フォト
無料ブログはココログ

趣味

2021年11月26日 (金)

冬コミ2022!・無理やろ!?それっ!!

職場から帰ってメールボックス開いたらぶったまげた!!

P1010328

コミックマーケット99チケット申し込み開始!!

応募条件は2回のコロナワクチン接種証明書を持っている事。

いや、無理やろ!?

P1010329

このサイトでも「ムリやろ!?」と言っている。

いや、本当に、行きたいですよ!そのために原稿も書いたんですから!でも、「ムリでしょ!?」ビッグサイトでコロナ伝染されたら、下手したら私首になります(医療職なもんで)。

とりあえず、紙の原稿用紙今週末に全部デジタル化していつ入稿してもいいようにしないと。

っていうか、表紙まだ描いていない(汗)。

2021年11月12日 (金)

現在の8mmフィルム事情

今や専用のビデオカメラどころか本来はスチル用のデジカメや、こともあろうにスマホですら動画が撮影できる夢のような時代になり、

8mm_20211112195801

↑マイクロフォーサーズでも動画撮影はデフォです。

フィルムの8ミリや16ミリはすでに風前の灯(ともしび)。

8_20211112194301

20年前でもすでに富士フィルムさん、「8ミリフィルムの現像機はもう何十年も新規開発はされておらず、数十年前の現像機をいたわりながら使っているんです。現像したフィルムの箱も1970年代から変わっていません」という衝撃のアナウンスしてましたけど。

8mm

本日面白いヘッドラインが出ていたのでご報告。今や日本国内で8mmフィルムを現像してくれる現像所は1か所しか残ってないと!!

――いま注文はどのくらいある?

月平均50本ぐらいです。

まあそうでしょうね。日本国内でここでしか現像できないならそれくらいの注文はあるでしょう・・・・

あたしも8mmカメラ自体は何度も触っているけど、とうとう撮影はしないで終わりました。私がせめてもの償いに、当時のムービーズームを一生懸命サルベージしてあげています。本体は維持できなくてもレンズだけなら保持できる(w)。

8mm_20211112200501

私が小学生の頃はすでに撮像管式でベータやVHSのテープを使うビデオカメラが普及していてソニーマビカの記事からいずれ撮像管もCCD(撮像素子)に切り替わっていくことは十分に読めたので子供心にも、「フィルムの8ミリや16ミリはもうすく無くなる」と思っていました。何せ録画時間がケタ違い(8ミリ3分、VHS1時間)です。私のカメラ好きを聞きつけて、小学5年か6年生の頃、担任の先生が学芸会の録画係に私を指名してくれたんですよ。当時サラリーマンの月給の2倍はしそうな最新のビデオカメラを触らせてもらえました。

8mm_20211112195101

↑まあ、こんな感じ。ファインダーはモノクロ。本体にテープは入らずコードに繋げたビデオデッキにテープを入れました。私の記憶ではすでにパワーズームはあったと思う。多分まだオートフォーカスじゃなかった(三脚に固定された状態での定点撮影なので一度ピント合わせしたら合わせなおす必要が無かったから)。小学生当時、ファインダーがモノクロなのにびっくりした覚えがある。「機動戦士ガンダム」のモニターはカラーなのに!?。高校~大学生の頃にやっとファインダーがカラーのビデオカメラが出て「こんなに時間がかかるのかよ」と別の意味で感動しましたなぁ~(完全にオッサン発言)。

88_20211112195301

私の同人誌でもその時の記憶がちょっとのこっていたのでおじ(い)さん世代を喜ばすために8ミリカメラを教材に選びました(w)。

これを機会に今の若い子も8mmフィルムに目を向けてくれるなんてことは・・・・ないでしょうね(w)。

8mm_20211112201501

JKにこれ使いこなせるかぁ?(引用:「あの夏で待っている」)。フランジバックの短いCマウントで光学一眼レフファインダー実現したのは偉いけど・・・(ファインダー凄く暗そうだなぁ・・・)

8mm_20211112221901

↑これ、面白そうですね。でもここまでやるならCマウントかDマウントにしてレンズ交換式にして欲しかった。この前の「オッサンホイホイ」だってちゃんとレンズ交換式(しかも画面サイズコンバーター付き)なんですから。

2021年10月24日 (日)

冬支度その2

おかめずのペットヒーターの強化と共に、愛車めるちゃんも冬靴に履き替えました。

Cimg5123

後ろの自転車が「めるちゃん2号」。なんでベンツ持ってるのに自転車通勤してるんだ?と職場で聞かれると「片道たった1kmでクルマ動かせますか!?」と答えています。

Cimg5124

さっそくジャッキアップ。

Cimg5125

ボルトはタイヤ交換の度に必ず錆止めを塗って磨いています。

Cimg5126

3年前に交換した後輪のブレーキローター。まだハブに塗装が残っている。去年の映像と比べたらたった1年でもずいぶんくたびれるもんだな、ブレーキって。昨年の車検の際に引き直したブレーキホース(画像左側)。シャシーブラック塗ってないからまだ燦然と輝いています🐱。

Photo_20211025220001

去年のタイヤ交換の時に撮った後輪ブレーキ。おお、まだディスクのふちが錆びてないしハブの塗装もハゲていない(w)。

Cimg5127

ベンツに限らず欧州車はボルトとナットが日本車とは逆でハブにボルトを打ち込むのでタイヤ交換の際には位置決めのためのジグを最初に打ち込みます。

Cimg5129

めるちゃんはタイヤが前後異サイズ。前後異サイズのクルマっちゅ~のはめるちゃんが初めてなので当初戸惑いました。4本割引が効かないのでものすごく高くつきます💧。

Cimg5131

前輪は205/55/R16で

Cimg5130

後輪は225/50/R16で初代カウンタックよりも太い。そんなにパワーあるのか?、めるちゃん。

Cimg5134

流石に冬タイヤまで異サイズなんて付き合いきれないのでスタッドレスタイヤは前後とも205に統一しています。

Cimg5133

ここでお約束のオチ。もう10年選手のフロアジャッキかなり油圧が抜けてきてタイヤ交換中もズルズル車高が落ちてきて怖い!のでめるちゃんの車載ジャッキを初めて使ったら・・・・一発でギヤが噛みこんで壊れました!!ど~~なってんだ?メルセデス品質?ネットで調べたら安いらしい・・・

Cimg5132

タイヤ交換中に眺めるめるちゃんのサイドビュー。この写りこみ。まだまだ新車の輝きです。

これでいつ雪が降っても大丈夫❤。

2021年10月12日 (火)

昔ペンタックスオート110ってのがあってだな

110

私が小学生の頃、オモチャのように小さいのにちゃんと一眼レフでレンズ交換までできる不思議なカメラがありました。マニアなら先刻ご存じのペンタックスオート110と同スーパー。社会人になってから何度もフルセットで売り物を見ているんですが、とうとう踏ん切りがつかずに今では110ポケットインスタマチックフィルムも生産停止になってしまいました。が!!です、ご存じでしょうか?この110判って現代のマイクロ4/3とほぼ画面サイズが同じ。なので同じ焦点距離同じ明るさなら、同じような描写が現代でも楽しめる訳です。

ペンタックスオート110のレンズラインナップは18ミリ(広角)、24ミリ(標準)、50ミリ(中望遠)、70ミリ(望遠)、20-40ミリズームの5種類でどれもF2.8通し。なぜ全てF2.8なのかと言うとビハインド式レンズシャッターなのでこれ以上明るくても暗くてもケラれてしまうから(だからこのオート110に自作のアダプター着けて35ミリ版用のレンズを着けて試してもうまくいかなかった)。

でも、現代のマイクロ4/3は焦点面の前にミラーもビハインドシャッターも何も無いのでマウント内径より後玉が小さいレンズなら何でも使える。

そこで今手元にあるレンズで40年前のオート110のラインナップを再現してみましょう。

Cimg5085

カメラにつけているのがオリンパスのボディキャップレンズ15ミリF8、隣は左から順にパシュポ25ミリF1.4、同50ミリF1.4、70ミリは手元にないので(いずれアンジェニューテレシノールの75ミリあたりが欲しい)ソニーTVズーム12.5-75ミリF1.8でカバーします。さて写りは?

P1010311

オリンパスボディキャップレンズ15ミリF8。トイレンズとは言え流石メーカー純正。ちゃんと写ります。むしろこのカメラに一番似合っている?

P1010293

パシュポ25ミリF1.4。開放では少々怪しい画質ですが・・・

P1010294

F2.8まで絞るとウソのように描写が収まります。元祖ペンタックスオート110も開放絞りF2.8なんだからこれで互角!

P1010295

こちらはパシュポ50ミリF1.4解放。イメージサークルを確保している分25ミリよりはマシな描写です。

P1010299

これはF2.8に絞った所。ここまで絞ればマイクロ4/3規格でも十分使い物になる描写になります。

P1010302

こっちはソニーTVズーム12.5-75ミリF1.8解放。スクエアフォーマットにしたら何とか使えます。何か往年のフォクトレンダーダゲレオタイプを使っている気分。

P1010307

こっちはF2.8。2.8まで絞ってもあまり変化が無い。それだけ解放から使う前提の設計であるという事。

P1010300

番外編のペンタックスコズミカ12ミリF1.2。前述のように無限大が出ないので近接専用です。おまけに1/2インチ指定なのでこの通り。12ミリという焦点距離なので広角レンズになると期待したんですが、この画角じゃあ全然広角じゃありません。1/2インチセンサーで画角30°という事は35ミリフルサイズ換算で80ミリの中望遠レンズです(参照)。ただ、F1.2開放でこのピントは流石に立派!って言うか、このレンズが一番画質良いじゃん!?

実質純正レンズしか使えなかったペンタックスオート110と違って、現代のマイクロ4/3はCマウントのレンズはほぼ無尽蔵に選べます。少年時代の夢よ再びって感じですね💓。

 

2021年10月10日 (日)

LUMIX GF3購入

マイクロフォーサーズに主力機種が移った事ですっかりフルサイズ(フィルムしかないけど)の出番が無くなった昨今(おかげでΣ24-70ミリF2.8カビさせてしまい修理です・・・)。普段使い用に4代目を購入しました。4代目で初めてオリンパス以外のメーカーです。

パナソニックLUMIX GF3

Cimg5057

購入動機は「ストロボが内蔵されているから」。なぁ~んだ、そんなことか?と思われるかもしれませんが、今まで所有していたマイクロ4/3機は全てストロボ外付けだった。

Cimg5056

左から順にオリンパスペンE-P1(初号機)、同E-PL3、ルミックスです。E-P1はストロボ完全外付け。電源も外部です。E-PL3は一体型で電源はボディから供給されるので外部電源は不要になりその分小さくなりました。ルミックスは完全にストロボ内蔵でポップアップ式。カメラバッグすら持てないような条件では重宝します。

Cimg5058

その反面、ホットシューというものが無い。そのため外付けストロボとか外付けファインダーというものは一切受け付けません。この1台で自己完結したカメラです。交換できるのはレンズだけ。

Cimg5059

モードダイヤルが無いのでさぞやマニュアル操作がしづらいと思ったらそうでもない。これは絞り優先時ですがモニターにシャッター速度と絞り値のゲージが現れるんです。絞りを1段絞るとシャッター速度は1段遅くなる。おお~外光式露出計時代の一眼レフ(キヤノンFXとかミノルタSR-7とか)の露出計表示のようだ。ただ数字だけ表示するオリンパスペンE-PL3より露出のマニュアル制御はむしろやりやすい。同じレンズマウントでもメーカーが違うと操作のアルゴリズムもまた別の思想になるんだなぁと関心関心。今までフルマニュアルのコンパクトカメラ(ローライ35とか)を何十年も使ってきた方でも満足のいくスペックと操作性です。レンズ交換はしたいけど荷物は極力減らしたいというシチュエーション(たとえば海外旅行とか、冬山登山とか)に良いですよ。次はヘビーデューティ用サブ機でオリンパスOM-D EーM5あたりを狙っています。OM-D EM1Xをもう一台買う予算は十分あるけどアレを2台持ち歩く体力が無い。フィルム時代もモードラ付ペンタックスLXを2台持ち歩く事は無かったですから。

2021年10月 5日 (火)

何なんだ?このオッサンホイホイはっ!

Q氏のFacebook(私のFacebookから「おともだち」経由でググって下さい)閲覧して飛び上がって狂喜したビッグニュース!

Photo_20211005203501

なんとインスタントフィルム「チェキ」を使用する一眼レフです!詳細はココ

Photo_20211005204701

(↑公式サイトより)

似たようなコンセプトで過去に「コンタックスプレビュー」があったけど、あれは馬鹿正直に24x26ミリの画面だったので本当に「試し撮り専用」で鑑賞する作品を撮るカメラじゃなかった。しかもファインダーが左右逆像だし。

Photo_20211005210701

(↑コンタックスプレビュー

ベースはキヤノンEFマウントですが、本当にEFレンズを着ける人はまずいないでしょう(絞りが動かない・・・ハズ)。35ミリフルサイズ最大のマウント内径でなおかつフランジバックが44ミリと短い(参照)EFマウントはマウントアダプター装着のベースマウントとして最適だから選んだんでしょう。その証拠にM42マウントアダプターがセットです。

Photo_20211005204101

↑(公式サイトより)

ああペンタックスSPのレンズ捨てなくて良かった~(28ミリ、35ミリ、50ミリ、55ミリ、135ミリ、500ミリとコムラーテレモアズーム2x-3xを所有)。このコロっとしたフォルムが往年のリコー126CフレックツTLSに似ているのも可愛くて良い(下画像↓)。

126c_flex

シャッター速度もこれくらいあれば十分↓。

Photo_20211005204501

(↑公式サイトより)エクサだって最高1/250秒だった。

Photo_20211005204801

ちなみにエクサはこれ。デジカメ全盛のこの時代に何なんだこのオッサンホイホイは!?

さあ!プロジェクト成功のためにカメラオッサンの貴方もぜひLINEにポチだっ!?

2021年9月23日 (木)

やっと脱稿

昨年GWに初めてネームを切り早くも1年4ヶ月。シルバーウィーク末日にやっとWeb版「ズームレンズのあゆみ」完結しましたので掲載します。たった23ページ描くのに1年4ヶ月も掛かるのかよ・・・こんなに長くかかった言い訳ですが、昨年5月の時点では計16ページだったネームが23ページまで増えている事から見てもお分かりのようにページの半分は描き直しました。いつものことながらFacebookにも同時公開してます。1ページから続けて読みたい方はあっちの方が読みやすいです。

Cimg4904 Cimg4905 Cimg4906

え?たったのこれだけ?研削式非球面とガラスモールド非球面と複合非球面の説明とか積層回折素子とかナノクリスタルコートの説明は無いの?と、思う方、それ書くとこの漫画を読むような層は頭がパンクしちゃうし、そもそも「ズームレンズだけのための技術ではない」ので割合させて頂きました(実は新しすぎる技術は私も勉強不足でよく分からない・・)。23ページで終了な理由は24ページ目に奥付けを入れるためです。(わかってはいるでしょうが、中綴じの本ではページ数が4の倍数である事が必須。20ページか24ページでなければならず中間はありえません)

つ、疲れた。これで当分休める。外は1日中雨だったので外出する気にもなれず、買いだめした保存食で済ませる。

Cimg4899

今日の昼飯は「ホンコンやきそば」これ調理中。

Cimg4901

完成。生麺に近い食感にするには蓋を載せて少し蒸らす事です。

Cimg4902

頂きます。生麺の焼きそばとはまた違った風味が病みつきになります。

Cimg4907

例の100万円札束。「絶対後悔しない有意義な使い方」ということで半分は今後半年分の公共料金(家賃、光熱費Etc)の口座に振り込み、1/4は今後1年分の養老保険の先払いでゆうちょ銀行に振り込みました。残り1/4は、少しずつ抜いては日々の生活費に使います。これでも残り25万円あるんだから多少はハメ外しても良いかな?と・・・

長い間閲覧ありがとうございましたぁ💕

2021年9月20日 (月)

前から欲しかった短波ラジオ

クルマを久しぶりに手洗いで洗車してワックス掛けてあげたら本当にピッカピカになりました。多分自分でワックスかけたのは私の記憶が正しければ3年前が最後。車検に出すたびにワックス掛けてくれるし車庫保管なのでほったらかしです。車齢24歳ということを考えれば極上の程度だと思います。

Cimg4858

まるで新車のような映り込み!

Cimg4854

雨もばっちり弾きます。

Cimg4852 Cimg4856

水滴がコロコロ~💕。

Photo_20210920220001

父の遺品から出てきたワックス(右)(←参照)。父が2015年に脳卒中で寝たきりになって2017年に息を引き取った後、遺品整理で出てきた物なので、最低でも6年たっている計算。ふつう捨てるだろ?と言われるでしょうが、4年前私が発見した時はまだ未開封でした。ワックスはまだ使えましたがスポンジは握ったらボロボロに崩れて粉になりました(笑)。

Cimg4878
今朝は定番の麦飯納豆定食で軽く朝食を済ませてから(目の前に100万円の札束あるんだからもっとマシなモノ食え・・・・)、

Cimg4882

「新製品が安い!K's電器」小樽店に行きました。何が欲しいかと言うと・・・?

Cimg4884

ラジオ~~!テレビ放送が地デジに切り替わった頃に、面倒くさくなってテレビを見なくなり札幌から引っ越す際に完全にテレビを処分したので小樽のアパートにはテレビがありません。インターネットと紙の本を読むので忙しくてテレビ見る暇も無いのにNHK受信料払うのがばかばかしいので。しかし、引っ越して11ヶ月たち、音の無い生活に寂しさを感じる(鳥たちも相当退屈している)ようになり、「ラジオくらい買おう」とは思っていました。でもアマゾンの通販見ても欲しいものがなかなか見つからない。ここは基本に戻って電気屋さんで直接触って選ぼうと重たい腰を上げました。お”~!いいものがあるじゃないですか。短波付きラジオがたった2千円。短波ラジオといえば1970年代のラジオ少年ならば胸をときめかせた事でしょう。幼稚園児~小学校低学年の私には手が届かない高級品でしたが、今ではたった2千円で買える!これで海外放送も聞けます!

Cimg4885_20210920111901

ミニカーと並べてみてもコンパクトなのがおわかりかと。これならパソコンラックの上に置いても邪魔になりません。さっそくFMおたるを聞いてみたら感度も音質も十分。乾電池専用でAC電源が使えないのが唯一の欠点ですが、エネループ使えば実質コストゼロです。鳥たちも喜んでピーチクパーチク囀っています。木目調ラジオと違って高級感は無いけど短波域までカバーしたチューニングスケールがメカニックでカッコ良いです。買って良かった。

Cimg4886

Webコミックスも残り3ページのペン入れ昨夜終了しました。今週中にアップします。

 

2021年9月14日 (火)

やっぱり1ヶ月かかりました

本当に遅筆で申し訳ありません。Web版「ズームレンズのあゆみ」歴史編続き行きます。Facsbookにも掲載しています。たぶんあっちのほうが読みやすいと思います。

Cimg4860

「デジカメWATCH」の「カメラバカにつける薬」の原作者さんも気づいていたようなので、援護射撃です。基本レトロフォーカスと凹先行2群ズームは本質的に「同じ」です。固定しているか前後間隔が変えられるかだけの違いなんです。

Cimg4861

この2本は、どこのズームレンズ解説本でも紹介されていますが・・・

Cimg4862

なぜか、現在の主流となったインターナルフォーカスを初めて採用したタムロンSP28-200ミリについてはどの解説本でも貝のように口を閉ざして解説を避けるんです。

Cimg4863

なので、門外漢ながら邪推してしまいました。漫画では記述は避けましたがIF方式は焦点移動が顕著です(焦点距離に応じて最短撮影距離が変わるのはこのため)。つまり厳密にはズームレンズではなくバリフォーカルレンズになってしまう(詳しくはうちのサイトでも読んで下さい)。カメラメーカー側が「こんなのダメだ」と否定したIF方式が大当たりして、カメラメーカー側も追従しなければいけなくなった事がよっぽど屈辱的だったのかもしれませんね。

Cimg4865

新たに2ページ加筆した「光学補正式ズーム」すでに近代光学史上「終わっている光学系」なので当初は第2章の「ズームレンズの原理」の解説だけではしょるつもりだったんですが、貴重な教材がいっぱい手元にあるのに紹介しないのは勿体無いのであえて2ページ割いて濃ゆく解説させて頂きます。

Cimg4866

ここで紹介した光学補正式ズーム、全て触った事があります。実体験がこもっていると説得力あるでしょう。ズームレンズの歴史編はここまで、次回は第4章。未来への展望デジカメ用ズーム編で完結しようと思います。

2021年8月15日 (日)

2ヶ月ぶりのWebマンガ更新

もう殆どの方は忘れられていると思われるWebマンガ「マンガ版スームレンズのあゆみ」2ヶ月ぶりの更新します。2ヶ月間何やってたんだと言うと「暑くて執筆できませんでした!」あちこち滲んでいる所は汗です。原稿が汚れるのでペン入れ出来なかった!!あと、業務上では、今年度から電子カルテ(リハビリテーション実施計画書)の書式が新しくなったので全患者様のカルテ1から書き直すハメになりました。3ヶ月掛かって一昨日、ようやく全員のカルテを新書式に入れ替え終わりました。8月1日の日曜日なんて人目につかないようこっそり職場に忍び込んで6時間働いていましたよ・・・・。現場の苦労を考えてくれ!厚生労働省!思えば私が18年前旭川の職場を辞めざるを得なくなったきっかけもコレでした。「入所者100名のリハビリ実施計画書を増田一人で全部書け!」と信じられない命令を受け1ヶ月で36時間も残業したのに「定刻どおりに終わらないのはお前に能力が無いからだ」と信じられないこと言われ残業代をもみ消しされ・・・身体壊して3ヶ月で退職しました。どうやら私にはリハ実施計画書は鬼門のようです。前のお話忘れている方もおられるでしょうからリンク貼って置きます。ではどうぞ~~!

Cimg4718 Cimg4719

「デジカメWATCH」の「カメラバカにつける薬」の原作者さんも知りたがっていたので詳しく解説して差し上げました。

Cimg4720

現在の凸凹凸3群ズームは中央の凹成分をあまり動かさず前後の凸成分を動かすようになった理由もちゃんと説明してあげていますよ!デジカメWatch様(←恩着せがましいからやめろ!)。

Cimg4721 Cimg4722 Cimg4723

やっとマニアが読んでも面白い内容になってきたかな?まだ10ページも残っています💧。フェイスブックにも貼って置くので良ければどうぞ。

より以前の記事一覧

最近の写真

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • Photo_20211128180701
  • Cimg5228
  • Cimg5230
  • Cimg5231
  • Cimg5232
  • P1010317_20211120004801
  • P1010323
  • P1010325