フォト
無料ブログはココログ

« おたる水族館でF0.85 | トップページ | 昨年最後の目論見書 »

2021年1月12日 (火)

マットビハイクル買いました!

悪魔のZそのほか」で1970年代ミニカーにハマってしまい、トヨタ2000GT、フェアレディZ、スカイラインGT-Rと来たらこれは外せないでしょう!という事でコレ↓

Cimg4058

マツダコスモスポーツ、「帰ってきたウルトラマン(1971年)」のMATビハイクルです。トミカではリアウイングついていないけどこのバンダイ製はちゃんとついています。一方トミカ版はドアが開きますけどバンダイ版は開きません。ドアとリアスポどちら選ぶかは貴方次第(w)。これ、甥が小学生の時に買ってあげた記憶があるが、こんなに高価だったかなぁ?(全然記憶にない。あたしは人に奢ってあげたプレゼントの値段はなるべく忘れることにしている)つか、私が15年前に甥に買ってあげたときから全然パッケージ変わってないんですけど(そりゃあ私が生まれた年の番組ですから)。

Cimg4060

帰って来たぞ!帰って来たぞ!ウルトラマ~ン!」という主題歌聞くと、初代ウルトラマンが帰って来たと思うでしょ?幼稚園時代に同級生と言い争ったけど、同級生の言っている通り初代ウルトラマンとは別人でした。円谷英二監督は初代ウルトラマンを再び活躍させたかったそうですが、玩具メーカーのスポンサーから「それじゃあ新製品が出せないだろ!」と大人の事情のツッコミが来て題名とは矛盾する別人になったそうな(w)。ウルトラセブンと共闘するなど世界観や時間軸は過去の作品と重なる(つまり続編)という設定が明確になったこのころから「ウルトラ兄弟」みたいな絵本が出回るようになりました。例えばウルトラゼロはウルトラセブンの息子でセブンの親友のウルトラマンレオが恩師という設定ですよね。

Cimg4061

この頃の自動車雑誌を読むとトヨタ2000GT(上)とマツダコスモスポーツ(下)の比較記事が散見されます。ようやく日本でも国際基準に追い付く(追い越してはいないが)スポーツカーが作れるようになったんだという団塊の世代の歓喜が感じられましたね。秋本治氏の「こち亀」でも主人公たちがミニカーコレクターに呼ばれて「コスモスポーツのMATカー仕様が見つかったんだ!」と自慢されてズっこけるシーンがあります。その直後、両さんが「それはニセモノだぞ。本物のMATカーは色が白だ。それはアイボリーでノーマルのコスモじゃないか。ただのコスモにMATのステッカー貼ったニセモノだ!」と瞬時に見抜くんですが、その頃はそれだけコレクターアイテムだったんでしょうね。今は良い時代になったもんです。

Cimg4059

「出せ~!出せ~!」と騒がしいカメ子&みぞれ夫妻。巣箱を撤去して1か月。発情期が収まり、凶暴さは影を潜め自分から肩に乗ってカキカキをねだるようになりました。帰宅後はおかめず7&アキクサ&カナリアを1羽1羽放鳥するのが日課。早く寝てください。

« おたる水族館でF0.85 | トップページ | 昨年最後の目論見書 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おたる水族館でF0.85 | トップページ | 昨年最後の目論見書 »

最近の写真

  • Imgp4091
  • Imgp4095
  • Imgp4096
  • Photo_20240717124001
  • Photo_20240717123901
  • Photo_20240717124101
  • Photo_20240717123902
  • Photo_20240717123701
  • Photo_20240717125601
  • Imgp4082
  • Imgp4083
  • Imgp4084