フォト
無料ブログはココログ

« パンシノール作例 | トップページ | 新居で初めて自炊らしきことをする »

2020年11月 1日 (日)

小樽市内散策

先週土日は札幌のアパートの大掃除に明け暮れたので全然休めなかった。本日、やっと丸一日自由になる休日なのでたっぷり朝寝坊しようと思ったんですが、札幌時代の長距離通勤で朝5時半に起床していた体内時計はそうそう簡単にリセットはされない訳で、休日なのに見事に5時ごろに目が覚めてしまいました。二度寝しようとしても目が冴えて眠れず、当ブログ更新した後、朝の散歩に向かいました。

Cimg3777

小樽は昭和の匂いを感じる歴史的建造物が多いです。

Cimg3817

近所を歩いていると昭和50年代にタイムスリップした気分になります。

Cimg3778

実は小樽に引っ越す際、賃貸ではなく二束三文のこういう旧屋を買い取って明治生まれの文豪みたいな優雅な貧乏生活を楽しんでみようかともちょっぴり思ったけども、札幌の2DKのアパートですらゴミ屋敷にしてしまった私の管理能力では一軒家の管理なんて絶対無理だとわかって諦めました。母からも「そんな高い家賃のアパート借りるくらいなら買いなさい!小樽なんて空き家だらけなんだから!中古の家一軒家買う貯金位あるはずでしょ!?」と言われましたが、それやったら本当に小樽から逃げられなくなる。不要になったから簡単に手放せるわけじゃないし、持っている間は「固定資産税」と「修繕費」がついて回るし分譲マンションならばさらにそこに「管理費」まで加わる。あたしは一生賃貸で良いです。札幌のアパートもあれだけカビだらけにしたのに「敷金礼金だけで修繕費用賄えますから」と言われてビタ一文請求されなかったですよ。

Cimg3779

ちなみにこの家は空き家じゃなくちゃんと人が住んでいます。

今のアパート、超狭いけど、心配していた家財道具は全部収まったし、コンクリート打ちのガレージもあるからめるちゃんの管理も安心だし満足してます。狭い分掃除も楽だ。掃除機すらいらない。ホウキと塵取りで毎日掃除しています。10分で掃除終わるので毎日掃除できます。人間「只足るを知れ」と言いますが、贅沢を心の底から楽しめる人はそれなりの「器」がある人で、贅沢をする気力も体力もない人はそこそこの生活で十分なんだと思い知ってます(芥川龍之介の杜子春の心境ですね)。私の恥を晒して貶めたいと思っている人は興信所で探偵雇って私の身辺を調査して貰えばいい。100%「こいつ毎日何が楽しみで生きているんだ?」という結果しか出ませんから。

Ervxypovaae2g9

「美味しんぼ」11巻「トンカツ慕情」より。本当、「トンカツをいつでも食べられるくらいになりなよ。それが貧乏すぎず金持ちすぎず丁度いいくらいだ」と思います。

« パンシノール作例 | トップページ | 新居で初めて自炊らしきことをする »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンシノール作例 | トップページ | 新居で初めて自炊らしきことをする »

最近の写真

  • Pa060211
  • Pa060213
  • Pa060214
  • Pa060215
  • Pa060216
  • Imgp2474
  • Imgp2474_20221004181601
  • Imgp2475
  • Imgp2477
  • Imgp2478
  • Imgp2479
  • 5_20221004181001