フォト
無料ブログはココログ

« 石川啄木と永倉新八~ゴールデンカムイゆかりの地3 | トップページ | 21世紀版「男おいどん」か? »

2022年7月 5日 (火)

人工くらげ

小樽に引っ越して1年半。おかめずたちとの生活に不満はありませんが、

Cimg4961_20220705211001

小樽と言う土地柄アクアリウムも持ってみたいと思ってました。

P1090603

でも飼育しない理由は「部屋に水槽を置くと冬期間暖房が切れなくなるし遠出ができなくなる事!」おかめずは良いです。長時間部屋を留守にする時は一緒に連れて行けるから。でも重たい水槽は運べないでしょう。以前、父が熱帯魚に熱を入れていたことがあったんですが、冬期間に暖房を止めて遠出したら帰ってきた時は過負荷でヒーターが焼ききれて全滅してしまいました。

なので「生きていないペット」(人造動物、ロボットペット。)なら良いのでは?と思っていました。目標としていたのは「クラゲ」。

P1090630

生きている動物を飼うのが富裕層のステータスで貧困層はロボットのペットを飼う未来世界ってフィリップKディックの「アンドロイドは電器羊の夢を見るか(映画化名:ブレードランナー)」やそのパロディ版の「サイレントメビウス」で描かれていますが、だんだん現実化してきてますね。

Cimg5960

本格的な人造クラゲのキットもあるんですが、わたしはそこまでしなくて良いので200円のガチャガチャで入手「海月アクアリウムジェルスライミー」。

Cimg5963

中身はこんな感じ。水槽を模したカプセルには水ならぬ透明ジェルが入っています。

Cimg5964

これに付属の海草とクラゲの模型を沈めます。

Cimg5965 Cimg5966

透明な粘土に模型を沈めるような感触。下手に詰め込むと水圧(?)で変形してしまうのでコツがいります。あまり手こずって何度も練り直していると気泡が入ってサイダーみたいになった・・・・

Cimg5970

まあ何とか形になった。水に浮かんでいるわけではないので動きません。まあ200円なら十分な出来でしょう。良いインテリアになりますよ。暑い夏を迎えた今、良い納涼グッズになりますよ。

« 石川啄木と永倉新八~ゴールデンカムイゆかりの地3 | トップページ | 21世紀版「男おいどん」か? »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石川啄木と永倉新八~ゴールデンカムイゆかりの地3 | トップページ | 21世紀版「男おいどん」か? »

最近の写真

  • Imgp2603
  • Imgp2606
  • Imgp2608
  • Imgp2610
  • Imgp2601
  • Imgp2602
  • Imgp2600
  • Imgp2598
  • Imgp2599
  • Imgp2596
  • Photo_20221129201701
  • 317573566_1030463341678183_3009915310459