フォト
無料ブログはココログ

ニュース

2018年10月12日 (金)

ソユーズ続報

Cimg1965
先日のソユーズ打ち上げ失敗のニュース(輝かしい失敗参照)聞いて改めて週刊モーニング買って来ました。小山宙哉著「宇宙兄弟」325話(←すごい!)。

Cimg1966
規格の異なる人工衛星や宇宙船をロケットに載せるには、カメラで言う「マウント」にあたる「インターフェース」という口金が必要なんですが、作中では、すでにいつ受注が来ても困らないよう、米オリオン宇宙船や露ソユーズ宇宙船用のインターフェースをすでに設計済みだったため頼まれたらすぐに打ち上げできたという設定になっています。

「こんなこともあろうかと」(By真田さん)ですね!?

Cimg1967

ただ、問題は今回の打ち上げ失敗でISS(国際宇宙ステーション)の人員交代ができなくなったこと。幸い先月、日本のこうのとりが食糧、酸素、水、燃料、バッテリーを補充したばかりで物資は豊富なんで(宇宙への挑戦参照)、むしろ今ISSに詰めている飛行士たちは「宇宙にいられる時間が延びた!ラッキ~!」くらいに思っているかもしんない。

ただ、問題はそう簡単ではなく、「酸素と食料と水と電気があればいつまでも宇宙にいたい。」という単純な問題じゃないんですね。常に1Gの重力下で、バン・アレン帯とオゾン層に守られて生きていた人類が、あまり長時間宇宙空間にいると無重力状態による廃用性症候群(映画「2001年宇宙の旅」のディスカバリー号はコレを防ぐため遠心力で人工重力を発生し、飛行士は毎日運動していました↓)になって、地球に帰って来たら歩けなくなったり、

Cimg1643
長時間宇宙放射線に被曝することで放射線障害を起こしたり(宇宙戦艦ヤマトの沖田艦長の持病でした)するので、ある程度になったら地球に帰さないといけないんです。

この事態はある程度予測されていました。無人の物資輸送ならばJAXAのこうのとり、ロシアのプログレス、ESAのジュールヴェルヌ(退役済み)等で賄えますが、有人の往復をソユーズだけに丸投げして大丈夫なのか?これは次期有人宇宙船のオリオンが完成する前に無責任にスペースシャトルを退役させてしまい後の人員輸送をロシアに丸投げしたNASAも悪い(そのへんの事情はココあたりが詳しい。参照:https://ncode.syosetu.com/n4343eh/8/。)

実は「宇宙兄弟」にあるようにソユーズをロシア国外に打ち上げを委託したことは過去にある。ESAがギアナから1度打ち上げている。ここは一つ「宇宙兄弟」のように、JAXAも最新型のH2Bロケットで種子島からソユーズを本当に打ち上げてみてはどうか?

話題はいきなり脱線するが、昨日証券会社さまから中間決算の目論見が来ました。

Imgp2279

例の「今は何と言っても医薬品、特に抗ガン剤が狙い目ですよ~」(参照:早くも失速か!?)ですが、8月に発注してわずか2ヶ月で...

Imgp2280
高い手数料をものともせず2万7968円の利益が出ました!何もせず2ヶ月間お金を寝かせているだけで2万8千円が空から降ってきた....(と言ってもこのままではいわゆる「含み益」で解約して初めて利益になるんで、このまま持っていても私の財布の中身が増えるわけではない。念のため)これが「ノーベル賞効果」か(インサイダー取引(大げさ)参照)!?まあ、この目論見書が来た日に世界同時株価下落があったので今は下がっているだろうけど、高い購入手数料は瞬時にモト取れました。いやぁ~、これだから投資はやめられない(”▽”)v。

2018年10月11日 (木)

輝かしい失敗

コミックスを買うほどではないけど連載当初から注目していた週刊モーニング連載の「宇宙兄弟」。今日発売の連載で、オービターのドッキングハッチの故障で地球に帰れなくなった月面滞在中の飛行士2名を救出するため、米国NASA、ロシアロスコスモス、日本のJAXAの連携プレーで種子島から日本のロケットでソユーズを打ち上げるお話がありました。

3
フィクションが現実と重なるのはハードSFではよくあるお話(2001年宇宙の旅のアーサーCクラーク氏も自分が小説で描いたトラブルそっくりの事が現実のアポロ13号で起こった事を書いています)ですが、本日、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地で打ち上げられたソユーズが途中でロケットがエンストして緊急脱出ロケットで脱出して2名の飛行士が生還という信じられないニュースが!!

1

緊急脱出ロケットが作動したのは1983年の事故(このときは本当にロケットが爆発した)以来と記憶しています。「MoreはGoodの敵」「枯れた技術こそ最高」とSF作家の野尻抱介氏が「ロケットガール」の中で書いていましたが、本当に「古典的な」「枯れた技術」がいかに安全性が高いかを、2度に渡って証明した訳です。これがスペースシャトルだったら絶対助からなかった訳で...

前回の1983年の事故で生還したウラジミール・チトフ氏↓は

2
命が助かった喜びよりもミッションが失敗した悔しさから「なんてこった!また宇宙に行きそこねた!」と悔しがったそうです。今もロスコスモスの重鎮で、優秀な後輩たちを育てています。

これ、本当に日本のJAXAも米国NASAもロシアから学ぶことすごくたくさんあるという立派な教訓になったんじゃないでしょうか(詳細↓)?

https://www.jiji.com/jc/v2?id=20090609japanese_astronaut_19

結局、JAXAの的川先生やSF作家の野尻抱介氏のおっしゃるとおり(「2001年宇宙の旅」のアーサーCクラーク氏も「ボーマン船長は父親をシャトルの事故で亡くしている」というセリフでシャトルがいずれ事故を起こすことを予言しています)、スペースシャトルは多大な人身事故を2回も起こして退役してしまい、使い捨てロケットの方が安全で安上がりという事が証明された訳ですし、現在ISECGという国際組織で、米露日欧が共同で有人月面探査や火星探査をやろうとしている中、もっとも有人宇宙飛行の経験が長いロシア(=旧ソ連)の経験とノウハウはNASAにとってもJAXAにとってもESAにとっても(あと、ISECGから一歩距離を置いている中国にとっても)学ぶことはたくさんあると思います。

とりあえず、生還した2名の宇宙飛行士さんの無事を喜びたいと思います。

2018年10月 4日 (木)

インサイダー取引(大げさ)

癌と水虫の特効薬を発明したらノーベル章モノ。

Photo
と、マンガ「ブラックジャック」で故手塚治虫先生が言っていましたが、その名の通り京都大学の本庶佑特別教授のノーベル医学生理学賞受賞のニュース!

本当だったんだ....

従来の抗がん剤はがん細胞ではない健康な細胞まで殺してしまうので副作用が大きいのに対し、免疫療法はがん細胞を特定に攻撃する抗体に抗がん剤をくっつけて投与するので、健康な細胞への被害は最小限に止め、がん細胞だけを叩くので、少ない副作用で効率的に癌を治療できる。知識として知っていましたが、実際に私の大切な隣人が15年前に癌宣告を受けたときに、当時最新の、まだ臨床試験段階だった免疫治療薬「リツキサン」のおかげで全快とまではいかないまでも、日常生活を送れる位に回復し今も元気に存命中な事を、この目で見てきたので今回の本庶佑特別教授のノーベル医学生理学賞は「当然だ!」と思います。むしろ、評価されるのが遅すぎる位です。

で、ここで「あ”~!その話(またコレか...)」と記憶が繋がった。

8月に証券会社のお姉さんから教えてもらったインサイダー情報(おおげさ!)「今は何と言っても医薬品、特に抗ガン剤が狙い目ですよ~」(参照:早くも失速か!?

コレのことだったんですね!?さすが生き馬の目を抜く投資最前線で生きているディーラー様です。2ヶ月前にすでにこの情報を察知されていた!!。

ええ、薦められたファンドですが、例の「リツキサン」の製造業者も参画しているファンドなので即決で買いましたよ。おかげで、10月4日現在、私の普通預金の口座9万円しか残ってない.....めるちゃんの修理代どうやって払うんだ?(参照:なぜ、増田のベンツは2ドアなのか?

昨今の日経平均の高値ぶりも含めて、ノーベル章効果で抗がん剤を作っている製薬会社の株価は高値が期待できます!!うふふ(”▽”)。

Imgp2271

ちなみに9月の不就労所得は北海道債(がんばれ北海道!)で

Imgp2272
利息1100円(w)。元本保証、利息保証の金融商品でこの利息は立派。

Imgp2273

投資信託の「グローバルAIファンド」では

Imgp2274

普通分配金(つまり「特別分配金=タコ足配当」ではない)で2906円の配当。

しかも元本は購入時の1.9倍に増えました!うわ~!「グローバルロボティクス」のときもそうだったけど、こんなに儲かるだったらもっと買っておけば良かった....(高値になった今から追加買いしても損するだけだ)。
まだまだ修行が足りんなあ、自分...

2018年9月12日 (水)

震災1週間目

まずは今回の震災で犠牲になった41名の方々のご冥福をお祈りさせてください。

胆振東部地震と命名された先週の北海道で有史以来最大の震災が起きてから1週間経ちました。どうやら私が居住している札幌市東区は千歳に匹敵する震度6を記録したらしい。これは関東大震災の最大震度に匹敵する。良く生きていたな、自分!これも東京タワーや大阪通天閣やさっぽろテレビ塔を設計した内藤多仲博士を初めとする日本の耐震設計家の1世紀にわたる努力の成果です。

Cimg1888
↑内藤多仲博士

資料)コミック版プロジェクトX「東京タワー恋人たちの戦い」(菊池としを/宙出版)

ちなみに先週大阪で猛威を振るった台風20号の最大瞬間風速は47m/秒です。

Cimg1880Cimg1881
これは昨夜の札幌市東区の地下鉄元町駅やイオン元町店のある通りの映像です、厚さ30センチ以上あるアスファルトの舗装がまるでベーコンのようにぐにゃぐにゃになっています。

Cimg1887

ちなみにこれが同じ場所の今夜の状態。恐るべき修復技術!!これが地震大国ニッポンの土木技術です!!

震災直後はまるでオイルショックの再来のようにガソリンスタンドには長蛇の列が並びました。1時間並んで、「ガソリンは一人につき最高3千円まで!」と言われたときは泣きましたな。ハイオクで3千円と言えばせいぜい18リッター。燃料計1メモリにしかなりません(泣)。

Imgp2237
新聞やテレビ報道で空っぽになったスーパーやコンビニの棚を見て「北海道民は毎日カンパンや缶詰やカップメンばかり食べているのか?」と北海道外の皆さんきっと心配されたのではないでしょうか?
もちろん、震源地の胆振近辺ではそうなりましたが、私は震災当日の夕方にはご飯と味噌汁の夕食を食べられました。ちなみに実家の母は町内で冷蔵庫内の肉や野菜を持ち寄って(停電中なので早く食べないと腐ってしまうから)自家発電の明かりの下でバーベキューパーティしていたそうです。心配して損した。私よりよっぽど良いモノ食っているんじゃん。

今回の震災で北海道で調達困難になっているのは「賞味期限が短い加工食品」。ぶっちゃけて言えば牛乳、乳製品、豆腐、納豆、練り製品(かまぼこ関係)です。むしろ、生野菜や精肉や鮮魚のほうが入手しやすかったです。

Cimg1882
野菜とか。

Cimg1883
精肉は.....

Cimg1884
小樽の「南樽市場」で入手しました。なんか昭和テイストな店構えが好き(w)。さすが「食料自給率190%」の「ニッポンの食料基地」北海道です。生鮮食品に関しては何ら心配ありませんでした。

とは言え、公共の交通機関が全てダメになった中で住まいから遠く離れた場所から食料を調達できたのは何と言っても「自分で動かせる交通機関」を所有していたから。めるちゃん1号(ベンツ)とめるちゃん2号(自転車)のおかげで、この1週間どれほど助かったことか。

Imgp2238
前回は立て続けに2回も故障が連発して8月中は数日しか家にいなかっためるちゃんですが、今思えば、震災前に壊れるべき場所が壊れてくれて、震災前に修理が終わって戻ってきてくれて本当に助かったです。めるちゃんもご主人様を助けるために早めにヘルプのサインをだしてくれていたんですね。停電で全ての電気製品がストップしたときはめるちゃんのカーラジオと車載の懐中電灯が非常に役に立ちました。やっぱりめるちゃんは福の神だった(母は「さっさと捨てろ」と言っていたけど)。
ただ、これは自分で移動できる手段があり、自炊できるからこそできたことで、公共の交通機関以外に移動手段がなく、自炊ができずにスーパーやコンビニの惣菜やお弁当に頼っていた人にとっては絶望的な状況です。未だに札幌市東区内のコンビニやスーパーは壊滅状態が続いています(停電や断水の復旧は早かったのに...)。一刻も早い流通の回復を望みます。

2018年9月 6日 (木)

ブラインド・シティ(盲目都市)

火曜日の台風ダブルパンチで札幌市内中の街路樹や電信柱の倒壊が起こったばかりなのに、

Imgp2224Imgp2225Imgp2226
本日未明の午前3時ごろ、睡眠中の私&おかめずを震度5の強震が襲いました!おかめずパニック!寝てたから良かったものの、立っていたら絶対転んでいました。その直後に停電!冷蔵庫は真っ暗!部屋の中で立っている物は全て倒れていました。

Imgp2228
車庫の電動シャッターが開かずめるちゃんを出せないのでめるちゃん2号(自転車)を階段を手で押して玄関から出し出勤。出勤するも札幌市内の信号機もほぼ全滅状態。こんなひどい震災は北海道では初めて見た。日本海中部地震や奥尻島の津波の時でも震度4でしたから。

Imgp2229Imgp2230

直後からコンビニの前は長蛇の列があちこちでできていました。私は冷蔵庫に昨日の買い置きがあったので買わずに済みましたが。

Imgp2231

信号機が消えているので大きな交差点ではお巡りさんが交通整理でおおわらわ..

Imgp2232
実家の母が心配なので通勤途中(通り道上にある)に実家に立ち寄ると、

Imgp2234
煙突が折れていました!首の皮一枚でつながっている状態です。いつ落っこちてくるかわからない....

Imgp2235
先週土曜日の朝日新聞で注意書きのあった防災のための常備品。もう早これの出番が来るとは!天変地異多すぎやしませんか?今年!日本だけじゃない。台湾でもオーストラリアでもインドネシアロンボク島でも大地震があったし、フィリピンやハワイやバリ島やパプアニューギニアでは火山が噴火するし。軍歌の「ラバウル小唄」で有名なラバウルの町もイタリアのポンペイみたいに火山灰に埋もれて復旧不能と聞いた。これは、環太平洋造山帯全体が今、活動活発期にあるんじゃないのでしょうか?よくマスコミで取り上げられる「南海トラフ地震」いつきてもおかしくないと思います。私の素人考えかと思ったら琉球大学の地球物理学の先生も同じこと半年前に書いています↓。

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12151-14707/

結局本日、札幌市内の公共交通機関は電車バス地下鉄全て運休でタクシーは奪い合いのため、家を出るとき乗って来ためるちゃん2号(自転車)で3時間かけて職場につきました...職場で爆笑されましたよ。「休めば良かっただろう!」いえ、電話回線がパンクしていて欠勤の連絡ができないんだもん。結局、疲労で使い物にならず「午後三時には職場の公用車で自転車運んでやるから帰れ!」と早退させられました。

Imgp2236
うわっ!「ゲート・自衛隊」のワンシーンそっくりの雀の大群!

Imgp2237
https://www.youtube.com/watch?v=j9Wj9act6Ao

スズメもただ事ではない事を察しているんです!!

実家も職場も停電のままでしたが、私のマンションのある地域は幸い復旧が早く(水再生プラザがあるからか?)ほぼ帰宅時間きっかりに電気が使えるようになりました。それでもネット環境の回復には午後8時半までかかりました。よって、ネット回復を待って震災地の実況報告をいたします。
北海道は、今まで震度5以上の強震が無かったため発電所は地震対策が東北・関東に比べてやっぱり甘かったと考えます。今夜の北海道の衛星写真は半島の某国みたいに真っ黒なんだろうな。

2017年10月22日 (日)

今日は投票日

8月に葉月便りで「汗水流して働いた給料には何一つ反映されず、働かずに右から左へお金を転がす人にばかり利益が転がってくる社会は絶対おかしい」と書いたらそのまんまの事が昨日の北海道新聞に載っていました。

Imgp2074
アベノミクスで儲かっていると言っている人は株を買っている人だけで、普通の人の賃金はどんどん下がっていると。「株をやっている人でアベノミクスを悪く言う人はいないと思います(新聞より引用)。」まあね、私もリーマンショックと円高で新車1台吹っ飛ぶほどの含み損出したのに臆病者なので損切りせずに塩漬けにしていたらアベノミクスのおかげでプラマイゼロになった上に、最終的には利益確保しましたから(これを聞いても「うお~羨ましい!俺もやってみて~!」と思う人はぜひやってみて下さい。私は絶対に割に合わないと思います)。あの時は阿部首相の顔がキリスト様に見えました(w)。阿部首相の言っていることは確かにウソではない。

同じ事を考えている人は多いようです

「汗水たらして働くリーマンと株で稼ぐ投資家。どちらが社会に貢献出来ているか?」

http://www.fx2ch.net/archives/41340329.html

「汗水垂らして働く人が裕福になれない3つの理由」

http://www.ikeda.asia/2015/10/3reasonforhardworker.html

「汗水たらして一生働くのが当然」の社会が生み出した悲しい現実

https://www.ino-kawa.com/?p=351

なんか言っていることがおかしいんじゃないかなぁ?先の葉月便りで書いたけど、人間が実際に物理的に移動してモノを運んで組み立てないと何も生み出さない社会になってしまうんです。労働を全てアンドロイドに任せてしまって、人間は労働意欲を失い停滞した社会はぽりりんが「セイバーマリオネットJ」で描いていますね(参照→https://www.youtube.com/watch?v=m0vHPFKFSzs)。

漁師さんが海で魚採って農家が畑耕して野菜を栽培しないと食料は生まれないし、消防士さんが火を消さないと人命救助ができないしトラック運転手さん(これは将来自動運転の技術で淘汰されるという触れ込みの事が3番目のサイトで書かれてはいるけど、現状ではまだそうなっていない。むしろ現実ではトラック・バス運転手の不足が社会問題になっているのはご存知の通り。変速機の半自動化等により女性ドライバーの進出が増えているが焼け石に水状態である)がいないとAMAZONで注文した本も届かないしスーパーの商品も並ばない。自分の話に戻ると、私の職業が無くなったら長高齢社会ニッポンは寝たきり老人だらけになってしまうんです!!

これを全てロボットに置き換えることなんかできるはずかない(省力化にはなるが)事は7月に「あ~これ先月の協会誌に書いてたな 」でも記載済み。「コンピュータにとって代わるのが難しい職業」どれも人間が「汗水流して働かないといけない」職業です。そして、全てとは言わんが、いわゆる「低賃金で昇給も望めない」仕事が多い。こういう仕事を「無駄で社会に不要」と言い切る論者の神経はどうなのか?と思います。病気になったらどうするんですか?

そう激怒したら、私と同じご意見の方がいて安心しました。

>「はっきり言って、金融業界の人間には一生懸命働いたり、頑張ったりするのをバカにする人種は少なくない。」
>「FXや株、、トレーダーという人種にも少なくないが、これは職種というより人間性の問題ではなかろうか?なんて思ってみたりもする。」

>「繰り返しになるが、頑張って働く人をバカにしたり、貯金やトレードの勝ち額を自慢するような人間は私は『卑しい人間』だと思う。それぐらいしか人として、誇れるものがないのか自分を安心させたい気持ちの裏返しなのかもしれないが。」
>「ホント、この手の人間が増えたなあとつくづく感じる。」

http://forfxblog.seesaa.net/article/448098221.html

私の言いたい事を代弁してくださってありがとうございます。

何度も言いますが「ロボットに代替が利かず、その職業が無ければ社会が機能しなくなる職業についている人の賃金が上がらない社会は絶対におかしい!」です。まずは診療報酬を小泉政権以前に戻せ!自民党!!という事です。

そういいつつ今日も惰性で自民党に投票してしまったポリシーの無い私.....

最近の写真

  • Cimg2017
  • Cimg1996
  • Cimg2016_2
  • Cimg2015_2
  • Cimg2014_2
  • Cimg2013_2
  • Imgp2278
  • Cimg2012_2
  • Cimg2010
  • Photo
  • Pb250697
  • Pb250696