フォト
無料ブログはココログ

« 小樽クラシックカー博覧会しょの1 | トップページ | 小樽クラシックカー博覧会しょの3 »

2022年9月11日 (日)

小樽クラシックカー博覧会しょの2

前回の続き行きます!

P9110177

このあたりからだいたい私のリアルタイム世代になるのでほっとする。初代RX-7サバンナ。オイルショック後のバッシングで「ロータリーエンジンもこれまでか?」と思われた中での奇跡の発売。米国の「デイトナ24時間」で大暴れしました。1978年当時(私は小学1年生)「父が「今度マツダがRX-7っていう凄いスポーツカー出すんだぞ!!」と興奮して話していたのを覚えている。10歳早く生まれていたら私は絶対これの希薄燃焼タイプ(やっぱり燃費は怖いので)を購入して日常の足に乗っていた。今でも好きなデザインです。

P9110178

え?このオート3輪のキャンピングカーは!?お久しぶりです。4年前に厚田でお会いしましたね。まさかまた会えるとは!やはりオーナー様、この車で当時北海道一周の旅に出かけられていたそうです。いいなぁ、私も定年退職迎えたらめるちゃんで日本全国回りたい。

P9110179

定番中の定番!マルーンの240ZG!私が生まれた年のクルマです。今見てもゾクゾクする程カッコ良い。今だったら1000万円くらいするんじゃないだろうか?

P9110180

240ZGの1世代前のフェアレディ2000。この子は張碓峠で出会ったことあります。同じオープンカーということで親近感を感じました。

P9110181

めるちゃんとマスタングのマッハ1。アイアコッカさんは「痩せた野生馬がマッハ1でブタになった!」と「闘魂の経営」の中で酷評してましたが今やだれもが歴代最高のマスタングと言えばコレを上げるでしょう。漫画「ガンスミスキャッツ」での活躍が痛快でした。

P9110192

ベンツ280SL。歌手の坂本九さんの愛車でした。こんなに広い会場なのにめるちゃんは2台しか無かった。旧車の分野ではベンツは人気無いのか(そんな事ない!)。

P9110184Photo_20220911142801

出た~~!!マルゼンスキー嬢の愛車!カウンタック!!やっぱり異彩を放っていたのは2台のカウンタック!!やっぱりスーパーカー世代にはコレですよねっ!!よくコレ小樽まで自走してきましたね。私だったら怖くて車庫から出せない。

P9110187

仏車ファンの間でカルト的な人気を持つシトロエンDS!ハイドロニューマチックという油圧で車高を変えられるという魔法のシステムを持っています。しかもブレーキはインボードブレーキ!!何から何まで独創の塊のクルマでした。

P9110190

これはもう定番中の定番。大人気アニメ&マンガ「イニシャルD」のレプリカモデル。AE86トレノです。私が中学生の頃は免許取りたての若者が最初に乗るクルマという程度で意識さえしてなかったんですが、こんなに有名になるとは思わなかった。

P9110193

直射日光が暑いので涼みに博物館内に入ると、やっぱり予想通りと言うかSLしずが号の前に「ゴールデンカムイ」の色紙が展示されていました。

P9110194

多分この色紙を描いた時点で鶴見中尉との最終決戦の場はここにしようと決めていたと思う。

P9110195 P9110200

だって劇中に登場するのも同じ「6号車」!!

Photo_20220911143001

実写映画化が楽しみですね、アシリパさん。

まだ続くぞ!

« 小樽クラシックカー博覧会しょの1 | トップページ | 小樽クラシックカー博覧会しょの3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小樽クラシックカー博覧会しょの1 | トップページ | 小樽クラシックカー博覧会しょの3 »

最近の写真

  • Pa060211
  • Pa060213
  • Pa060214
  • Pa060215
  • Pa060216
  • Imgp2474
  • Imgp2474_20221004181601
  • Imgp2475
  • Imgp2477
  • Imgp2478
  • Imgp2479
  • 5_20221004181001