フォト
無料ブログはココログ

旅行・地域

2021年10月 7日 (木)

小樽市総合博物館その2

小樽市総合博物館続き行きます。

Cimg5001

お隣の余市が毛利衛さんの出身地だからでしょう。JAXAからH2Aロケットの模型が展示されています。

Cimg5003

手宮線工事に使われた測量器具。

Cimg5004

明治時代の望遠鏡と矢たて。光学機器となるとがぜん興味が沸きます。長いです。これ持って道なき道を歩くの大変だったろうなぁ。

Cimg5040

どれくらい大きいかと言うと、体感的にこれくらい(卒業証書)。

Cimg5005

博物館の売店で売っていた蟹工船のペーパークラフト・・・・あまり飾りたくないなぁ💧
「プロレタリア文学」ってインテリを気取った肩書きなのでつい敬遠しちゃいがちな「蟹工船」ですが、すごく薄っぺらい文庫本で中学生でもあっという間に読み終えちゃいます。正直「文学」なんていう本じゃない。痛快な大衆娯楽小説(カOジとか闇金ウOO”マくんに近い)なんですけどね。まあ、海軍や天皇陛下の悪口書いたのはマズいと思う。海軍なんだから暴動鎮圧は当然の業務だし。

お坊ちゃんで世間知らずの小林多喜二は、現実のスターリン政権下のソ連がどんな地獄だったかも知らずに脳みそお花畑的に共産主義を「地上の楽園」と思い込んでいたフシがある。多分絶対、蟹工船も実際に乗船して取材なんかしないで空想で書いていたと思う。網走刑務所の脱獄王として知られる白鳥由栄は蟹工船での勤務体験を「1回3か月の航海で1年間は生活できるほどの給料が出た」と語っている。そんなに待遇が悪かったら、リピーターなんか現れるわけが無く、船の悪評が広がって次の操業ができなくなるでしょうし。

Cimg5006

小樽市総合博物館の向かい側にあるのが史跡の「手宮洞窟」。でも今回の緊急事態宣言に便乗して改修工事中なので中に入れず。「かわらぬものは古代文字~」という歌があったけど、これ、文字じゃなくて「絵」だと思う。おそらく、古代人が村祭りの楽しかった思い出を絵に残したくて彫ったんじゃないかな?古代オホーツク人は。絵のタッチの類似から見て余市のフゴッペ洞窟と同じ作者だったという説もある。

Cimg5031

晩飯は宗八カレイの煮魚。え?干物じゃなくて鮮魚の宗八って初めて見た。さすが小樽。お魚図鑑ではソウハチは生では臭みが有って不味いので干物にされるとあったんだけど、鮮魚で食べて大丈夫なの?と思いながらも1尾100円(!)の安さに釣られて2尾買って煮魚にしたら、あら美味しいじゃん。お酒と醤油で煮込んだら臭みなんて感じません。ちょっぴりぬめりのある独特な食感がクセになります。美味でしたよ。何事も「百聞は一見にしかず」なんでも先入観に惑わされずに挑戦してみる事ですね。血圧が心配なので最近はおかずが多いときは味噌汁を作らずほうじ茶にしてます。主治医の話では私の高血圧は家族性(祖母も父も脳出血で倒れた。叔母も高血圧だった)で、腎臓の機能が弱いとの事。なかなか薬が効かず「こんな頑固な高血圧も珍しい!」と妙に感心されてしまいました。3回薬変えて1日3錠飲んでやっと最高血圧130台に下がりましたが、今の薬相当強いらしく日中立ち眩みします。

2021年10月 4日 (月)

小樽市総合博物館

小樽市総合博物館(旧小樽市交通博物館)へ行って参りましたので画像報告。

Cimg4984

ここは元国鉄手宮駅跡地。北海道の鉄道発祥の地ですので事実上鉄道博物館です。

Cimg4985

緊急事態宣言解除に伴い10月1日から営業再開しています。

Cimg4986

北海道って言ったらやっぱりコレ↑。ゴールデンカムイ。ひと時明治時代の北海道にタイムスリップです。

Cimg4990

入り口にはいったらすぐ目に飛び込むのがSLしづか号。弁慶号義経号と共に北海道を最初に走った蒸気機関車のうちの1台。幼稚園の頃に絵本で読んだ記憶がありますが、まだ現存しているとは・・・

Cimg4989

現物を見たらびっくりするほど小さい。となりの観光客の方と比べてみましょう。縮小模型かと思いました。

Cimg5000

後ろに連結された一等車を見たら実物である事がわかります。明治時代と言うことを考えれば相当豪華な内装です。本当にゴールデンカムイの世界にタイムスリップした気分。

Cimg5002

手宮トンネルと高架の建設風景ジオラマ。重機どころか馬車すらなく全部人力です。よく作ったな明治時代の作業員!!

Cimg4991

しづか号は静態保存ですが屋外のアイアンホース号は実際に試乗できます。

 

Cimg4993

目の前で蒸気を噴出しながら動き始めるアイアンホース号。「生きている」蒸気機関車です。

実はこの子数年前、故障して動けなくなり修理に500万円がかかるので寄付を募っていたんです。今無事に走っているって事は寄付金500万円集まったんですね。良かった良かった(私は払ってません)。

Cimg4995

他にも苗穂工場で見たロータリー車や

Cimg4996

ラッセル車など、除雪車両が多く展示されているのがいかにも北海道。もうこの子達の役目はディーゼル除雪車に引き継がれて博物館で余生を過ごしています。自力では動けないので機関車に押してもらうんです。

Cimg4998

北海道初の鉄道が手宮線ならば、北海道初の電化区間も小樽⇔札幌間。その記念すべき初電化区間を引いたED75改です。今では完全に電車に移行し電気機関車は北海道では見ませんが(ELのパワーが必要なほどお客がいない)、寒冷地の北海道に合わせて特注設計されたそうです。

鉄道については一般常識程度の知識しかないのでボロが出ないうちに退散します。

2021年8月22日 (日)

小樽散策

ラーメン一杯でお腹一杯になったので腹ごなしに小樽市内を散策しました。せっかく観光地に住んでいるので小樽に引っ越して10ヶ月、観光なんておたる水族館くらいしか行ってないのはもったい。せっかく無料で観光できるのに。

Cimg4788

旧日本銀行小樽支店。現小樽金融資料館ですが、ここもコロナ自粛で閉館中!がっかり。さすがに事の重大さを感じます。

Cimg4789

札幌にすら無かった日銀支店が小樽に有ったということからも往時の繁栄振りが伺えます。戦前は「北のウォール街」と呼ばれていたとか。

Photo_20210825201001

ちなみに2002年に小樽の日銀支店が閉鎖された後に引っ越した現在の日銀札幌支店。どう見ても小樽支店の方が立派なんですけど・・・・

Cimg4790

やっぱり屋外を散策するのが無難か。旧手宮線遺構。北海道最初の鉄道ですが1985年に廃線になった後も線路は残され遊歩道となっています。カップルのデートコースの定番。このカップルは撮影目的のようで、この後彼氏(?)が立派な一眼レフでポートレート撮ってました。

Cimg4791

わたしも廃線直後は、列車が通らない踏み切りでついつい一時停車してしまってました。現在は舗装道路上の線路は撤去されているので流石に間違わなくなりましたが・・・

Cimg4675_20210822161601 P8220579

CマウントのソニーTVズーム12.5-75ミリF1.8作例。スクエアフォーマットにするとそこそこ使えます。マイクロフォーサーズ純正レンズには無い古典的なふんわり感があって、それでいて単焦点系のパシュポみたいに意図的に低画質を演出したわざとらしさが無くって良いです。実はCマウントのレンズでこれが一番気に入っていたりして。

Cimg4794 Cimg4795

現在はここで線路はぶった切られて終了していますが、かつてはここに陸橋が架かって道路を跨って反対側に繋がっていました。

Cimg4797

道路の反対側。ここから先の線路は撤去済みです。右の「政寿司」は小樽の老舗料亭。私の職場の忘年会の定番でした。んはあああぁ~!このコロナ禍が起こる前の私は何て罰当たりな酒池肉林を享受していたんでしょ!!

Photo_20210823202201

自分自身の過去のブログ見ても信じられない・・・政寿司さん、今今どうやって生計立てているんでしょう。

2021年4月24日 (土)

お値段以上ニトリ

前も書いたけど、家具のニトリが小樽オタモイ海岸の再開発を提案して小樽商工会議所の5千万円の寄付をしたお話、今月号の道民雑誌「月刊クォリティ」で紹介されていました。

Cimg4332_20210424164501

ケーブルカーにプレジャーボ-ト乗り場まで提案してますニトリ家具。

Cimg4333_20210424164101

コロナ騒動が収束した後の小樽観光の目玉にしたい!と語っています。

Cimg4334_20210424164301

あたしも超応援してます。昨年の小樽引越しでもずいぶんニトリにはお世話になりました。今回のコロナ騒動による「引きこもり需要」でニトリかなり儲かっているとか。「ずっと家に居るんだから絨毯替えよう」とか「カ-テン換えよう」とか家具の代換需要が増えたらしい。まあ私も今回の小樽引越しにはコロナ騒ぎは多少なりとも影響しているので私もニトリさんの売り上げには微量ながら貢献している。

2021年3月 2日 (火)

小樽市民にはちょっと嬉しい記事

Cimg4242

本日のお弁当。タコさんウインナーは昭和の味💓ハートマークはキモいからやめろ!

先週金曜日に小樽市民としてはちょっと嬉しい記事があった。

Cimg4225

北海道新聞2021年2月27日朝刊。

オタモイ海岸を地元企業のニトリ家具が5000万円を寄付し再開発を提案」

オタモイ海岸って?小樽の海岸にある断崖絶壁で昭和30年代まで「竜宮郭」っていう旅館と遊園地があったんですが、火事で焼失して以来手つかずのまま放置されていました。

Photo_20210302235301

がけ崩れがあってから立ち入り禁止になっているですが、その前に両親と一緒に行ったことがあります。よくこんなところに旅館立てたな~と感動しました。

Photo_20210302235501

これは今も現存しているはず。「龍宮郭」入口の門。消失前のオタモイ遊園地に入ったことがあると父は生前証言していた。職場のお年寄りから証言を聞くと「オタモイの海水浴場は子供の頃行ったことがある」という証言が聞かれました。

Photo_20210303000101

風光明媚。絶景ながら、21世紀の今に至るまで再建されない理由も実際に行ってみたらわかりました。秘境すぎるんですよ。まるで「黒部の太陽」に出てきた日電歩道みたいに。

Photo_20210303000001

この映像の歩道はまだマシな方で、本当に手すりや岸壁にしがみ付かなければ歩けないような歩道もありました。自動車なんか絶対に入れない。こんな断崖絶壁に旅館や遊園地や食堂を建てて、いったい食材をどうやって運んだんだろう?「黒部の太陽」みたいに剛力を雇って人海戦術で運んだんでしょう。そりゃあ、今まで手付かずだっただろうと当時思いました。

でも、その労力を推してでもここに来る価値がある絶景です。今の技術で自動車が通れる道路や駐車場を整備するだけでも観光名所に返り咲けると20年前に思っただけに当時は「こんなお宝を放置するなんて勿体ない」と思ったし先週のニトリ家具の大英断には期待しています。企業買収とか最近、鼻息の荒いニトリ家具ですが、どんな提案をしてくれるのか地元民としては楽しみ。あたしも小樽に引っ越す際にはニトリ家具のお世話になりました。ベッドと電気照明は小樽のニトリ家具で買いました。なんかニトリ家具の株を買って応援したくなってきましたよ。

2020年2月11日 (火)

札幌雪祭りに行ってきました

昨年末、東京タワーに登った勢いで、さっぽろテレビ塔も制覇しに行きました。

東京土産のFA☆85ミリF1.4の試し撮りもかねて。

Cimg3069

雪祭り会場では「ゴールデンカムイ」のキャンペーンが繰り広げられていました。このコミックス&アニメを見て北海道に来たという外国人観光客も多いらしく、北海道新聞もずいぶんこの作品を応援しています

Cimg3070

展望台までの料金は大人720円。東京タワー特別展望台の3.000円からすれば格安です。値段は高さに比例するのね。

Cimg3071

切符買ってご入場。なぜ東京タワーの次は札幌テレビ塔かというと、東京タワーと札幌テレビ塔は兄弟なんです(しかも札幌テレビ塔の方が先輩)。

Cimg3072

東京タワーもテレビ塔も、同じ人が設計したんですね。だからデザインも似ている。とはいえ大阪通天閣みたいなまったく異なるデザインもできた人ですので、決してワンパターンじゃないですよ。私的には名古屋テレビ塔やさっぽろテレビ塔が東京タワーの習作になったと思います。

Cimg2830

東京タワーに展示があった内藤多仲博士。この方が設計しました。何でも撮っとくと役に立つ。まだコンピュータどころか電卓すら無い時代に計算尺(写真で手に持っているやつです)とそろばんで強度計算をしたんです。現代のパソコンと構造計算ソフトで60年前の東京タワーの設計図を検算したところ、ほとんどの数値が一致したとの事。ですからあの東北大震災の時でもびくともしなかったんですね。先端のアンテナが曲がったのはご愛敬。

で、展望台からの風景。

Imgp0406 Imgp0409

FA☆85ミリF1.4。絞り開放。

Imgp0408 Imgp0411

番外編。こっちはA50ミリF1.2。F1.2開放。F1.2の明るさがあるのに☆がつかない理由がわかりました。明らかに開放時の画質は85ミリF1.4に劣ります。

P2100526

こっちはマイクロ4/3。ノクトン17.5ミリF0.95。さすが、降っている雪が止まっています!

で、このレンズが一番画質が良かったというのが凄い。使えますよ!F0.95!!

2020年1月22日 (水)

ぐだぐだオーダーしょの3

遅ればせながら先週の鶴居村の成果をご紹介。

Imgp0001_20200122214801

まあ、こういうのは私のサイト見ている人なら見飽きているでしょうから特にコメントはしません。

Imgp0002_20200122214801 Imgp0003 Imgp0005

撮影場所は鶴居村伊藤サンクチュアリ。レンズは定番のFA★250-600mmF5.6ED。

P1120472

二日目以外は天候に恵まれずだらだら観光に徹していました。釧路フィッシャーマンズワーフMOO。

P1120473

北海道名産のカニ!三昧!!

P1120474

晩飯で食したサンマぶっかけ丼。

P1120475

今やサンマですら高級魚です。

P1120478 P1120479

子供の頃はどこの友達の家にもあったように思うアイヌ彫り。今や万単位のお値段が付く高級品です。なんでも、職人さんの後続者不足なんだそうで、今や北大博物館でも北海道遺産として一生懸命収集している有様。欲しい人、今のうちですぞ!!

P1120481

フィッシャーマンズワーフMooの水槽で悠々と泳いでいるチョウザメ。1mくらいありました。

P1120483

水槽の底をひらひらと泳ぐカレイ。とりあえず、釧路遠征の報告はこれで終了します。

2020年1月19日 (日)

ぐだぐだオーダーしょの2

続いてコミケ2日目の企業ブース。皆様お待ちかねのコスプレ撮影会の画像を載せます。

Pc300408

あいりす・ミスティリア。済みません。チェック外なんで良く知らない..

Pc300410

こっちはごひいきキャラ!今月から7年ぶりに放送再開の「とある科学の..」の黒子ちゃん!!おお、リアル!」

Pc300412Pc300416

たまがわ!そう、競艇です!まさか競艇がコミケに来るとわっ!

Pc300415

おおっ!「モンキーターン」の世界..本当に計器類何も着いていない..それだけに選手の技能と勘が求められる。

Pc300417

誰だっけ?そう、ドールズフロントライン。って去年もQさんに突っ込まれているじゃないか!いい加減覚えろ!

Pc300419

ねこパラ。これも「とある..」と同様1月からの新番組。

特に気にかけてる番組という訳じゃないけど、企業ブースのモデルさんの中で一番ポーズとるの上手なので一番良く撮りました。

Pc300420 Pc300423 Pc300425

このコが一番撮っていて楽しかった。

Pc300436

アークナイツ。衣装の立派さではこのコが一番だったかな?作品自体は知らなくてスミマセン(そんなんばっかやな。スミマセン、ネトゲはハマったら廃人になりそうなんで手を出していないんです。Fateグランドオーダーも)。

以上で冬コミ97の全ての報告を終えさせて頂きます。

ぐだぐだオーダーしょの1

帰省後2週間がたち、ようやく落ち着いてきたので、貼り残した上京中の写真を貼ります。

Pc290363

シブヤSKYの幻想的なエレベータールーム。セキュリティが厳しくてカメラ以外はコインロッカーに預けなければならず、それが更に渋滞を巻き起こしていました。

Pc290374

腰を痛くしながらようやく到達した屋上展望台。確かに東京タワーや東京スカイツリーとは違う屋根無し露店の展望台は外の風を直接肌で感じられるので解放感が全然違います。写真は大みそかにサッカーの試合で初お披露目となった新国立競技場!私は今歴史の生き証人になる。

Pc290376

Q氏がお勧めの東京スカイツリーと東京タワーのツーショット!

Pc290377

真下を通る首都高速。おお~2019年AKIRAの世界そのものだ~!

Pc290388

薄暮だった東京も夜のとばりが落ちるにつれて...

Pc290394

展望台もライトアップされて幻想的な雰囲気に...

Pc290396

街もイルミネーションが点灯して華やかになってきます。本当に美しい都市ですねね、東京は。

この撮影の後は忘年会に続きます。

2019年7月15日 (月)

水中展望船

食べ終わったらお店のすぐそばにある水中展望船「ニューシャコタン号」に乗る(切符)。

P7140187

食べ終わったところでちょうど船が接岸した所だったのでまったく待ちませんでした。

P7140186

まあ航海時間は40分なのでそんな待つ訳じゃないけど。

P7140217

観光船の後を追いかけてくるカモメさんの餌やりタイム(餌はパンの耳)(画像↓)とか

P7140225

(こういう撮影ではミラーレスのタイムラグと置きピンの難しさが顕著に出る。ああ、レンジファインダーだったらベストショット決められたのに...)

P7140206 

奇岩とコバルトブルーの海もきれいだけど(画像)

P7140213

やっぱり水中展望台が一番面白い。潜水艦に乗った気分です。船底が一部ガラス窓になっていて海底を直接見られるんです。ウニの子供がたくさんいました(画像)。

P7140197

で、気になったのはウニがいっぱいいるのに海草が全然生えていないこと。これは母も不思議がっていましたが、「磯焼け」という環境破壊です。海底の砂漠化ですね。人工授精で繁殖させたウニの幼生を大量に放流したのでウニが海草を食べつくしてしまうんです。ですので、海水中のプランクトンを食べる幼生から海草を食べる年齢にまで成長したら一度生け捕りにして生簀に移し、給餌して大きく育てるそうです。コンブ自体も品薄のため冷凍コンブを餌にしているとの話。そう言えばおたる水族館ではウニにサツマイモを与えていたな(w)。

Photo_20190715192201

「おたる水族館ートドショーは大人気」より引用。何かかわいい♥
人間の食欲を満たすために生態系のバランスを崩すほど特定の動物だけを大量飼育したせいで環境破壊が起こるのはウシ、ブタ、羊、ヤギなどの陸上動物だけの話じゃないって事です。まあ、これだけ大量飼育していなかったら、こんなに大勢の観光客の口にウニ丼が入るわけが無い。なんだかアーサーCクラークの「海底牧場」を思い出しました(あれはウニじゃなくて鯨だけど..)。現実がどんどんSFを追い越しているんだなぁ。

Photo_20190715192501

さて、今まで散々「旧過ぎて使えねぇ!」とグチり続けたオリンパスペンE-P1。

Cimg2475

今回積丹にE-P1を連れて行って「旅カメラとしてなら何とか使える。」事がわかりました。それでも先のカモメさんの件を見ても「旅写真に最適」とか「一番使いやすい」という事は間違っても無いんですが..旅行写真ではファインダーを覗いて写真撮っていると、画面に入っている人から「盗み撮りだ」と警戒されてしまうので、ファインダーを覗かずに撮影できるモニター撮影はとても重宝します。撮影の大半はモニター撮影の旅写真ならばEVFが使えないE-P1でも「欠点が目立たない」ので「何とか使える」訳です。それでもサイズが小さいE-PL3の方が旅カメラとしても100万倍使いやすいですけどね..

まあ腐っても上位機種ですので電子ダイヤルと露出補正ボタンが独立しているのはE-PL3より優れている唯一の点です(画像参照↓)。

Cimg2476

電子ダイヤルが無いE-PL3はマニュアルでは絞りとシャッター速度の2つを十字キーで操作しなければならないけどE-P1は電子ダイヤルで操作できるし、露出補正ボタンが十字キーのE-PL3は十字キーの上を押す、横を押すのツーアクションを要するのに対しE-P1は独立した露出補正ボタンを押しながら電子ダイヤルを回すだけで良いので露出のマニュアル操作だけならE-P1の方が速いです。その点でもファインダーを覗いている暇が無いルポルタージュ写真(そもそもデジカメなんて無かった時代、フィルムカメラの時代はルポルタージュ写真はノーファインダーが当たり前だった。)ならばまだE-P1は使える場所が残っているようです。それでもE-PL3を選ばずにE-P1をあえて選ぶ理由にはならないなぁ。

最近の写真

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • Photo_20211128180701
  • Cimg5228
  • Cimg5230
  • Cimg5231
  • Cimg5232
  • P1010317_20211120004801
  • P1010323
  • P1010325