フォト
無料ブログはココログ

« 実写版JKからやり直すシルバープラン | トップページ | 鯛の中のタイ »

2021年10月10日 (日)

LUMIX GF3購入

マイクロフォーサーズに主力機種が移った事ですっかりフルサイズ(フィルムしかないけど)の出番が無くなった昨今(おかげでΣ24-70ミリF2.8カビさせてしまい修理です・・・)。普段使い用に4代目を購入しました。4代目で初めてオリンパス以外のメーカーです。

パナソニックLUMIX GF3

Cimg5057

購入動機は「ストロボが内蔵されているから」。なぁ~んだ、そんなことか?と思われるかもしれませんが、今まで所有していたマイクロ4/3機は全てストロボ外付けだった。

Cimg5056

左から順にオリンパスペンE-P1(初号機)、同E-PL3、ルミックスです。E-P1はストロボ完全外付け。電源も外部です。E-PL3は一体型で電源はボディから供給されるので外部電源は不要になりその分小さくなりました。ルミックスは完全にストロボ内蔵でポップアップ式。カメラバッグすら持てないような条件では重宝します。

Cimg5058

その反面、ホットシューというものが無い。そのため外付けストロボとか外付けファインダーというものは一切受け付けません。この1台で自己完結したカメラです。交換できるのはレンズだけ。

Cimg5059

モードダイヤルが無いのでさぞやマニュアル操作がしづらいと思ったらそうでもない。これは絞り優先時ですがモニターにシャッター速度と絞り値のゲージが現れるんです。絞りを1段絞るとシャッター速度は1段遅くなる。おお~外光式露出計時代の一眼レフ(キヤノンFXとかミノルタSR-7とか)の露出計表示のようだ。ただ数字だけ表示するオリンパスペンE-PL3より露出のマニュアル制御はむしろやりやすい。同じレンズマウントでもメーカーが違うと操作のアルゴリズムもまた別の思想になるんだなぁと関心関心。今までフルマニュアルのコンパクトカメラ(ローライ35とか)を何十年も使ってきた方でも満足のいくスペックと操作性です。レンズ交換はしたいけど荷物は極力減らしたいというシチュエーション(たとえば海外旅行とか、冬山登山とか)に良いですよ。次はヘビーデューティ用サブ機でオリンパスOM-D EーM5あたりを狙っています。OM-D EM1Xをもう一台買う予算は十分あるけどアレを2台持ち歩く体力が無い。フィルム時代もモードラ付ペンタックスLXを2台持ち歩く事は無かったですから。

« 実写版JKからやり直すシルバープラン | トップページ | 鯛の中のタイ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実写版JKからやり直すシルバープラン | トップページ | 鯛の中のタイ »

最近の写真

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • Photo_20211128180701
  • Cimg5228
  • Cimg5230
  • Cimg5231
  • Cimg5232
  • P1010317_20211120004801
  • P1010323
  • P1010325