日 (月)

パンシノールでパンパンパン!

10月1日に落札したパンシノール20-60ミリF2.8.無事に税関を通過し、本日配達されました。え?予想外に重たい箱に動揺・・・

Cimg3737

(フィギュアなんとかしろ!)

Cimg3738

箱を開けると予想外のでかさ!こんなにでかくて重かったの?ファインダーはライフルスコープのようです。

Cimg3739

試しに同じCマウントで単焦点のパシュポ25ミリF1.4右と並べてみました。ファインダーより細い!

Cimg3740

この巨体からは信じられない程小さな後玉。これで本当にF2.8通しであるのでしょうか?

Cimg3741

ファインダーは私の予想通り、このスチールベルトでレンズ本体に巻き付けて固定します。工具は不要で左先端のねじを緩めると簡単に外れました。

Cimg3743

画像中央の黒いねじがスチールベルトを締め付けるねじです。レンズ本体とファインダーをどうやってズーム連動させているんだろうという疑問は実物を触ってすぐ解決。はい、ズームファインダーの対物レンズがパンシノール本体のカプラーとつながっていて、ズーミングにより前群が動くとそれに連動してファインダーもズームされるんです。

つまりネットから拝借したこの見本写真の状態↓

2060_20201021185201 Photo_20201021185201

ではズームリングのカプラーがファインダーの対物レンズから外れているので連動しない。なんで、こんな状態で見本写真撮ったんだろう?きっと撮った人も使い方わからなかったに違いない。

ズームレンズ側のズームリングを回すことでファインダー本体のズーミングも賄うのでズームリング(回転式です。光学補正式ズームなので直進式だと思っていた)もかなりの重さになります。にしても、60年も前によくぞこれだけのからくりを作ったものですロジェ・キュビエ氏

Cimg3745

スピードマスター25ミリF0.95を装着したオリンパスペンE-PL3と比較してみてもその異様な大きさがおわかりかと・・・オリンピアゾナーみたいだ。

作例を撮るのが今から楽しみです。

« 小樽へ引っ越し | トップページ | 3号ちゃん成長記 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小樽へ引っ越し | トップページ | 3号ちゃん成長記 »

最近の写真

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • Photo_20211128180701
  • Cimg5228
  • Cimg5230
  • Cimg5231
  • Cimg5232
  • P1010317_20211120004801
  • P1010323
  • P1010325