フォト
無料ブログはココログ

旅行・地域

2023年1月22日 (日)

東京観光最終日(4日目)

続く1月2日。この日が最後の東京滞在。せっかく浜松町に泊ったので箱根駅伝を観戦します。

2023

大規模な交通規制が敷かれているのに通り過ぎるのはあっという間でした。それでも、今までTVでしか見たこと無い箱根駅伝をこの目で見られて満足です。

ホテルを引き払って残りの荷物は宅急便で先に小樽に送り、自分一人で最後の東京観光をします。

P1020276

ついに、念願の東京スカイツリーに登ります!見ての通り天気は快晴!

Imgp2792

特別展望台行のエレベーターに並ぶ観光客。1月2日という事もあり、それほど混んでなかったです。

Imgp2795

特別展望台。何故上り坂?そう、特別展望台はらせん構造になっていて上り坂なんです。つまり、「一方通行で、1周したら早く降りてね!」という事。あまり長居する場所じゃないのはわかった(これは東京タワーの特別展望台にも言える事だが)。

Imgp2800

一般展望台に戻って地上350mの展望レストランでカレーライスを食べる。最高の気分でした!

Photo_20230122215701

東京スカイツリーの影です。どんだけ高いかお分かりかと。前方に見える腐海の瘴気のような不気味な黒い影は雲の影です。ここまで高いと雲の影さえも視認できる!!

P1020295

一般展望台ですら350mの高さですので全長333mの東京タワーを下に見下ろしてます。

P1020291

浅草寺が箱庭のよう・・・

P1020292

東京ドームがぺったんこに見える。

P1020293

ウ〇チビルえびすビルがビルの間から見えます。

P1020296

一通り見終わって東京土産も買った所で下山します。下では書初めしていました。流石正月。

P1020297

せっかくここまで来たのだからスカイツリーから見えた浅草寺に足を延ばしました。

P1010488

 境内は超混雑で賽銭箱には近づけませんでしたが写真は撮れましたよ。・

P1010489

ご存知仲見世。魚眼レンズが大活躍。

P1010493

浅草寺で初もうでをしたところで東京観光もシメと行きます。これだけ見れたらもう十分かな。

P1010496

千歳でトラブルもあったので用心して離陸の2時間前に羽田に入ります。携帯もデジカメもほとんどバッテリーが切れかけていたので空港のコンセントで充電。帰りはスムーズに飛行機のチケット貰えました。

P1010497

帰りの飛行機の中。次に東京来れるのはいつかな~~!?楽しい夢のような4日間でした。

東京観光3日目(2)

続いてお台場へ向かいます。

P1010457

自由の女神!レプリカなのに外国人観光客が盛んにシャッターを押してました。

P1010459

背後から!フジテレビの正面ですね。

P1010460

東京湾をまたがるレインボーブリッジ。青空の中に映えます!!私が初めて東京来たのは小学1年生の1978年。宇宙博の時。あの頃から比べたら東京の空も海も川も本当にきれいになりました。人間、捨てたもんじゃないですね。今の日本が世界に売り込む技術はこの「大気浄化」「下水処理」の技術だと思うのですが・・インドネシアから日本の下水処理の技術を学びに来た留学生も言ってました「私の夢は故郷の川に蛍を戻すことです」って。

P1010464

おおっ!リアルエヴァンゲリオン!!空き地だらけだった45年前と比べると夢のようです。

P1010468

Q氏のご厚意で実際にレインボーブリッジを歩いて渡りました。東京湾を歩いて渡るなんて一生の思い出になりますね!

P1010471

箸の一番高い所は海抜60mになります。ちょっとした展望台ですね。

P1010472

橋の下を水上バスが渡っていきます。元日なのに乗客で満員!!

P1010475

歩いて東京湾を渡れるなんて信じられません!渡り切って箸を振り返ると頭上に月が!!まるで私を歓迎してくれているかのよう。

P1010481

「そんなに喜んでくれるんだったら乗ろうよ!」とQ氏が意外な提案を!これ、松本零士先生がデザインしたんですよね?

歩いたら1時間くらいかかった旅路も水上バスならあっという間です。行は徒歩、帰りは船で東京湾を往復したんですね!

Imgp2772

上陸後は「正月ちゅうは割引サービスあるから映画を見よう!」と元日早々映画館へ。一緒に「すずめの戸締り」を見る。とってもせつなく、後味の良いエンディング。

Photo_20230122182101

劇中の芹澤くんを見て「私のめるちゃんだって走りながら屋根閉めたらああなりますよ」とボソっと・・・実車を持っていると説得力が違う(w)。

Imgp2773

晩飯はチゲナベで〆て本日は終了。Qさんともこれでしばらくお別れとなります。二人で再開を誓いあいましてこの日はホテルに戻りました。

 

東京観光3日目(1)

本日、小樽では列車が凍結して運休、岩見沢では大雪で運休と言う大変な騒ぎの中札幌市内の発達障害児施設に見学に行きました。が、うまく言葉で説明できないよくわからない理由で「ご縁があればまた来てください」と要するにお引き取り願われました・・・詳しくは書きません。まあそれでも30年ぶりに小児の施設を見学できたのは楽しかったですよ。実習時代を思い出すなぁ。

Imgp2857

ではコミケ後日談の続き行きます。元日は親友のQさんが3年ぶりの東京観光案内して下さるとの事で好意に甘えました。

P1010422

昨晩泊まった東横イン天王洲アイル店。東京在住中ここが一番良いホテルでした。

Imgp2751

まともな朝食出るし。

Imgp2752

支配人の趣味?食堂にトライアンフのスポーツカーが飾られてました。良い趣味ですね。

P1010428

浜松町とくればここ。増上寺と東京タワー。ここで初詣でしました。東京で年越ししたのこれが初めて。

P1010431

ちょうど猿回しさんが大道芸を披露してまして。楽しめました。ちゃんと見物料払って来ましたよ。

P1010449

最初に連れていって貰ったのが愛宕神社の急階段!

P1010451

そばに愛宕山NHK放送博物館があります。30年前に見学したなぁ。元日なので今日は休み。映像・放送に興味がある方はぜひ見た方が良いです。

P1010454

ビックリするほど小さな日比谷神社。ここでも初もうでします。こんな狭いのに社務所に人がいるので2度ビックリ!

P1010456

「ウマ娘」じゃない、JRA本部。威風堂々としたたたずまい。早くも魚眼が大活躍。10枚画像貼ったので一度締めます。

2023年1月21日 (土)

ほろ苦いコミケ終了

ううっ!疲れた、土曜日なのに午後4時まで働いていました。殆どフルタイムじゃないかっ!本当に酷い職場だ。何でこんなに辛いのに働き続けているかって?厚生年金切らしたくないのはもちろんだが、東京で買ったハンザキヤノンの支払いがああぁ~~!!

P1010498_20230121210401

あ、でも昨日小樽市内の老舗病院に面接こぎつけました。リハスタッフ全員女性でしかも5人しかいないので体重が重たい寝たきり患者様を起こすのに男手が欲しいとの話。かなり面接の感触は良かったです。で、明日も札幌市内の発達障碍児施設が私と会いたいとオファーが来て、仕事終わってクタクタなのにこれからまた履歴書描かないといけない。寝られん!おまけに大雪と来た。めるちゃんで面接先に行くには除雪しないと・・・

で、久しぶりに上京日記の続き行きます。売れ行きは決して良くなかったけど、私の同人誌をお買い上げ下さった皆様は皆さん驚愕のコメントをされ、しかも「レモン社」様から委託販売のオファーまで来た。カメラ島や情報・評論島の皆さんともお互い手に手を取り合い来年の再開を願いました。残りは、膨大な在庫と印刷代の支払いだな・・・・

Imgp2744

浜松町の中華居酒屋で一人でほろ苦い祝杯をあげます。朝昼とロクなもの食べていないだけに(参照↓)

Photo_20230121212601

↑朝飯

Photo_20230121212702

↑昼飯

作り立ての料理と冷たいビールが胃に染み渡る~~!

Imgp2745

ビール」1杯ハイボール2杯、鶏唐揚げと枝豆、〆にラーメンまで注文してもたったの2千円!?異常な安さだ・・・北海道より安いんじゃないか?東京が外国人だらけになる理由が分かりました。

Imgp2746

大晦日の宿が見つからないまま上京してしまった私ですが、親友Q氏が浜松町の隣、天王洲アイルの東横インが開いていると教えてくれました。朝食付きで9.500円なんて!?何でネットで見つけられなかったんだ?自分!!

Imgp2747

おかげで大晦日の番、ホームレスにならずに済みました。大晦日の晩にホテルで見たのは紅白歌合戦じゃなくFate/GlandOrder(笑)。セイバーちゃんですね。

Imgp2748Imgp2749_20230121211901

こっちはセイバーを一方的に敵視しているライバルキャラのアベンジャー、ジャンヌ・ダルク。って、最初は私セイバーの正体はジャンヌ・ダルクだと思ってました。遅すぎる登場ですよね。

昨日まで泊まっていたホテルと違ってこっちは暖房使い放題。朝食食べ放題…私はこんなにボラれていたのかっ!?3年間も東京来ないと本当に浦島太郎になるなぁ…Q様本当にありがとうございましたっ!!

熱い風呂に浸かって体を温めぐっすり熟睡し、明日の東京観光に備えます。枕元にハンザキヤノン置いて。興奮して眠れんっ!!

2023年1月15日 (日)

3年ぶりのコミケ参戦記4

そしていよいよ決戦の時!12月31日。満員のゆりかもめに乗って東京ビッグサイトへ向かいます!!

P1010406

東京ビッグサイトを撮るためわざわざ北海道から魚眼レンズを持ってくる私・・・まあ、その後浅草寺や東京スカイツリーでも活躍してくれますが。

一般客が夜明け前から行列を作っている中、

Imgp2724

サークル参加者(出店者)はガラガラに空いた入り口から入れます。なんか、すっごい優越感!!

Imgp2727

急いで慌てて出店の準備しているとお隣から「まだ開場まで2時間もあるから慌てなくていいよ!」と優しい声。見たら3年前の冬コミで「あなた増田さんですか?北海道から来たんですかぁ?」と尋ねてきた直進ヘリコイドさんでした。「あ、私の事覚えていますか?」と聞いたら当然といううなづき。これはもう絶対偶然じゃありませんよね?狭い世界ですから(笑)。今回「カメラ島」じゃなく「情報・評論島」へ配置されましたが、直進ヘリコイド様、セラフィム様、トッカリ光学様等々カメラ関係のサークル様も大勢集まっていたので安心できました。

Imgp2728

「慌てなくて良い」とのアドバイスで頭冷やすために自販機のお茶買いに行く。ここでは自販機もこうなのかい・・・・

Imgp2729

一般客が入場できない時間なのにすでに長蛇の列。誰なんだろうと思ったら「Aiが止まらない!」「ラブひな」の赤松建先生でした。納得!

Imgp2730

出店者じゃなきゃ絶対撮れないブース側から見たお店です。

Imgp2731

3年前の経験でトイレで懲りたので出店中の食糧と水はこれだけです。おかげで体重2kg落ちたわ・・・

P1010413

いよいよ10時半!一般客入場の時間です!!

まあ私は赤松建先生のようなビッグネームじゃないので正直売り上げはショボい…でもお隣の直進ヘリコイドさんが「最初はこんなもんだよ。一通りブースをめぐってから狙いの本買いに来るから勝負は午後からだよ!」と。実際お昼過ぎたあたりからぼつぼつ売れ始めてきました。そういっても大した数じゃないですが。

Imgp2735

↑レニングラードなんて久しぶりに見たぜ・・・

渾身の力作のつもりだったから100冊も刷っちゃったけど、売れないなぁ・・」と多少落ちこんでいたところで親友のQ氏が陣中お見舞いに来てくれました。「お店番してあげるからカメラ島に行ってきなよ!」あ、あじがと~ございますぅ~!!

Imgp2736

「ズームイン東京」さんが持参されたフォクトレンダーズーマー。おぉ!私がズームレンズ本で表紙に選んだレンズだ!!余りの偶然にお互い手に手を取り合って感動しました!!私が描いた通りフォクトレンダーズーマー、解放からピントは良かったですね!。本当に言われるほど酷いレンズじゃないですよ!絶対に!!

Imgp2737

私が北海道から持ってきたパンシノール兄弟と一緒に記念写真。「なにこれ?」「初めて見た・・」「どうやって使うんですかコレ?」とカメラ島でも大ウケ。私だって自分で買うまで見たこと無かったわよ!

Imgp2740

結局、売れた本とカメラ店にサンプル配布した本、物々交換した本合わせると東京に持ってきた本の1/4がさばけたことになります。マジでこんんな心境・・・

Photo_20230119225801

これでも、個人サークルでは売れた方らしい(参照)。印刷数50部くらいにすれば良かったのかなぁと一瞬思ったけど、今回の冬コミ参戦のおかげでレモン社様から委託販売のオファーが来たんですから在庫を全部売り切ることも絶望的じゃぁないでしょう。今回の冬コミ、自分では「80点」の成績だったと思います!。

3年ぶりのコミケ参戦記3

まだまだカメラ探しの旅は続きます!

Imgp2704

「そろそろ腹減らないか?」Q氏のお誘いに乗ってウナギ屋の屋台に入ります。寒冷地の北海道ではこういう屋台形式の飲み屋さんはほぼ無いので新鮮な経験。美味しかったですぅ!。

Imgp2705

腹ごしらえしたところで再びカメラ散策。

Imgp2707

「え”!ツァイス・イコンこんなに値上がりしている!新品時は15万円だったのに!?」

Photo_20230115194901

「ああ、コパルスクエアシャッターもう生産停止で作れなくなったからね」とのQ氏。・・・手放さなくて良かった~~!(こればっかだな)。

Imgp2708

そしてついに!そしてついに!!レモン社様支店でめぐり合ってしまった悪魔!!ハンザキヤノン様ですぅ~!もうこの値段じゃあ絶対に手に入らないっ!!今まで一度も使ったこと無い(ネット通販では拒否られる)アメックスのゴールドカード一括で切ってしまいましたおバカな私!!

Photo_20230115195001

本当に支払えるのか?(無理ならツァイス・イコンとミノルタTC-1リミテッド手放せや!←嫌です!!)。

Imgp2710 Imgp2711

まあ、他のお店見ても(というか、探せば複数見つかるというのが東京と言う街の恐ろしさだ!!)私の買値は破格だったので後悔はしていません。レモン社さんとも仲良くなれ同人誌の委託販売のオファーに繋げられたし♡。こちらはラッキーカメラ様で発見。

Imgp2713

親友Q氏はビオター58ミリF2を入手されました。お互い収穫があって良かったです。

Imgp2712

ホテルに戻った後、先走り過ぎた興奮で夜も眠れなくなりました!!こんなんで翌日の冬コミ参戦できるのか?

次は31日の冬コミ会場のお話に移ります。

3年ぶりのコミケ参戦記2

「ううっ!選択の余地が無かったとはいえ酷いホテル選んでしまった。素泊まりで朝食も出ないし!」

Imgp2676

昨日チェックイン前にローソンで買ったサンドイッチと野菜ジュースで侘しい朝食。この半日温かい物食べてない・・

Imgp2677

翌日、親友QUARTET氏と待ち合わせの場所へ向かう。おぉ!新幹線!!東京着たことを実感します(あと7年で小樽にも来ますから!?)。

Imgp2679

はとバス!北海道では全滅した二階建てバス、東京ではまだ走っているんですね!。

Imgp2680

「東京の珍しいカメラ店巡りたい!」とのわたしのリクエストに最初に連れていって貰ったのが銀座の「レモン社」さん。ミノックスが流行っていた頃、ミノックスを並行輸入で安く売っていたので学生時代は良くお世話になったお店です。

Imgp2688

続いて私が熱望した「フォトベルゼ&極楽堂」様。ここ、2021年にCマウントの「コズミカペンタックス12ミリF1.2」を購入したお店です。店主様、たった一回の買い物だったのに私の事覚えていましたね。

Imgp2692

店内は北海道では考えられない程の「お宝の山」(価値が分からない人にとってはただのガラクタ骨董品)。しっかしキヤノン50ミリF0.95今ではこんなに値上がりしているとわっ・・!

Imgp2694

コンタックスがもう捨て値で!?私がヨダレ垂らしていると「ああ、それ、もうジャンクだから!」と店主様。良いお店だと思った。

Imgp2695_20230115184301

ダルマさん・・・こーゆーモノが平然と並んでいるのが東京の恐ろしさである。

Imgp2699

ねだって連れていって貰ったんですがQさんの琴線にも触れたらしくM42(プラクチカ)マウントのレンズ物色されてましたね。良かった良かった。

Imgp2700Imgp2698Imgp2697

え”~~!!今この子たちそんなにするの?父の遺品手放さなければ良かった(詳細)。
ミノルタTC1黒ボディは今も手元に残しています。売る気ないけど(資産にするつもり無いくせに←デジカメWATCHの「カメラバカにつける薬」引用)。

Imgp2701

トドメはRTSのゴールドボディ。今回はこの辺でシメます。

3年ぶりのコミケ参戦記1

遅ればせながらやっとコミケ参戦記公開します。本当に吹雪と吹雪の合間をぬった上京でした。寸前まで東京行けるかどうかすら疑いました!

Imgp2668

職場から直接千歳に向かったのでマトモな食事すらしてません。もうこの時間帯では千歳空港の食堂も閉まっている。かろうじて開いている売店でおにぎりとビールを注文します。

P1010401Imgp2671

三年ぶりに飛行機に乗ったら、やっぱりというか、随分手続きにテコずりました。スカイチケットさんからメールで送られたコードNo教えても通じない!?これ私の記憶間違いですね。携帯電話の番号と運転免許見せたらやっとチケット貰えました。手続きに30分かかったよ。本当に旅行しないと旅行下手になるよな。

Imgp2670

行きの飛行機はAIR DOのボーイング767。吹雪の影響で15分ほど遅れました。

Imgp2672

機内食に出た「ホタテスープ」カップヌードルシーフード味とそっくりの味がしました。

P1010402P1010403

八時半離陸の飛行機なので浜松町に着いた頃にはもうPM11時半。もう寝るしかありません。

Imgp2675

夕食は翌日30日になりました。ローソンのカレーライス。侘しい・・・

幸い先に早急便で送った同人誌はすでにホテルに届いていました。後は寝るだけ。このホテル泊まって驚いたのは建物がカタカナの「コ」の字型していて玄関前は全部吹き抜け。階段も廊下も全部屋外に露出しているんです!そりゃ寒いわけだ!北海道じゃあ絶対考えられない設計です。

しかも暖房がはめ殺しになっていて宿泊客が温度の上げ下げを設定できない!!信じられない!!おかげでモモヒキ履いて布団の上にコート被せて寝ました!寒い!!

翌日のために早く寝ます。

2022年9月11日 (日)

小樽クラシックカー博覧会しょの3

一応展示車全て見た後外を見ると、一般駐車場の方がよっぽど旧車展示場になってんじゃないか。もうこのイベントは北海道じゅうの旧車愛好家の聖地となっているんですね。

P9110189

駐車場に入れるクルマの数は限られるので、だから頻繁に外に出て市内をパレードしているのか。

P9110197

ものすごい爆音を上げて走り去るケンメリGT-R。赤いのは初めて見た。

P9110198

スーパー7。この子は小樽で暮らしていると割と頻繁にすれ違います。小樽市内のオーナーなのかな?

Photo_20220911151601

「こち亀」で両さんが残念巡査に無理やり購入させるんですよね。この時点で秋本先生、「スーパー7にスズキのエンジン載せて軽自動車規格で日本で売るべきだ!」と提案しているんですよ。ウソから出た誠。本当に実現しました。

P9110199

VWの初代シロッコ!?これまたマニアックな。日本人でシロッコ乗っている人は本当に希少だと思う。

P8280107_20220911154201

↑これが私の愛車めるちゃん(R170)。車齢25歳だからもう十分クラシックと言えるでしょう。上の初代シロッコと同様、この子も実際の生産はカルマン社に委託(丸投げとも言う)してました。この超複雑なヴァリオルーフのせいで原価割れ販売となりカルマン社倒産の原因となったそうです。ごめんね!カルマン!!

来年はベンツオーナーの方ももっと出展して欲しい!特に札幌東区界隈はめるちゃんのオーナーがやたらと多い。私もめるちゃんだけの走行会してみたいです!

小樽クラシックカー博覧会しょの2

前回の続き行きます!

P9110177

このあたりからだいたい私のリアルタイム世代になるのでほっとする。初代RX-7サバンナ。オイルショック後のバッシングで「ロータリーエンジンもこれまでか?」と思われた中での奇跡の発売。米国の「デイトナ24時間」で大暴れしました。1978年当時(私は小学1年生)「父が「今度マツダがRX-7っていう凄いスポーツカー出すんだぞ!!」と興奮して話していたのを覚えている。10歳早く生まれていたら私は絶対これの希薄燃焼タイプ(やっぱり燃費は怖いので)を購入して日常の足に乗っていた。今でも好きなデザインです。

P9110178

え?このオート3輪のキャンピングカーは!?お久しぶりです。4年前に厚田でお会いしましたね。まさかまた会えるとは!やはりオーナー様、この車で当時北海道一周の旅に出かけられていたそうです。いいなぁ、私も定年退職迎えたらめるちゃんで日本全国回りたい。

P9110179

定番中の定番!マルーンの240ZG!私が生まれた年のクルマです。今見てもゾクゾクする程カッコ良い。今だったら1000万円くらいするんじゃないだろうか?

P9110180

240ZGの1世代前のフェアレディ2000。この子は張碓峠で出会ったことあります。同じオープンカーということで親近感を感じました。

P9110181

めるちゃんとマスタングのマッハ1。アイアコッカさんは「痩せた野生馬がマッハ1でブタになった!」と「闘魂の経営」の中で酷評してましたが今やだれもが歴代最高のマスタングと言えばコレを上げるでしょう。漫画「ガンスミスキャッツ」での活躍が痛快でした。

P9110192

ベンツ280SL。歌手の坂本九さんの愛車でした。こんなに広い会場なのにめるちゃんは2台しか無かった。旧車の分野ではベンツは人気無いのか(そんな事ない!)。

P9110184Photo_20220911142801

出た~~!!マルゼンスキー嬢の愛車!カウンタック!!やっぱり異彩を放っていたのは2台のカウンタック!!やっぱりスーパーカー世代にはコレですよねっ!!よくコレ小樽まで自走してきましたね。私だったら怖くて車庫から出せない。

P9110187

仏車ファンの間でカルト的な人気を持つシトロエンDS!ハイドロニューマチックという油圧で車高を変えられるという魔法のシステムを持っています。しかもブレーキはインボードブレーキ!!何から何まで独創の塊のクルマでした。

P9110190

これはもう定番中の定番。大人気アニメ&マンガ「イニシャルD」のレプリカモデル。AE86トレノです。私が中学生の頃は免許取りたての若者が最初に乗るクルマという程度で意識さえしてなかったんですが、こんなに有名になるとは思わなかった。

P9110193

直射日光が暑いので涼みに博物館内に入ると、やっぱり予想通りと言うかSLしずが号の前に「ゴールデンカムイ」の色紙が展示されていました。

P9110194

多分この色紙を描いた時点で鶴見中尉との最終決戦の場はここにしようと決めていたと思う。

P9110195 P9110200

だって劇中に登場するのも同じ「6号車」!!

Photo_20220911143001

実写映画化が楽しみですね、アシリパさん。

まだ続くぞ!

より以前の記事一覧

最近の写真

  • P1020276
  • Imgp2792
  • P1020291
  • P1020292
  • P1020293
  • Imgp2795
  • P1020295
  • Imgp2800
  • Imgp2805
  • Photo_20230122215701
  • P1020296
  • P1020297