フォト
無料ブログはココログ

« 4作目執筆開始 | トップページ | また明るい間中寝ていた »

2023年9月26日 (火)

ううっ!起きられないっ!

せっかくの夜勤明け2連休なのに、今日も夕方6時まで布団から出られなかった。熟睡していた訳ではない。ところどころ目は覚めて枕元のペットボトルの水飲むんだけど起きられなかった。「精神的に楽」と思っていてもやっぱり13時間拘束の夜勤当直は知らず知らずに相当体力と精神力を消耗するようです。早くケアマネの資格取り直してデスクワークに移行しないと死んじまうぞ?

なので漫画も執筆どころではなく買って来たばかりの「ビッグコミックオリジナル」を読む。久々の西桐子さんの「たーたん」掲載の回。

Img_20230926_0001

ついに運命の時、なんとわざわざ鈴が自分の実の父親をたーたんの前に連れて来るという皮肉。本能的に自分の肉親であることに気づいたんでしょうか?もうこれ以上隠せないし、こんな扶養能力も無いろくでなしに鈴を返すことなどできない。とうとう鈴に「真実」を話します。

Img_20230926_0002

鈴の母親は15年前にあの男に殺されたんだ

Img_20230926_0003

証拠の遺品。鈴の産着についた母親の返り血。ちゃんと取っていたんだ。

Img_20230926_0004

ついにやっと告白。遅きに失したとは思わない。むしろ一番適切なタイミングでの告白ですね。鈴の実の父親が目の前に現れない時にこれ教えても絶対に鈴は信じなかったでしょう。

Img_20230926_0005

15歳の身には重すぎる現実。今まで信じて疑わなかった世界が全て偽りだったというフィリップkディックのような現実崩壊感。たーたんの予想通り心神喪失状態で家出した鈴を同僚の妹尾さんが保護します。やっぱり完璧キャリアウーマンの妹尾さんこういうとき頼りになる!

Img_20230926_0006

たーたんの勧め通り自分の戸籍抄本を読んでたーたんの言っている事が全て事実だと知った鈴はもだえ苦しみます。いつか教えなければいけなかった。その「いつか」がこんなに苦しいものだったとは。いや、たーたんは良く告白しましたよ。むしろカッコ良かったと思います。さて実はたーたんに婚姻歴が無かったことが分かって妹尾さんのたーたんへの恋心が再燃するか

« 4作目執筆開始 | トップページ | また明るい間中寝ていた »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4作目執筆開始 | トップページ | また明るい間中寝ていた »

最近の写真

  • S
  • Imgp3922
  • Imgp3923
  • Imgp3924
  • Imgp3926
  • Imgp3927
  • Imgp3928
  • Photo_20240420010001
  • Photo_20240419220301
  • Photo_20240419220701
  • Photo_20240419220302
  • Photo_20240419220401