フォト
無料ブログはココログ

旅行・地域

2017年7月10日 (月)

サロベツ原野行ってきました

北海道最北端の地、宗谷のサロベツ原野でエゾカンゾウの花が見ごろと言うので母を連れて行ってきました。

Imgp1651
でも、私が行った日にはすでにしおれかけていました。天気もイマイチで期待していた利尻富士は厚い雲に隠されまったく見えずに残念。

Imgp1653
群生地をピンポイントで撮影したらそれなりに見ごたえがあるんですが....

Imgp1650
遠景で見るとこんなかんじです。がっかり....

Imgp1654_2
300kmの道のりを5時間かけて宗谷くんだりまで来たんでそのまま帰るのももったいなく、稚内観光に目的を変更!お昼は「うに丼!」です。美味しかった~

Imgp1655
母は海鮮ミックス丼。これも美味しかったです。

Imgp1656
だいたい漁港だったら朝市のあるフィッシャーマンズワーフへ行けばまずハズレは無いです。函館なら函館朝市。小樽なら南樽市場。釧路なら和商市場etc。北海道に住んでいると貧乏人でも舌が肥えます。

Imgp1657

生きたミズダコが飼育されてました。名前は「しげのり」君です。オスなんですか?

Imgp1658

稚内のゆるきゃらだそうです。名前は「かもはち」だそうです。

http://kawaii.hokkaido.jp/character/takokamo/

Imgp1659Imgp1660
稚内の有名な土木産業遺産。防波堤の前に蒸気機関車の動輪が。

なぜこんな所に?と思ったら20年前まで蒸気機関車本体が静態保存されていたそうですが、塩害でさびて解体されたそうで、その遺品のようです。

Imgp1670Imgp1672

C55機関車の復元模型とナンバープレートの実物。これがかつてここにあった。

ググったらいっぱい出てきた。現役時代のC5549の雄姿。廃車になったのわたしが生まれた年ですよ。よくぞこんな古い写真を残してくれた人がいたもんです。

C551

http://c103m73.fc2web.com/00100700souya.htm

C552
解体直前の1996年の姿。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~dts/page609.html

Imgp1661
防波堤前のフェリー乗り場で。母とめるちゃん。よくもまあこんな小さな車で日帰りで稚内まで行ったもんです。疲れた....

Imgp1662
ノシャップ岬に来ました。

Imgp1663Imgp1664

9人の乙女の碑。対岸の樺太(サハリン)で日ソ不可侵条約を勝手に破ったソ連軍が樺太に侵攻してきたとき、樺太の電話交換局にいた交換嬢9名は最後まで持ち場を離れず、服毒自殺をとげたそうです。

Imgp1673
犠牲者9名の遺影。

Imgp1668

蒸気機関車も9人の乙女の遺影も、ノシャップ岬頂上にある稚内百年記念塔の博物館にあった展示品です。

Imgp1674
他にオホーツク文化の遺跡類や明治・大正・昭和の古い道具が展示されています。

これは写真機と印画紙とマグネシウム発光器。カメラはエルネマンとありましたのでドイツ製ですね。後のカール・ツァイスの母体の一つとなったメーカーです。

Imgp1669
稚内市内の俯瞰(ふかん)。見ての通り天気は良くなかったけど、この博物館の展示を見ただけでも来た甲斐はあったと思います。

Imgp1676
すぐそばには自衛隊のレーダーサイトが。根室に行ったときもそうでしたが、ここが日本の国境であるという緊張感がひしひしと感じられます。

Imgp1677
帰り道の増毛で。本当に日本海側の国道「オロロンライン」を走っているとどこの「道の駅」でも名産品はタコです。タコたくさん獲れるんですねぇ。

2017年5月14日 (日)

真駒内方面散策

マンガの「ゴールデンカムイ(明治の北海道観光ガイド参照)」とか、先週の山口バッタ塚(小樽地ビール参照)の影響で明治の郷土史に興味を覚え、日曜日を利用して真駒内の「エドウィン・ダン記念館」に足を伸ばしてみました。

北海道民ならば小学校の社会科の郷土史で必ず習う人物です。ケプロン、ダン、クラークの三名の中でダンがもっとも長く日本に滞在しました。

07_1

札幌地下鉄真駒内駅。終点の駅に当たります。札幌で生まれて育ったのに関わらず真駒内駅来たの生まれて初めてです(w)。正直ここまで来るなら車のほうが安上がりなもんで。

07_3
真駒内と聞けば「オリンピックの街」というイメージですが、実際札幌オリンピックの記念碑とかがたくさんあります。駅前に広がるのは「五輪団地」。その名前の通り、オリンピック当時の選手村で、閉会後は賃貸住宅として利用されております。

07_4
アップで見ると札幌オリンピックのマークが。

07_16

このタワーマンションなんか今見てもモダンなデザインです。ちっとも古臭く感じない。

07_6_2
駅前にはこんなモニュメントが。はい、オリンピック公式記録時計だったSEIKO製です。

07_7
は、いかんいかん。目的を忘れていた。目的地のエドウィン・ダン記念館は駅から南区役所に歩くとすぐ案内看板があります。

07_8
南区郵便局のすぐとなりに目に飛び込んできました。道に迷う暇も無いほど目立っています。

07_9
北海道外の人には「誰?その人」という感じでしょうから、私なんかが書くよりはこれ読んでください(w)。

07_11
要するに開拓当時の北海道に牧畜を指導された方です。北海道のみならず、開拓使廃止後は東京に移り、当時の駐日米大使という大任を勤められました。日清戦争の講和条約の仲介役もしたそうです。ケプロンやクラーク博士がさっさと米国に帰ってしまったのと対照的にダンは日本人女性と結婚し、日本に永住しました。

07_10

館内にはダンの偉業を再現した油絵がたくさん展示されています。明治天皇の前で競馬を披露したこともあるそうで、北海道競馬の創始者でもあります。

07_13
本館の裏にあるエドウィン・ダン記念公園の銅像。あぁ、小学校の社会科の副教材で写真見た覚えがあります。

07_12
記念館裏側のテラス。ちょっと明治時代にタイムスリップした気分。

07_15
公園は日曜日なのに人気は無く閑散としていました。

04
さて、せっかく真駒内まで来たのだから、澄川が近いので久々に福ろうカフェ行ってきました!

07_17
入り口でお目見えのベンガルフクロウのベックちゃん。とてもカメラ慣れしています。

前回の反省から今回は気合入れてペンタックスの50ミリF1.2を持って行きました。

02
シロフクロウのブラン君(オスだよね?)「ブラン」って英語でふすま(麦の表皮)...じゃなくって!!ロシア語で吹雪の意味でしたよね?我が家のみぞれちゃんと重なりますね。この子は大変カメラが嫌いです。

05
この無表情さが怖かわいい?メンフクロウのケンちゃん。

06

ミナミアフリカオオコンハズク(長い..)のふーちゃん。さすがにこの距離になるとF1.2のピントの浅さが苦しい..肉眼でのピント合わせは困難でカメラのAFセンサーにお願い状態です。よくこんなピントの浅いレンズ、フィルム時代にMFで使っていたなぁ~信じられん。

03
アメリカチョウゲンボウの一葉ちゃん。この子が一番人懐っこいですね。手に乗るし頭もカキカキさせてくれます。おかめずとあまり変わらない。

07_19

帰り際もあいさつしてくれましたよ。コキンメフクロウのりんごちゃん。また来ますね!!

2017年5月 7日 (日)

旭山動物園!

続いて5月3日には旭川市にある、日本最北の動物園と言う触れ込みの旭山動物園に行きました。

47
当日は快晴で大雪連峰がきれいに見える。

48
駐車場に入っていきなり順番待ちの行列に遭遇!これは先が思いやられる。

49
しかし、園内に入ってみると、意外に広い敷地内に人の海も適度に分散され、動物を見るのにそれほど行列待ちは無かったです。広い敷地だけあって休憩所もあちこちにあるので、体力的にかなり助かりました。

51
眠み~よ..(レッサーパンダ)

カシオEXILM EX-ZR400

気温25度とかなり上がったので動物たちもダレてます。

59
あんさん、わたしなんか撮るんじゃね~よ!(オランウータン)

ペンタックスK-7、FA80-320ミリF4.5-5.6

60
眠い...(フクロウだからしょうがない)(シマフクロウ)

62

眠い!(シロフクロウは昼行性と聞いたが?)

63
眠い...(アムールトラ)

64
眠~~い!(ホッキョクギツネ)

65
眠い(x2)(ゴマフアザラシ)

一番期待してたアザラシ館ですが、親アザラシがこんなカンジで、唯一起きていた子アザラシも例の水中トンネル通過したのは2回だけ、しかも一瞬で楽しみにしていた接待スマイルは見れなかったです。

54
眠い眠い眠い(キングペンギン)

キングペンギンと言えば久保キリコ著「バケツでごはん 」を思い出すわたし。
ペンギンも全員上陸してダベっていまして、期待していた「空飛ぶペンギン」は見られず!

せっかく持っていた21ミリ超広角。出番無かった。

Imgp1522
修理から帰ってきて上カバーは新品ぴかぴかになったコニカヘキサーRF。これにリコーGR21ミリF3.5はお気に入りの組み合せ。

札幌に帰ったら、疲れた.....ふくらはぎがバンバンに張りました。遠乗りが身体に堪える年齢になったです。いや、クルマも悪いんじゃないか?そりゃスポーツカーで遠乗りは疲れるよ。そろそろもっとラクチンなクルマを考えるべきなんじゃないでしょうか?

小樽地ビール

やっとネットに復帰しました。遅ればせながらGW中のご報告させて頂きます。

まずGW前半は小樽地ビール行って来ました。前半からすでに大繁盛で店内は日本語で無い言葉が飛び交っておりました。私はクルマ運転してきたので飲めず、醸造所の無料案内を見た後、瓶ビール買って持ち帰りました。まずはそのご報告。

12

場所は小樽運河前の赤レンガ街。

13
店内はこんなカンジ。店内の中央に醸造塔が鎮座しております。

14
↑店内の展示室(というほどでもない一角)に並べられたビールの原料。ピルスナーなどは小麦、黒ビールは大麦を使うそうな。

16
↑今EUでも「非関税障壁」と叩かれているドイツの「ビール法」(ヨーロッパの統合とビール純粋令参照)水と麦とホップと酵母以外の原料を使ったら「ビール」と認めないという法律です。この法律で言うと国産ビールはサッポロクラシックやエビスビールでないと「ビール」じゃないという事です。私もサッポロクラシックは好きですが、100%モルトのビールは味が重たいという人もはっきり存在しますからこの法律は厳しすぎるというドイツ以外の国の意見もわかることはわかる。

17
展示室の展示を見ている間に店員さんの無料見学案内が来たので醸造室見学をする。まずは先の醸造塔から。飾りじゃなく本物ののビールが中に入っています。

18
続いて砕いた麦芽を醗酵させている桶。ビールの酒類の数だけ桶もあります。

19
ここから先は冷蔵室になります。夏でも気温0度に保たれた冷蔵室でビールが低温発酵されています。

20
見学者全員に配られた糖化した麦汁のサンプル。本当にシロップのように甘くて驚きました。

29
その場では飲めないのでお土産に持って帰りました。小樽地ビール6本セットで1.900円也。

30
6本4種類の味が楽しめます。

23
夕食の食材を買いに寄った新南樽市場にて、生きたフグさん。商品ではないようです。

22
国道脇にはカモメの大群が。ここは港町なんだと実感します。

2425_3
帰り道、以前から気になっていた小樽ドリームビーチに続く道路(例の酔っ払い4人ひき逃げ事件が遭った場所)からわき道に入るところにある「手稲山口バッタ塚 」。道路標識で何年も気になっていたんですが、これだけ見るためにクルマを止めるのも面倒くさくて今まで行った事が無かった。

農薬が無かった明治時代、バッタによる農業被害は深刻で開拓使に牧畜指導に来たエドウィン・ダン氏の実験農場もバッタの被害にあったそうです。荒川弘氏の百姓貴族にもバッタ被害のエピソードあった気がする。

つまり、当時の開拓使はバッタ被害にあった屯田兵や農家に「バッタとその卵を一袋いくらで役所で買い取る」と懸賞金を着けてバッタ駆除と農家救済の一石二鳥を目指した訳ですね。その買い取ったバッタやその卵を埋めたのが「バッタ塚」。ああ、そういえば小学校の社会化の郷土史でも習ったような気がする。捕まえたバッタを佃煮にして食うと言うのは考えなかったのでしょうか?

実際に見たら、このようにすっかり熊笹に埋もれ、塚の面影は感じられません。

しかし、ただこれだけのためにこんな立派な駐車場作るか?札幌市!!

27
日曜日だと言うのに止まっている車は私だけ。ご丁寧に公園のベンチまで作ってある。こういうのが市民税の無駄使いなんじゃないでしょうか?

26
こんな何にも無いトコロに付き合わされた母。公園に生えている野生のフキを採っていました。転んでもただでは起きない。

28
丘の上には人っ子一人いない無人の荒野となりはてたパークゴルフ場。野生のキジが優雅に散歩してました。メスも連れ歩いていたので夫婦ですね、きっと。

302
実家に帰りついたとたんに雨に祟られました。よいタイミングで帰った。帰宅の1時間後に国道5号線銭函付近で交通事故のニュース。雨で滑ったのかな?巻き込まれる前に帰って良かったです。

301

さっそく乾杯...したら、2週間の断酒後に、いきなり飲み慣れない酵母未ろ過ビールを飲んだら見事に腹壊しました!!たった2週間酒飲まなかっただけで、見事に酒の耐性落ちるもんですね~(汗)。

2016年3月 5日 (土)

釧路に来たぉ!

今年初めての釧路です。泊まっているホテルのパソコンで速報です。連休自体は1月にも2月にもあったんですが、仕事のトラブルとかあって精神的余裕が無くて、まったく遠出する機会がありませんでした。めるちゃんのガソリン入れるのも去年の大晦日以来だ。どんだけ乗ってないんだ?自分!

Imgp1154

今回の道中、マイレージ6万キロ達成しました!わざわざ車止めて記念写真。ちなみに場所は日勝峠の入り口。この年式のSLKで走行距離6万キロって、お宝レベルだと思います!

Imgp1153

当日の天気はまあ、晴れたり曇ったりですが、タンチョウの交尾、私が見ているだけでも3回もありました。まあ後ろ向いていたり、前のタンチョウが邪魔したりでマトモに撮れたのは一回だけでしたが。

Imgp1156

冗談で着けてみた(W)。ペンタックスFA☆250-600ミリF5.6EDにオリンパスペンFV。冗談のつもりがファインダー像を見ると意外なほどしっかりしたピントを結びます。考えたらこのレンズにaps-c判のペンタックスK7装着して見事な描写で撮影できるんだから、ほぼ同じ画面サイズのハーフサイズで画質が悪い訳が無い!はい、本日のタンチョウの交尾シーンはこの組み合わせで撮りました。フィルムなもんで速報はできませんで申し訳ありません。現像上がったら(失敗してなければ)即公表します。

とりあえずペンタックスK7で撮影した速報画像です。このカメラは撮影後の画像を0.3MPに圧縮ができるのでブロガーにとって使いやすいです。

Imgp0009

3月なのでよく踊ります。ただ天候がイマイチ.......

撮影データ)ペンタックスK7(いいかげんK3買えよ)、FA☆250-600ミリF5.6ED、F8、1/500秒、ISO200、WBオート

明日の天気は雨との予報で今日よりもっと条件悪いですが、明日も頑張ります。ちなみにおかめずは実家の母に見て貰ってます。おかめずスマソ。

最近の写真

  • Cimg1668
  • Cimg1667
  • Cimg1666
  • Cimg1665
  • Cimg1664
  • Cimg1663
  • Cimg1662
  • Cimg1661
  • Cimg1660
  • Cimg1657
  • Cimg1654
  • Cimg1597