フォト
無料ブログはココログ

ペット

2021年10月24日 (日)

冬支度

夏物の衣類を全部アイロンかけて片付けて、いよいよ冬支度。

Cimg5119

うちのおかめずが最近寒がっているので夏の間は節電のために40ワットのひよこ電球を入れていたペットヒーターを100ワットに交換しました。

Cimg5117

電球一個1,728円。高いんだぞ!

Cimg5118

うおおぉ~!さすが100ワット。煌々と輝いている。電気代高そう・・・💧
Cimg5120 Cimg5122

ヒーターの温度上げるとおかめずがヒーターに寄り添ってきます。ユキちゃんは頭からヒーターの下に突っ込んでいる・・・・こいつら自然界ではどうやって生きていたんでしょうか?

2021年10月 2日 (土)

秋の夜長のおかめず

Web漫画に一応の完結を見た事や、今回の非常事態宣言終了で心に余裕ができたのでおかめずと遊んであげる。

Cimg4940

出してもあまり飛ばないんですね。膝の上に乗ってひたすらカキカキをねだるクロ子とシロ。ユキは触られるのが嫌いで肩にずっと乗っている。

Cimg4941

おら~!俺の相手もしろ!ガン付けるシロ君。

Cimg4943_20211002202901

こんな事されても微動だにしません。信頼関係です。

Cimg4944

遊びに飽きてくると床に下りて餌の袋に歩み寄る。

Cimg4945

ビニール袋をカジカジして「食わせろ~!」この中に食べ物が入っている事をちゃんと認識している!恐るべき知能。お腹が減ってきたようなのでケージに戻すと勢い良く食べ始めました。

Cimg4946

カナリアのみどりちゃん。餌と水を入れ替えるために屋根を外すと「屋根はどこ~?」と騒ぎ始めます。

Cimg4958

屋根を被せてあげると安心した表情。みどりちゃんにとってはこのケージが「自分の城」なんですね。

Cimg4959

手に乗らないことも無いけど、基本みどりちゃんは一人でいるのが好きなようです。

Cimg4960

おかめずの住まい。左がかめ子&みぞれ一家アキクサインコのモモちゃんの住まい。大所帯です。

右がクロ子&シロ一家。里子のユキもこちらに住んでいます。

上がカナリアのみどり宅。そろそろ手狭になってきたのでもう少し大きいケージ買おうと思います。

2021年7月 5日 (月)

複雑な家庭環境が

Cimg4630

我が家のおかめず第2世代。昨年孵化した3号ちゃん「ユキ」(左)と1号ちゃん「太郎」(右)。今回初めて2羽だけで放鳥してみました。

Cimg4633

どっちもオスなんですが性格はむしろメスの2号ちゃん(花子)よりおだやか。けんかすることなく過ごしてくれました。

Cimg4634 Cimg4635

両親(↓)

P7130158

愛情をいっぱい受けてすくすくと育った長男と違い、両親のどちらにも姿が似ていなかった(父ホワイトフェイス、母ルチノー)せいで「こんなのうちの子じゃないっ!!」と両親に拒絶され酷いDVを受けて瀕死の重傷を負った次男

Cimg4637

幸い、シロとクロ子という良い里親がいたおかげでここまで回復しました。血縁関係は無いけど養父のシロそっくりのアルビノ。確かにユキはシロとの「うわきの子」と誤解されても仕方が無い(飼い主の私として、「それは絶対に無い!」と胸張って断言します)。

ちなみにホワイトフェイスとルチノーのカップルでは1/4の確率でアルビノが生まれるそうなので偶然でもなんでもない。ユキちゃんは被害者だ。

Cimg4636

しばらく遊んであげたら両親がいるケージにしがみついて「ぎゃ~ぎゃ~!」と苦情が・・・「おまえら毒親のせいで俺は肢体不自由児になったんだぞ!」と言っているんだと思う。悪かった。ユキちゃん。第4子は助けられなかったし。

もうブリーダーはこりごりです。

2021年6月16日 (水)

花子ちゃん(2号)

うちのおかめずの第2子、花子ちゃん。第1子の太郎君、第3子のユキちゃんと比べて、徹底的な「荒鳥=手乗りでない」です。何でこの子ばかり反抗期なのか?頭抱えています。長男の太郎君、次男のユキ君は1羽で放鳥したらおとなしく肩に乗ってくれるのに。

Cimg4537

今までは家族全員で放鳥するか、お兄ちゃんの太郎と二人で放すか、または単独で放鳥するかですが、全て悲惨な目に会いました。

まあ花子が私を嫌っている事自体はどうとも思わないが、はたして花子は誰と居ると安心するのか?と思い立ち、本日実験してみました。

お兄ちゃんの太郎だけケージに残して「みぞれ(父)」「かめ子(母)」「花子(長女)」で放鳥したら、

Cimg4539

えぇ~?意外や意外。お母さん(左)とくつろぐ花子(右)。びっくりするほど私の肩に乗っています。花子一羽で出したら部屋中飛び回って手に乗らなかったくせに。

Cimg4550

ソファの上でくつろぐ花子(左)、みぞれ(父)、かめ子(母)。

Cimg4552

びっくりしたことに今まで私の肩に乗った事が無かった花子ですが、お父さんお母さんの前では、ちゃんとおとなしく私の手に乗りました。「この人はご主人様なんだからちゃんと言う事聞きなさい!」と両親が言っていると思う(w)。

野生動物ではある程度成長したら「子離れ」の儀式があって親とは縁が切れるけど、人間様の元で飼われていると食事の心配しなくて良いので人間と同様、何年経っても親子の縁は続く。天敵に襲われる恐怖と飢えと寒さに震えながら生きていく自然界と、食事と安全は保障され病気になったら治療してもらえる代わりに「監禁生活」。どっちが幸せか小鳥ちゃんは選ぶ事出来ないんですよね。ですので「飼い主」のエゴですが、この子達の「籠の中の幸せ」は精一杯提供したいと思います。自然界では去年生んだ子供と仲良く同居なんてありえないでしょうから。

2021年6月11日 (金)

ユキちゃん(3号ちゃん)回復日記

昨年11月、母親のかめ子の育児放棄&DVで瀕死の重症を負ったユキ君(♂)(3号ちゃん)の近況報告です。

Photo_20210611214501

右腋と右風切り羽を食いちぎられて瀕死の重症を追ったユキちゃん(11月)。もう助からないと思ったけど、里親のクロ子&シロのあまり熱心ではない看病のおかげで一命は取り留めました。

でも、食いちぎられた右の羽根。生き延びても一生飛べないだろうと覚悟してましたが・・・・・

Cimg4521

奇跡が起こりました!もう生えてこないと諦めていた右の風切り羽根が生えてきたんです。今まで他のおかめずたちが縦横無尽に部屋を飛び回っているのを羨ましそうに眺めて、高いところか飛び降りては墜落して血まみれになっていた可愛そうなユキ君ですが、最近は50センチくらい飛び上がるようになりました。

Cimg4522

腋の怪我も、せっかく治りかけても、痛痒いんでしょうね。治りかけの怪我のかさぶたを自分でかきむしって再出血を繰り返す7ヶ月間でしたが、ようやく出血止まりました。見捨てずに、時には厳しく(笑)ユキをしつけてきたクロ子&シロ夫妻という優秀な里親が居て本当に良かった。この調子ですくすく育ってね💕。4号ちゃんを救えなかったのがかえすがえすも無念です💧。

Cimg4524

「かわいそうで放っておけなかったから面倒見ただけよ!」ツンデレのシロ&クロ子ですが「よその子」のユキをちゃんとお世話しています。おかめちゃんも「困っている子は助ける」という「慈悲」や「愛情」という感情はあるんです。

2021年5月14日 (金)

愛鳥週間

4ヶ月ぶりに札幌帰省で買いだめした鳥のえさ。おかめずがっつきます。今まで不味いえさばかりでごめんね。野鳥の蒔き餌」もとりあえず食べてくれたけど残飯率がハンパ無かった。特にコーングリッツはおかめずに超不評でほとんど残されました💦。安かろう悪かろうですね。こいつら超舌肥えてます。

Cimg4389 Cimg4397

おかめずの好物はMANIAトータルペレット。残さず食べてくれて残飯率が低いので多少高価でもやりがいがあります。

Cimg4395

私は鳥と言えども感情も趣味もある知的動物なんで栄養バランスは大切でもそれ以上に美味しい食事を与えたいと思う。かつて寿命は7歳と言われたセキセイインコが現在10歳以上生きるようになったのもペットの栄養学が進んだおかげだと思うし、その恩恵はわかっています。しかし、自分がおかめの立場になってみたら「カロリーメイトさえ食べていれば栄養バランスは完璧だから」と言われたら発狂するでしょう。やっぱりなるべく自然に近い味と栄養の食事を与えて、足りない栄養素のみペレットで補うくらいで良いと思う。

Cimg4392

今愛用している「トータルペレット」。変に着色や香り付けしていないので地味な色合いからシードと勘違いして警戒感を抱かずに食べてくれます。正直、あまり喜んではくれないけど(美味しくは無いんだろう)、シード食の上にふりかければ残さず食べてくれます。

Cimg4394

以前買って偉い目にあったケイティのペレット食。これ・・・・本当に食えるのか?極彩色のカラーリングにいかにも合成臭漂うフルーツの香り。ジャンクフード臭プンプンです。案の定このままではおかめずも警戒して口にせず、乳鉢ですり潰してシード食の上に振り掛けることで何とか完食してくれました。どうもアメリカ人の食事に関する感覚は日本人とは異なるようで・・・・

Cimg4391

美味しかった~💕。よかったね。
Cimg4387

人間様の食料のほうが安いじゃん。地元小樽の名産「子持ちカレイ」。子供の頃から慣れ親しんだ味です。

Cimg4384

酒とみりんと麺つゆで煮魚にします。母はみりんは使わず麺つゆじゃなく生醤油で煮てましたけど、子供心の私にも「しょっぱすぎる!」と思いました。わたし流のレシピで作ったかれいの煮魚を父に出したら「光紀の煮魚は甘すぎる」と言われた・・・だから高血圧で脳出血で倒れたんだ!!

Cimg4385 Cimg4386

出来上がり~!うんうん、卵にまで味がしみて美味しい💕。これのどこが「薄味」なんだ?十分味しみてるじゃないか!

2021年5月 5日 (水)

GW報告①健康編

本日札幌から小樽へ帰ってきたのでGW中の出来事をご報告いたします。

29日も31日も仕事した疲労が祟ったのか、札幌に帰省して早々熱出して寝込みました。やっぱり相当疲れていた・・・連休に入り気が緩んだ瞬間に身体も安心したんでしょう。寝ていたら数時間で下がりました。コロナじゃないことを祈る。

実家に帰ると、可愛くないネコが実家の周りをうろちょろしている。おかめたちもおびえている。

P5020001

↑こいつ。親子連れらしく3頭いました。母曰く、畑にウンチしては埋めていくんでえらく迷惑している(これがネコババの語源)そうな。夜中中に”ゃ~に”ゅあ~うるさくて眠れなかったので、翌日対策を母に提案。

Cimg4351

翌朝ホームセンターで入手したペットグッズです。左からネコ避け薬。粟穂、イカの甲羅。

Cimg4354

お正月以来のおやつにおかめず達大喜び!「わ~い!おやつだおやつだ!」嬉々として飛びつきます。

Cimg4355Cimg4363

「インコドリル」(新星出版社)より

小樽じゃあなかなか手に入りにくかったからねぇ。我慢させて御免ね。

Cimg4356

で、こっちがネコ対策のネコ避け薬。一箱750円。毒薬じゃありませんよ。念のため。

Cimg4357

中身開けると三種類の香料が入っていました。ネコが嫌がる臭いの元。ワサビ臭、ペッパー臭、ハーブ臭の3種類。ネコが臭いに慣れない様3種類をローテーションするのがコツとある。

Cimg4358

さっそく置いてみる。前庭のつき当たり。

Cimg4359 Cimg4360

駐車場の右と左。

効果の程は・・・・今まで我が物顔に庭の中歩き回っていたネコ居なくなりました。確かに効果はありそう。でも「これ、ずっと買い続けるの、出費なんだけど・・・」それくらい私が買ってやる。

Cimg4361

見てください。左のシミ。これ猫の立ちションの痕です(激怒!)私も散々迷惑しているっ!!

2021年3月 7日 (日)

止まり木交換

冬期間、狭くて日当たりの悪い部屋にず~っと監禁状態のおかめず、フラストレーションが溜まっているようです。

Cimg4260

カナリアのみどりちゃんも最近「ちゃぶ台返し」が日課(w)。

Cimg4266

Cimg4264

くちばしが器用なおかめずでは日常的にやらかされているので(だからひっくり返されないようにガラスや陶器の皿に盛っている)驚かないが、まさかフィンチ類のカナリアでこれやらかされるとさすがに済まないと思います。

止まり木の左端が破断寸前!要交換です。魚眼レンズって便利だなぁ~

Cimg4263

案の定取り外しの最中に破断しました。もうギリギリですね。夜中に破断されたらオカメパニック起こされて鳥籠の中は血まみれになっていました。

Cimg4261_20210307205801

引っ越しの際に札幌から持ち帰ったスペアの止まり木。5年前に作ったことを考えれば最近はおかめずの噛み癖も落ち着いていると言える。

Cimg4262

止まり木を交換する際にここぞとばかりケージから飛び出した太郎(左)、かめ子(中央)、みぞれ(右)。

Cimg4255

連日の弁当作りでご飯にも少々飽きてきたので、久々にパスタ茹でました。女性週刊誌にレシピが乗っていたサンマかば焼きパスタ。茹でたパスタにオリープオイルを垂らしてさんま缶詰を乗せてまぶしただけ。味は、まあ予想通り。天気も良く、朝からゆっくり風呂に入っておだやかな日曜日でした。

2021年2月28日 (日)

野菜嫌いはしつけと無関係

Cimg4226

土曜日も出勤。本日は和食佃煮弁当・・・って買ったお総菜乗っけただけだろ?かろうじてチンゲン菜炒めだけは自分で作りました💧鳥の餌を自分でも食べています。

Cimg4227

なかなか野菜を十分食べていない自分ですが、決して野菜が嫌いじゃない。むしろどんぶり一杯に生野菜食べるのが大好きな自分ですので愛する小鳥たちにもなるべく野菜食べさせています💕。とにかく青菜が大好きなのはカナリアのみどりちゃん。主食なんじゃないかと言うほど食べます。青菜は小松菜ダイコン白菜豆苗いろいろ試してみましたが、やっぱりチンゲン菜が一番喜ばれます。
Cimg4228

オカメインコのかめ子ちゃんも野菜好き。良く食べてくれます。

Cimg4230

第1子の太郎君(左)と第2子の花子ちゃんも母親似で青菜をよく食べてくれます。これ見て私もペレット食への転換を諦めました。自然のままの食材を美味しく食べてくれるならわざわざ人工的に作られたペレットを与える必要は無いでしょう。

Cimg4229

第3子のユキちゃんも青菜は好きですね。DVに合って早々に両親と引き離して里親に預けた子ですが、食の好みは母親からの遺伝でちゃんと受け継いでいます。

Cimg4231

未だかつて野菜を食べたことがないシロ君。まあ筋肉質で立派な体格です。こういう子がいるのでペレット食はやめることができない。犬や猫のペットフードを見てもわかる通り、毎日ペレットじゃあ同じ味なので飽きるのはわかるのでなるべく自然のままの食材をあげたいとは思ってます。いくら栄養的に完璧でも毎日カロリーメイト食わされたら私だって発狂しますから(w)。オカメインコは味がわかるという事は8年間育てていて心底痛感しています。クロ子ちゃんなんか一度おでんの汁に味を占めたらわずかなスキを狙っておでんの皿に飛びついて汁をがぶ飲みするようになって矯正に非常に苦労しました💧。

良く「うちの子は野菜を食べてくれなくて・・・」と大昔から親御さんの悩み事ですが、それは断じて親御さんの食育が悪いわけじゃなくて持って生まれた「個性」なんですよね。分け隔てなく育ててきたおかめずでも野菜好きと野菜嫌いはこれだけはっきりしているんだし。

私の父も良い年して死ぬまで野菜嫌いを公言してましたが、今の時代は良いサプリメントもあるわけですので、野菜が食べられない大人に無理して野菜料理を無理強いする必要は無いとも思います。父もあれだけ不摂生していたのに平均寿命近くまで生きていたわけだし。野菜がどうしても食べられないのでビタミン剤を呑むというのも、まあ飲まないよりはマシでしょうし(私は絶対そんな不毛な食生活したくないが)。

2021年2月21日 (日)

カナリアちゃんはヒッキー

我が家のカナリア、みどりちゃん。

Cimg4218

野生種のままの色なんでとっても地味。見ての通りカナリアでは珍しい手乗りでオカメインコほどではないけどカキカキもさせてくれます。

Cimg4219

でも出してあげてもすぐにケージに戻ってしまう。「早く入れてよ~!」

Cimg4220

屋根に乗ったら

Cimg4221

自分からケージの中に入ってしまう。これがほんとの「籠の鳥」。やっぱり生まれたときから籠の中にいる鳥は籠の中が一番快適なんでしょうか?

より以前の記事一覧

最近の写真

  • Photo_20211025220001
  • Cimg5123
  • Cimg5124
  • Cimg5125
  • Cimg5126
  • Cimg5127
  • Cimg5129
  • Cimg5130
  • Cimg5131
  • Cimg5132
  • Cimg5133
  • Cimg5134