フォト
無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

2018年12月15日 (土)

また忘年会の季節がやってきました

また今年も職場の忘年会の時期になりました。

場所は去年と同じ(参照:忘年会だ!)

                            

Cimg2026
前菜に

Cimg2027
天ぷらに

Cimg2028
ウニ入り茶碗蒸し!(これ一番美味しかった!)

Cimg2029
これがメインディッシュの牛肉ステーキだけど...別に今時ステーキで感動する世代じゃないしぃ。

Cimg2030
毎年恒例のビンゴ大会は、昨年の2位で運を使い果たしたのか、今年は19位

Cimg2031
商品券3千円也。去年の1/3か。まぁ、貰えるだけ十分です。

Cimg2033
やっと来た本命の寿司!やっぱりニッポン人は米の飯と魚でしょう!

まあ、四半世紀の職歴でずいぶんいろいろな職場渡り歩きましたけど、今の職場は「出席義務」の勤務外のイベントは春の新人歓迎会と年末の忘年会の2回だけで、それも日帰りで済むので助かります。私みたいに「職場から一歩外に出たら、同僚の誰とも会いたくない!!」という人間にとっては1泊の慰安旅行なんて地獄そのものでしたから。そういう性格だから自分には公務員=国公立病院の勤務は絶対に向いていないのがわかる。

上司に「2次会出席は半分義務だ!」という脅しに対して「1次会は無料(実質給料天引きだが)だから義務なのはわかりますが二次会は自腹なので断る権利があると思います。」とすぱっと断る自分。こんなんだから出世できないのは理解しているし、出世なんかしたくないです。「釣りバカ日誌」があんなに国民的漫画になったのもハマちゃんの人生観が大多数のサラリーマンの共感を受けたからです。「出世なんて真っ平ごめんだ!」口に出したら真っ先にリストラの標的になるので誰も口にしないだけで、実際、過半数のサラリーマンはそう思ってんじゃないかな?

                            
                            

2018年12月 2日 (日)

ゼットカメラ忘年会

毎年恒例のゼットカメラメンバーズクラブ忘年会に行ってきました。

まずは車検にめるちゃんを送り届けてから徒歩&地下鉄で会場に向かう。

Imgp2278
マイレージ70.000km達成記念の画像!60.000km達成したのは一昨年の3月5日(参照:釧路に来たぉ!)なので1万キロ走るのに2年半かかりました。全然乗ってないなぁ~
ゼットカメラというお店はもう残っていませんが、当時の有志たちが集まり今も撮影会や忘年会に集まっています。

Cimg2016_2
場所はススキノ。

Cimg2013_2
刺身とか

Cimg2014_2
焼きシャコとか

Cimg2015_2
豚串とか

いろいろ頂きました。美味しかったです。

先週のQ氏から得た情報はメンバーズの間でも大ウケでしたよ。ありがとうございました!

思うに、ゼットカメラメンバーズクラブも日本ミノックスクラブもそうですが、私みたいに癖の強い性格の人間が四半世紀の間、お付き合いできたのも、メンバーズたちは皆、お互いの職業や立場などに深く詮索せず、純粋に写真という共通の趣味をお互いの技術や撮影ジャンルを尊重(リスペクト)し合い、決して他人の価値観を否定したり嫉妬やっかみを言わない人ばかりだったからと思います。

よそ様の事はあまり言いたくないが、20年くらい昔、若手の職業写真家が集まる撮影会&イベントに数年参加したことがあったが、酒の席でのプロ写真家の方々の嫉妬やっかみ僻み妬みばかりの会話内容、たとえば。「遊びで写真撮っているアマチュアのくせにライカなんか使って生意気だ!」とか「○○センセイってCAPA誌のグラビアほとんど自動露出で撮ってんだぜ。あんなの俺だって撮れるよなぁ~!」とか「あんな良いレンズ持ってたら誰だって良い写真撮れるに決まってんじゃねぇか!」とか(だったら撮って見ろと言いたい)。に嫌気がさして縁を切ったことがあります(詳細:プロがアマチュアに嫉妬して恥かしくないのかなぁ? » ) 。

これ、ものすごく有名な言葉で人生相談の本にも良く載っていますが、「お金が無いからできないなんて言っている人はどんなにお金が有ってもできない」って名言知りませんか?(参照↓)

https://happylifestyle.com/16788

「お金が無いからできない」じゃなくて、あの人のような写真をどうやったら撮れるのか、自分には撮れない写真を撮れる人の技や知識を学ぼうとする謙虚さが無ければ一生他人の嫉妬やっかみ僻み妬みばかり言う人生が待っているだけだ。

いったい誰の事を言っているかはここでは書かない。心当たりのある人は、自分で気づいて欲しい(↓参考)。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4479065.html

2018年11月11日 (日)

鰤(ブリ)大根に挑戦!

先週の余市(スペース童夢第3弾参照)で1本たったの100円という大特価で調達したブリの稚魚(ふくらぎ)。

Photo_2

2ハイのイカは無事に義兄が全部平らげてくれたようで(私は土曜日も出勤だったので会っていない)、日曜日は自分が食べる用にブリ大根に挑戦しました。

Cimg1982_2

圧力鍋で10分間で出来上がりました!

Cimg1983_2

うんうん、酒とみりんの分量もダシ醤油の量もちょうど良かった。ダイコンがまだ硬かったかな?これは次回の宿題ですね。

Cimg1981

切り身はコンブで〆て、刺身で頂きます。コンブの旨みが染み込んで、ふくらぎなのに成魚のブリに勝るとも劣らない美味に仕上がりました。手間隙かければ100円の魚もご馳走に早変わりです。

2018年9月17日 (月)

10日ぶりの生卵と豆腐

北海道胆振東部地震から11日がたち、札幌市内のスーパー、コンビニもおおむね通常営業に戻りました。

Cimg1890

実家前に佇むイナゴちゃん。かわいかったのでパチリ。カメラ向けても逃げるそぶりもありません。夜になると虫の声が風流です。秋ですね。台風と地震で季節の事なんか考えもしませんでした。

Cimg1892
金曜日には豆腐工場が稼動するという報道があったので、日曜日は生卵と豆腐で念願のすき焼きにしました。

肉なんてどうでもいい!豆腐と生卵が食べたかった...(南樽市場で新鮮なラム肉や野菜が手に入るので木曜日にジンギスカン食べている)。

震災直後から未加工の生鮮食品は豊富に手に入ったので、少なくとも私は停電のさなかでも缶詰やカップ麺のお世話にはならずに済みましたが、牛乳豆腐納豆が手に入らなかったのは結構苦しい。さして好きでもないけども食べられないと無性に食べたくなる。牛乳も土曜日にやっと飲めました。「牛乳ってこんなに美味しかったんだ?」と感動しました。

Cimg1893
「甘々と稲妻」10巻(雨隠ギド/講談社)

何て美味しそうに食べるんでしょう。少なくともこの人と一緒に食べるくらいだったら100万倍も美味しそうです(比較↓)。

Photo

某不味しんぼより....
もう北海道は大丈夫なので安心して観光に来てください。

2018年8月11日 (土)

早くも失速か!?

グロ-バルロボティクス株式ファンドで結構な不就労所得がこの1年間続いたので(参照:葉月便りエゾリスちゃん)自分でもかなり無理して追加投資したら裏目に出て早くも株価は失速...

Cimg1856
う~ん、元本2.5倍に増やしたんだから配当金7万円くらいは出ると皮算用していたんですが、甘かった....一回飲みに行ったら消えてなくなるくらいの額しか出ませんでした。しかもグローバルロボティクスでは初の「特別分配金」。いわゆる「タコ足配当」です。悪い傾向だ。リーマンショック後のグローバルソブリンの悪夢がよみがえってくる....いや、事前に証券会社のお姉さんからも「ロボット関連株は今失速中ですので今年の夏の分配金はあまり期待しないで」と忠告はあったんですが(で、今は何と言っても医薬品、特に抗ガン剤が狙い目ですよ~と話が続くがそれはまた次の話→インサイダー取引(大げさ))。

たいした額ではないので厄払いにぱーっと飲むことにしました(もっとも分配金を直接口座から下ろして使った訳ではないが)。いつも職場で迷惑かけている仲間2名を誘って「小樽ビール」に行きました。小樽ビール来るの1年ぶりです(参照: 小樽地ビール)。

Cimg1847
天気はあいにくの雨。ちなみに天気が良い日は入り口右側のビールサーバーで生ビールの立ち飲み屋台が開かれています(ステンレス製の箱がそれ)。去年来た時はお店の前を歩く通行人相手に結構繁盛していたんですが、この日は雨なので売っていませんでした。

Cimg1848
店内の様子。連休中にしては空いているかな?日本語じゃない言葉が飛び交っていました。外国人観光客に人気のお店のようです。

Cimg1850
注文したのは、ピルスナー(左)、ヴァイス(中央)、黒ビール(右)。私が注文したのはヴァイス。バナナみたいな甘味と芳香がウリ。

Cimg1851
おつまみはタコのマリネ。これが一番美味しかった。

Cimg1853
ソーセージつめあわせ。

Cimg1854
ピッツァマルゲリータ。

Cimg1852
あれ?たかが大ジョッキ1杯なのに、なかなか減らない...私こんなに弱くなっていたかなぁ?いや、甘いんで飲んでる間に飽きてくるんだ。小ジョッキで色々違う味のビールを試すべきだったと反省。後半はかなり無理して飲み干しました。

Cimg1855
小樽はいつ来ても飽きない街です。食べ物に外れは絶対無いし。外国人観光客が多いのも納得。また飲みに行きましょうね。

2018年3月31日 (土)

宴の後

昨夜の送別会(春はお別れの季節です♪参照)。私は疲労で1次会で帰ったんですが(学生時代から付き合いの悪い奴と言われてました)、他の面々は2次会で吐くまで飲んでいたようで本日は死んでました。

昨日は風邪気味だった私に「増田さんは毎日納豆ご飯と干物ばかり食べているから体力が無いんですよ!もっと肉を食べてください!」とレバニラ炒めを薦められました。確かに滋養強壮の効果テキメンですね。今朝は一発で起きられたし鼻水も見事に止まりました。

Cimg1571_2
バカボンのパパの大好物です。レバーというと独特の臭いとモサモサした舌触りで、正直「美味しくないけど栄養補給のため薬のつもりでイヤイヤ食べる」印象でしたがこのお店のレバーは臭くないし、歯ごたえもプリプリして「肉の旨み」が楽しめます。上等のレバーだったらこんなに美味しかったんだ!と目からウロコでした。

さて本日はペットショップ小泉さんhttp://www.petkoizumi.co.jp/で買出しです。

Cimg1580_2
粟穂の徳用サイズ。500gで1200円。ウチのおかめず4+アキクサ1で粟穂1日3本平らげます。とてもじゃないけどスーパーで売っている2本入り200円の粟穂なんか買ってられない。

ペットショップ小泉さんというと、すぐ隣に例の恵比寿商店がある(関西風味の居酒屋参照)。

Cimg1581_2
本当に隣同士だ・・・・土曜半ドンの仕事明けなのでここで本日も昼食としました。

Cimg1579_2
ランチタイムから営業していて、見ての通り、駅の立ち食いそばよりはるかに豪華な具でありながらお値段は安い!そして美味い!!

Cimg1575
本日もミニうどん190円を注文。本当に美味しいです。うどん目当てにこのお店来ても間違いない。

Cimg1578
更に信じられないことに串カツ注文したらキャベツが無料!しかもおかわり自由と言う大盤振る舞い!今野菜高いのに・・・

Cimg1576
注文したらこんなにドカっと出てきました。スーパーで買ったら100円くらいすると思う。

Cimg1577
まるで果物のように甘いです。ドレッシングもマヨネーズも無しで丸かじりできました。

昔、実家でボウルに一杯の生野菜を何もかけずに食べていた私を父は見下した目で「よくお前そんなもん食えるな!俺は寅年だから肉しか食えないけどお前は猪年だから悪食なんだ。」と言った時、大人気ないのはわかっていながら「トラは体内でビタミンCを合成できるから野菜を食べなくても生きていけるけど人間は体内でビタミンCを合成できないから一生野菜を食べ続けなければいけない宿命なんだよ。」といさめた事がある。特にタバコ吸うとビタミンCの消費もコラーゲンの破壊も拍車が掛かるので非喫煙者の3倍も4倍も野菜食べないといけないのに。その結果が2度の脳出血で寝たきりで2年後に死去です。もう因果関係はっきりし過ぎています。

まあ、健康問題だけではなく純粋に私は生野菜が大好きですけど。特に脂っ濃い料理の後は口をさっぱりするために無性に味をつけていない生野菜を食べたくなります。

Cimg1472
ウチのおかめずを見ても野菜好きのコと野菜嫌いのコははっきりしているし、その野菜の種類にしても「白菜は食べるけど小松菜はダメ」など細かな嗜好の違いが有るので、野菜の好き嫌いは親のしつけとは多分無関係だと思う。

2018年3月30日 (金)

春はお別れの季節です♪

と、’80年代ソングスみたいな題名ですが職場の送別会です。いえ、私が辞めるんじゃなく、5年間一緒に働いた同僚が家庭の事情で引っ越す事になりやむなく退職となり送別会を開きました。まったくの偶然ながら今月私にヘッドハンティングのメールをしてきた病院(久しぶりに外食参照)がある町です。こんな偶然もあるんですね。

Cimg1562
月がきれいです。

Cimg1564
件の同僚の行きつけの店で中華が美味しいお店です。これはパイナップル半分丸ごと使った酢豚。豪快です。

Cimg1565
スライスオニオンと海老とキクラゲの炒め物。

Cimg1566
おっきなカニが入ったカニチャーハン。

Cimg1567
豪華なビーフカツ。

Cimg1568
アサリの中華スープ。何杯もおかわりしました。

Cimg1570
何かかわいい熱燗のとっくり(w)。

Cimg1572
シメは天津飯。天津に天津飯という料理はありません。これ全部で4830円。十分安い!!また食べに来たいですね。

ちなみに3月の不労所得。

Cimg1560
JPM日本ディスカバリーファンドの3月の配当が4,432円と

Cimg1561
1,183円で合計5,600円。

Cimg1573

それと、これは自分でも買ったこと忘れていた平成27年度北海道債(個人向け国債の地方自治体版みたいなもの)の利息が

Cimg1574
1,100円。国債よりは割が良い。しめて合計6,700円が3月の不労所得でした。う~ん、しょぼい。マイナスになってないだけでもありがたいと思わなきゃいけないのが投資の世界ですが、地味すぎるなぁ~。そろそろ万単位のリターンが来ないもんだろうか?

働かず楽して一攫千金というニートの幻想をコナゴナに打ち砕くサイト↓

そろそろデイトレで一攫千金という幻想を捨てませんかね

>もし、1年後に100万円が150万円を超えるようなことがあればかなりの才能と言って

>良いでしょう。

>ちなみに、今の私の投資方法ならば1年で105万円程度がせいぜいです。

>凡人には凡人なりの投資方法がある。凡人の投資方法を私は探っていきたいと思っています。

これ読んで、失礼ながら「ああ、私は専門家よりは稼げているんだな」と自惚れたりして。

あたしは100万どころか20万の元本で1年で5万円以上稼ぐ自信はあります。実際グローバルロボティクスは10万の初期投資で昨年6万円を稼ぎました。まあアベノミクスの波に乗っているおかげではありますが。ただし、何か矛盾しているように聞こえるかもしれませんが200万円の元本で1年で50万円を稼ぐ勇気はありません(w)。理由は後述。私も「投資で生活できる」なんて間違っても考えたことありません。でも、「小遣い稼ぎ程度ならば決して無理ではない。それどころか、賃金も、残業代も、老後の年金もどんどん削られるデフレのご時勢、投資こそが資産を守る手段だ。攻めは最大の防御だ!」と思っております。

あたしの手口は、小額で複数の金融商品を分散投資して半年後、1年後、2年後の株価の変化を待ち、配当金がドバっと出た銘柄は追加注文。ボチボチなのはそのまま塩漬け。十年待っても利益が出なければ売却(幸い今のところ「損切り」確定の実行例は無いが、10年たっても利益が出ず解約した金融商品は2件ある)という至ってシンプルなものです。これが20万の元本で1年で5万円以上稼ぐ自信があるのに200万円の元本で1年で50万円を稼ぐ勇気が無い理由。地味な銘柄を全て切って捨て鉄板銘柄に全資金を注ぎ込む勇気が私にはありません。無一文で投資するときは怖いもの無しだから「たかが20万円全額スったとしても怖くない!」と思うでしょうが所有資産が順調に増えて200万円になったとき、その200万円を20万円と同じ気分で賭けのような投資につぎ込めるかどうか?(同じ事をこの方も書いていますね→株に一攫千金はない)。で、それができる人が「デイトレで一攫千金できるごくごく一握りの天才」なんだと思います。

そりゃ私だって、今後成長が見込める産業なのかどうかは週刊ダイヤモンドとかビッグトゥモローとか週刊現代(まだ懲りてないのか?葉月便り参照)とか日経新聞読みながら判断してます。自動車銘柄に関しては自動車専門誌を参考にしてます。凡人は凡人なりに研究してます。

2018年3月17日 (土)

久しぶりに外食

先月、関西風味の居酒屋で紹介した「恵比寿商店」1ヶ月ぶりに行きました。

「入り浸ってしまいそう...」といいつつ次に来たのは1ヵ月後でした。ケチだな、自分。

Cimg1536
「お昼からお酒が飲める!」どうどうとアピールしてます。いやねぇ~まっ昼間からお酒飲んで。あたしゃ今日も半ドンで午前中働いていたんだからお酒くらい飲ませてください。

Cimg1538
ビリケンさんの由来が紹介されていますね。私が幼少期読んだ学研の「こども百科ずかん」では関東大震災の後急速に流行り出したと覚えている。

前も書いたけど、恵比寿さんもビリケンさんも「お金儲けの神さま」ということでこのお店では同一視しているようです。

Cimg1537
今日注文したのは左から順にトントロ、チーズ、ナス、タコ。

Cimg1539
続いてニンニク、テッチャン(牛小腸)、ジャガイモでした。注文してから揚げてくれるのでいっぺんに注文するのは野暮で食べる分だけ小分けに注文してアツアツの串カツを頂くのが正解です。せっかくお金払うんだから揚げたてで食べないと勿体無い。

これだけ頂いてたった1400円です。また行こう(^o^)v。

PS)一昨日、OO市協会病院の事務長A氏から「うちで働きませんか?」とヘッドハンティングのメールが来た。はて、どこかでお会いした事あったっけ?私ってそんなに名前売れているのかなぁ?地理的に○川に近い。15年前私が○川で起こした騒動は同業者筋では有名だと思うけど、15年経てばもう時効なのかな?(サービス残業の強制や退職妨害は当たり前。前任者は実習生をラブホテルに連れ込んで淫行する始末。仮病でズル休みする前任者のカルテを全部代筆させられ月に35時間も残業させられたのに残業代ゼロ。挙句の果てにやってもいないリハビリを不正請求するよう暗に要求され、悲鳴をあげて内部告発して母校と周囲の養成校に「絶対あんな施設に学生を送ってはいけません!」と言いふらした上で夜逃げしました)(自殺するくらいならなぜ退職しない? 参照)。

行き場所も無く札幌市内を放浪していたマーベリック(一匹狼)の私を拾ってくださった現在の職場には感謝していますが(面接のときは○川の施設について根掘り葉掘り聞かれましたね。シラを切り通しましたが)、私が15年前に職場を辞めて札幌に帰ってきたのはいつ倒れるかわからない両親の世話のためでしたが、父が亡くなり、母も施設に入所するようになるともう札幌にいる理由も無いんですよね。

ちなみに今の職場を選ぶとき、もう1件求人があり、そこは今の職場より100万円も年俸が高かった。しかし場所が洞爺温泉虻田町だったので親に何かあったときすぐ行ける距離ではないので断ったんです。

数字しだいでは、久しぶりに転職しても良いかもしんない。悩む悩む....

Cimg1532

2018年3月15日 (木)

ニシンが来たお!

一昨日、小樽に「春を告げる魚」ニシンの大群が来たというおめでたいニュースが!!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00000005-htbv-hok

さっそく昨日、取れたての小樽産ニシンを塩焼きにして大根おろしたっぷり乗っけて食べてみました!まいう~!付け合せは肉じゃが。帝国海軍風にぶつ切りのコンニャクを入れて、煮汁は完全に干上がるまで火にかけます。

Cimg1535

新鮮だから刺身で食べてみたいとも思ったけど、当たるとコワいのでギリギリで踏みとどまりました。
私の物心ついた頃はニシンは幻の魚でした。銭函出身の母が「子供の頃は毎日おやつは身欠きにしんで、飽き飽きしていたけど、腹いっぱい食べられたから戦中戦後の食糧難でもお腹減った記憶は無かった。」という昔話をはるか昔のお話だな~と聞いていたものです。こんな流行歌もあったし。

https://www.youtube.com/watch?v=1xtVGlK2qYA

「あれからニシンは何処へ行ったやら~」昭和50年代の小樽ではニシンはまさしく「過去の栄光」でした。

小学生の頃、社会科の教科書で「明治時代の小樽では捨てるほどニシンが採れ、多くは身欠きにしんと肥料に加工されました。」とあり(当時の写真:https://otaru-aq.jp/nishingoten)、子供心に「そんな根こそぎ乱獲したからニシンがいなくなったんじゃないか!何で食べる分だけ採って後は逃がしてやらなかったんだ!?」と憤りを覚えたものですが(同じ事がここで書かれています:http://wedge.ismedia.jp/articles/-/2067?page=2)明治時代当時の富国強兵時代は「資源保護」「エコ」などという言葉は無く、手に入る資源は全て根こそぎ収穫して全て換金しなければ欧米列強の植民地になってしまうという弱肉強食の時代だったんです。乱獲が原因だったなんて当の猟師さんが一番良くわかっていたはずです。だって卵を産むために小樽港に来たニシンを一網打尽にしてしまっていたんですから。(だからマスコミも教科書も「乱獲」とは一言も書いていなかった。)

冷蔵庫の無い時代、身欠きにしんは京都大阪といった「上方」に樽前船で運ばれると高級食材として持てはやされました。ニシンの油粕は硫安のような化学肥料が無かった時代は貴重な窒素肥料で食糧増産のためには不可欠でした。小樽のニシンの乱獲の上に明治大正昭和初期の富国強兵、食糧増産があった訳です。

21世紀の現在、稚魚の放流という地道な努力の成果が合って小樽にニシンが戻ってきました。こういうのを見ると、人間の努力も捨てたもんじゃないなぁと感じます。

2018年2月17日 (土)

関西風味の居酒屋

ウチのおかめずをお迎えしたペットショップ小泉さん(参照:http://www.petkoizumi.co.jp/)の隣に建つ居酒屋さん「元祖串かつ恵比寿商店北24条店」(参照:https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010201/1054319/)。いつも’70~'80年代ソングスを有線で流しているので気になっていました。

Imgp2135
メニューが妙に安いです。

Imgp2136
これ、恵比寿様じゃなくてビリケンさまですね。まあお金儲けの神さまなのは同じ(w)。

先週、土曜出勤半ドンの帰りに食べたかけうどんが北海道では珍しい関西風の透き通った汁でたった310円なのに揚げ玉とかまぼこが乗っていてとても美味しかったので今日はここで本格的にランチを決め込みました。

Imgp2167
「安い!」と宣伝したので注文した「ホッピー」。初めて飲みます。ジョッキに焼酎、ビンにホッピー(ホッピ自体はノンアルコール)が入っています。昔ビールが高かった頃(今でも高いだろ!4割が税金なんて...)ビールの代用に焼酎を炭酸と麦茶で割って出したのが発祥らしいです。今飲むとビールとは全然違う味ですが、これはこれで美味しいですよ。

Imgp2168
注ぐとこんなカンジ。一度に全部入らないので2~3回に分けて注ぎます。

Imgp2172
このお店のありがたいところは定食だけではなく、自分が食べたい串だけを1本ずつ注文できること。見ての通りリーズナブルです。

Imgp2171
あたしが注文したのは鶏もも(左)、えび(中央)、しいたけ(右)3本で300円です。安い!

Imgp2170
↑串カツ食べるときのマナーです!!ご注意!!
Imgp2174
シメに先週も食べて感動したかけうどん。ただし今回はミニ。これだけ全部食べて飲んでたった1080円!!自炊派の私ですが「安い~~!」と感動しました。毎日とまではいかないまでも二日に1回は行ってしまいそうな美味しさ&安さです。

より以前の記事一覧

最近の写真

  • Cimg2168
  • P3031099
  • P3031096
  • P3031094
  • P1130891
  • P1020872
  • P3011086
  • P3011054
  • P3011035
  • Cimg2163
  • Cimg2162
  • P3011049