フォト
無料ブログはココログ

« オリンピック週間開幕(機材編) | トップページ | オリンピック週間開幕(クラシックレンズ編) »

2021年7月25日 (日)

オリンピック週間開幕(実写編)

でうぁ早速シェイクダウンといきましょうOM-D M1X。

Cimg4671

このボディと一体感が無いバッテリーグリップのデザインもフィルム時代のOMの伝統ですかね?

Cimg4674

このコンパクトさで5コマ/秒はさすが。当時5コマ/秒を達成していたのはニコンF2だけだった。

Cimg4677

ファインダーを覗いて驚愕。正直オリンパスペンE-PL3用のVF3の印象から全然期待していなかったんですが、光学ファインダーよりも画質が良いです!しかも明るい!肉眼で見るよりファインダー内の映像のほうが明るい!!そして、電子ビューファインダーらしいわざとらしさがまったくありません。本当になめらかな映像です。

P7230001

画素数が少なくファインダー倍率も低いVF-3でF0.95のレンズを使うにはマグニファイア(拡大)機能を使わなければ心もとなかったですが、OM-D M1Xならば素のファインダー視野だけで十分ピントあわせできます。これはスピードマスター25ミリF0.95開放。モデルはちばてつや氏。

P7240002

ファインダーの見えは勿論、シャッタータイムラグももはやミラーレスを意識しないで撮れます。これはノクトン17.5ミリF0.95開放。

P7240003

5軸手振れ補正のテストのために室内でMズイコーデジタルED75-300ミリF4.8-6.7で撮影。完璧な補正です。鼻の穴まで結像しています。

P7240004

超広角MズイコーデジタルED9-18ミリF4-5.6開放。プロタイプじゃないMズイコーで自分はもう十分だな。明るさやボケ味が欲しいならノクトン使うし。

次はスーパーノクトン29ミリF0.8ですね。ええ、絶対買います(いつになるかはわからんが・・・)。

近々、OM-D M1Xが本領を発揮する動く被写体でその性能を確かめたいです。

« オリンピック週間開幕(機材編) | トップページ | オリンピック週間開幕(クラシックレンズ編) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オリンピック週間開幕(機材編) | トップページ | オリンピック週間開幕(クラシックレンズ編) »

最近の写真

  • Imgp4091
  • Imgp4095
  • Imgp4096
  • Photo_20240717124001
  • Photo_20240717123901
  • Photo_20240717124101
  • Photo_20240717123902
  • Photo_20240717123701
  • Photo_20240717125601
  • Imgp4082
  • Imgp4083
  • Imgp4084