フォト
無料ブログはココログ

« アシリパさんのアザラシカレー | トップページ | めるちゃん18ヶ月点検 »

2022年5月23日 (月)

本モノのアザラシを見る

Photo_20220523225901

もういいって・・・・

P8020039

ご気分を害した皆さんのために口直しの画像。生きているゴマちゃんです。

P8020040

なかなか芸達者。

P8020041

賢い子は芸を覚えます。

P8020042

仲良し。

P8020043

分類上は食肉目なのでイヌやネコに近縁ですので、しぐさも犬チックです。

共通データ:オリンパスOM-D E-M1X。Mズイコーデジタル40-150ミリF4-5.6

P8020037_20220523234101

データ:オリンパスOM-D E-M1X、スピードマスター25ミリF0.95

最後にゴールデンカムイグルメシリーズおまけ。肉類に比べるとインパクトが少ないので覚えてない人も多いと思いますがコンブ料理もゴールデンカムイに出てきます。北海道に自生する食用コンブ。左から順に利尻コンブ(京料理、湯豆腐向け)、ホソメコンブ(いわゆるとろろ昆布)、オニコンブ(高級品。うどんだし、佃煮、おでん種向け)、ネコアシコンブ(とろろ昆布やおぼろ昆布用)、アツバコンブ(別名ガッガラコンブ、佃煮、酢昆布、塩昆布、昆布巻き等加工用)、ナガコンブ(安物。昆布巻き向け)。

コンブは品種が多くて、品種が違うと同じアブラナ科でもダイコンとハクサイくらい味も違います。硬くて生食には向かずダシ向きの品種、トロロコンブの品種、干しただけで食べられる品種いろいろ。

ちなみに作中の「子持ち昆布」はそういう品種があるのではなく、コンブの葉っぱにニシンが卵を産み付けたものです。天然物が望ましいですが、やはり人工的にカズノコをまぶした製品が大半のようです。あ!イヌイットもこうやって海藻に産み付けたカズノコを油で揚げて食べるの見たことがある。やっぱり同じモンゴロイドなのでアイヌとイヌイットは数万キロも離れていても食文化に重なるものがあるんでしょうか?

Photo_20220523231301 Photo_20220523231302

肉食女史のアシリパさんにも好評。美味しそうに食べますね~~

Photo_20220523232401

わはは~何か縁起でもないな・・・(この絵の元ネタ知らん人はまさかいないと信じたい)。

« アシリパさんのアザラシカレー | トップページ | めるちゃん18ヶ月点検 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

いや、楽しそうな晩餐じゃないですか!
裏切者は、、、^^;
上手く描いてますね、流石\(^o^)/

ありがとうございます。ゴールデンカムイの金塊争奪戦ですが、「北海道を独立国家にしたい!」という壮大な野望を持つ元新選組メンバー及び旭川第7師団に比べると、杉元&アシリパさんの望みはとってもつつましくてささやかですよね。ちなみに北海道は「食料自給率200%(←すげえ!)」「GDPはニュージーランドやベトナム並み!」「人口はデンマークやフィンランドに匹敵!」という事で、まるで北海道庁も独立したがっているような論調です(w)。
https://www.pref.hokkaido.lg.jp/fs/3/0/2/1/4/2/0/_/soan.pdf
土方歳三や鶴見中尉の野望は決して妄想じゃなかった。それだけのポテンシャルが北海道にあるんです。私も常々「北海道に居たら貧乏人でも舌が肥える」と杉元君と同じ事言ってますね。

パナソニック創業者の松下幸之助氏も大阪万博が開かれるよりも昔に北海道独立案を提唱していました。
https://konosuke-matsushita.com/proposals/politics/hokkaido-dokuritu.php
まあ、1968年当時じゃあまだ北海道に高速道路無かったし国道でも砂利道残っていたし、台風の度に青函連絡船運休になってたし、週刊誌の発売は2日遅れでしたから「物流」と言う意味では今よりはるかにハンデが大きかった。明治の時代に北海道に渡ったご先祖様には感謝感謝です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アシリパさんのアザラシカレー | トップページ | めるちゃん18ヶ月点検 »

最近の写真

  • P1010381
  • P1010382
  • P1010386
  • P1010387
  • P1010388
  • P1010390
  • P1010392
  • P1010393
  • P1010395
  • Photo_20220626125601
  • Photo_20220626130001
  • Photo_20220626130002