フォト
無料ブログはココログ

趣味

2017年11月23日 (木)

旧友からの差し入れ

CAPA誌投稿時代(今もたまに投稿しているけど)の旧友から謎かけと共に不思議な贈り物が届きました。封を開けると?

Cimg1364
左のコシナCT-1EXは大きさ比較のために置いたわたしの私物(詳細:退院後の母の介護)で、送られてきたのはレンズとマウントアダプター。

レンズはシグマ28ミリF2.8.お~懐かしい~!わたしの中高生写真部の頃の定番レンズですよ。アノ頃はまだズームレンズは35-70ミリが主流だったので単焦点の28ミリは十分需要があったんです(今でも十分あると思うけど、最短22センチまで寄れるところとか)。

Cimg1367
見ての通りKマウントなんでコシナにつきます。これは汎用性高し!

ついてきた専用フードって....あ~!これでコニカSについてきた謎のフードの正体がわかった!これ用だったんですね!?

Cimg1366

で、謎かけのマウントアダプター。ネットで調べたらソニーNEXにkマウントレンズを装着するアダプターのようです。

Cimg1365
(参照:http://luteciars.hatenablog.com/entry/2014/09/21/132138

鏡胴中央のLOCK⇔OPENが絞りリングになっているのでレンズ側に絞りリングが無いDAレンズでも手動絞りが使えます(動作確認済み)。

つまり、これは「ソニーNEX買え~!」という勧誘ですねっ!?

考えときますぅ~(汗)。

2017年11月16日 (木)

オリンパスペンEES2のフィルム現像

初夏から晩秋にかけて撮影したオリンパスペンEES2のフィルムやっと現像しました。

Imgp2101

Imgp2102


Imgp2104

これがリバーサルからの取り込み映像である事を証明するためわざとパーフォレーションまで残して取り込んでいます(w)。見事な露出精度ですね。さすが米谷美久氏設計だけあります。

Imgp2105

ついでに今月のマネーゲームの成果。JPM中小型株アクティブオープン債で

Imgp2106

20万円の元本が27万円になりました!!

これ見て「うお~!羨ましい!俺も株やるぞ~!」と思う人はも一回ココ読んでください・・

今日は投票日

私は絶対ワリに合わないと思います。

例えばココ。

Imgp2108

↑9月に買ったグローバルファンティック株式ファンド。

30万円の支払額に対し、6万4千円も「信託手数料」として取られた上でのマイナスでのスタートです。だいたい投資信託は(信託せず自分で購入する株を選ぶデイトレードでも)、まず「手数料を払って元本より減ってからのマイナススタートです。パチンコの玉も借りた後、まったくパチンコを打たずに景品に取り合えてもマイナスになるのと同じです。お金を右から左に動かすだけでも少なからず「人件費」がかかっている訳ですから。

(参照「日本の投資信託の手数料はアメリカの5倍」↓)

https://wryyy.jp/shirogane/toushin-demerit/

阿部首相、次に手を打つ所はこれじゃないですか??

これだけ手数料を払ったとして、元本保証は一切無く、買値より下がることも当然あるリスクを背負ってでの購入です。私ごときの収入では6万4千円って大金です。2か月分の食費です(w)。

何度も書きますが、これだけ手数料を払っても「元本保証無し」「買値より下がるのは日常茶飯事」を百も承知で挑戦したいのならぜひどうぞ!何度も何度も書きますが、私は絶対にワリが合わないと思います。投資家が大損したときだけ「欲深の罰だ。ざまあ見ろ!」と笑っておきながら、たまたま利益を挙げたときだけ「働かずお金を右から左に転がしでいるだけでお金儲けできて良いご身分ですなぁ~!」とはずいぶん調子の良い発言だと思いますがどうか?

汗水流して働いて稼いだ給料には何も反映されず、汗水たらして稼いだお金をこんなバクチまがいの投資に回して利ザヤ稼ぎをするよう国民を煽るアベノミクスはどう考えてもおかしい。おかしいと思っていても、他に収入を増やす方法が思いつかないので、嫌々渋々やっているんですが....

2017年10月22日 (日)

2017年日本ミノックスクラブ札幌支部写真展

Imgp2075
さきほど作品を宅急便に届けました(間に合った~~sweat02)。私生活でいろいろあったんで正直出品無事にできるとは思わなかった....

10月24日(火)~29日(日)まで札幌市資料館(大通り西13丁目)にて日本ミノックスクラブ札幌支部写真展が開催されます。私は10枚出品しました。

無料です。ご興味のある方はぜひご来場してくだされば幸いに存じます。

2017年9月24日 (日)

もう一台買ってしまった(バカ)・・・・・

十分ライカと同じ仕事しますコニカS2の撮影結果に満足してしまった私。これは飾っておくには惜しいと、レンズ交換の必要が無く、またライカを持ち出すのが怖い場所(盗難、雨や水没で故障、他人の嫉妬やっかみ妬み)での撮影に使うことにしました。

しかし、ここで問題が・・・・・・

Photo

綺麗すぎるんですよ。もうミントコンディションと言えるくらい。キズなんか全然無い。本当に大事にされていたのがわかります。きっと、前の持ち主が亡くなるまで現役で使っていて、亡くなった後、遺族が捨てたんだと思います。

Imgp2023
前オーナーがどなたかは知りませんが、大切に使ってくれた愛機を後世に残してあげるのもカメラコレクターの責務と思います。

よって、「使う用」にちょっとくたびれてあちこちサビやメッキが浮いたコニカS(初代)もう一台確保しました。お店は同じ「キリンビル」。お値段も同じ1台千円(w)。だいたい私が同じ機種を2台以上買う場合は本気で惚れこんだカメラです(ペンタックスLX3台。キヤノンⅥL2台。コニカヘキサーRF2台。ミノックスB2台。)。

Imgp0005

貼り皮もベロベロ剥がれていましたが、皮自体の状態は良好で、ゴムボンドで貼り直せばまだまだ使えます。

Imgp0006

ジャンクコーナーに売っていたシグマのワイドズーム用フード着けたらすごく良く似合う。

コニカS2とSの違いは、露出計表示がファインダーにあるか無いかの違い。S2はファインダーを覗いたまま露出を合わせられますがSはシャッターボタン横の露出計を見るためファインダーから目を離さなければなりませんが、元々フルマニュアルのカメラなんて露出計なんか目安程度にしか見ないし、露出計が無いカメラから比べるとはるかに使いやすいです。

これも、室内でF2、1/30秒を露出計が指しているのでばっちり露出計生きています。レンズはむしろS2よりずっと綺麗。まず貼り皮直してから全体のクリーニング。できればシャッターに注油ですね。これも試写が楽しみ。

Imgp2029
コニカカメラ最後の末裔。コニカヘキサーRFと一緒に記念写真。40年分の年代格差がある2台ですが、不思議とそれを感じないたたずまいを感じます。標準はコニカSで広角はヘキサーRFなんて組み合わせ。撮影会でかっこ良さそうです。

ちなみに台風一家(過)で500円(w)で購入した振ったら謎の音がするトキナー100-300ミリF5.6-6.7。実家のニコンD70Sに装着したらちゃんとオートフォーカス作動しました。

Imgp2020
作例:D70S、1/30秒、F7.1、ISO400

Photo_2

かめ子、太ったな・・・・・(汗)。

これだけ写れば十分だ!700万画素(今から見たら「たったの?」という数値)APS-CサイズでISO400でこれだけ写るって事は、ほぼ同じサイズのオリンパスペンFにISO400のネガカラーを入れても同じ程度に写るはず。
とりあえず、オリンパスペンFに使うためキャップとレンズフードを買ってこよう。

Imgp2019
なかなか似合います。オリンパスペンFで純正の300ミリレンズは無かったはずなので十分使う意味はあると思います。

F

当時のカタログでは250ミリF5の次はいきなり400ミリF6.3。さらに400ミリの上はいきなりミラー800ミリF8という・・・・。中途半端な開放F値はこの頃からズイコーレンズの伝統でした。中川治平先生の趣味なのか?

2017年9月18日 (月)

台風一家(過)

せっかくの休日なのに台風18号が北海道を直撃中!!どこへも行けへん。

Imgp2008
まあ本州を通過中にかなり威力を落としているので土砂降りであるが風は無く、とても静かな台風です。これはおとなしく休息しろって神の啓示ですね。私は雨の日の読書は好きです。

Imgp2009
↑あえてホラー調に(w)。悪天候でおかめず、フラストレーション溜まってます。あまり部屋の中バタバタ飛び回れるの嫌だから2羽ずつ放鳥する。クロ子&シロorかめ子&みぞれ。2羽だとお互い主人様の肩を独り占めできるので全然飛ばないんです。モモは基本「一人がいい」コなんで好きに飛ばせています。

昨日の内に汚れ仕事全部片付けて良かった・・・

昨日もちらっと書いたけど、居間の蛍光灯が死にました。管を交換しても点灯しないので、これはインバーターが死んだようで、ついに総交換とあいなりました。まあ、私がこのアパートに入居した当初からあったもの(私が買った物ではない)なので大往生でしょう。

時代が時代なのでもう蛍光灯という20世紀の遺物とは縁を切ろうと言うことで、奮発してLED照明にしました!!高かった!でも長い目で見ると、管の寿命と消費電力で十分モトは取れる。初めてLED照明を導入したのは風呂場の電球。ちょうどLEDの出始めの時期だったのでびっくりするほど高価だった。けど、今でも光り輝いています。最初に投資すれば寿命は半永久的・・・と考えれば安いもんだ。

Imgp2013

LED照明に替えて良かったことは、輝度と色温度を段階的に変えられること。蛍光灯では2本か1本か常夜灯の3段階だけでしたし、色温度を変えるには管を交換しなければいけなかったですから、室内で写真を撮る時に重宝します。

Imgp2012
LED照明のコントローラー。

蛍光灯からLEDに替えたことで格段に生活が快適になったんだから安いもんじゃないか!実に有意義なお金の使い方だと思おう・・・・・(実は先月有り金全部株式投資につぎ込んでしまったんで急な出費が辛い・・・

Imgp2005
昨日の内に汚れ仕事を済ませておいて良かった。昨日はまた近所のリサイクルショップ「キリンビル」内のおもしろ市場本店」http://www.omoshiro-ichiba.jp/omosirotowa.htmlでお宝(ガラクタ)を物色。コニカS2の原型機種であるコニカSも欲しかったがシャッターが粘っているのでやめといた。オリンパストリップ35もいずれ欲しいカメラだったが露出計が死んでいるのでボツ!今回の掘り出し物はコレ↓

Imgp2011

下左から順にケンコーテレプラスx3(←!)、同テレプラスx2。コムラーテレモア95(x2)どれもペンタックススクリューマウントなので互換性高し。

上はトキナ100-300ミリF5,6-6.7ニコンマウント。カビも汚れも無いけどなんか振ったらカチャカチャ音がする(w)。お値段は全部500円なので総額2千円!!。
ニコンのレンズは最長200ミリまでしかなかったんで300ミリ欲しかったんですよぉ。もちろんこれをニコンF4に着けるつもりは無く、オリンパスペンFT用にするつもりで買いました(詳細は1年ぶりの釧路オリンパスペンと言ってもフィルムの方。フィルム現像があがって来ました を参照)。

ケンコーの3Xテレコンも最近3倍が復活しましたが、私が中高生の頃は幻のレンズでした(CAPA誌で「かつては3倍もあったが・・」という記載を見て初めてその存在を知った)。フィルム時代だったら暗くて使い物にならなかったでしょうが、いくらでも感度増幅ができるデジカメ時代だからこそ3倍の威力が生きる!(そうか?)。これも使うのが楽しみなレンズです。いやぁ~こんなお宝がタダ同然で手に入る現代は楽園ですね~。

2017年9月 3日 (日)

十分ライカと同じ仕事しますコニカS2

Imgp1921
退院後の母の介護で千円でリサイクルショップから救出したコニカS2(1961年発売)のフィルム現像が上がったのでご報告いたします。

Imgp1967
先週の北海道マラソン。1/500秒はしっかり出ているようです。露出もピントも完璧!!文句ありません。

Imgp1966
最短撮影距離で「生きているファインダー」効果を確認したくて撮影。さっすがフィルムメーカーのカメラだけあって色ノリが良い。前回のキヤノネット(キヤノネットの現像上がりました参照)より明らかに勝っています。

Imgp1970
絞り開放近く(F2。8、1/30秒)で最短撮影距離というレンジファインダーにとって最も過酷な撮影条件であえてフクロウに挑戦!!

「うっそだぁ~!48ミリレンズで最短撮影距離90cmでフクロウこんなにアップで写るもんか!」

あ、バレましたか?はい、タネ明かし。秘密兵器を使いました。

Imgp1977
キヤノンオートアップ(http://alpsdo.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/5-cef0.html参照)!元々キヤノン7(http://masupi.com/phase6.htm参照)+キヤノン50ミリF1.4(http://masupi.com/chapter17.htm参照)用です。厳密に言うとフィルター径が合わないんですが、指で押さえて強引に使いました。コニカ純正でも売られていた記憶がある。あ”~~!見つけたとき無理して買っておけば良かった(ってカメラ本体持っていないのに買ってもしょうがないでしょ?)。「これ、何ですか?」とふくろうカフェの店員さんも驚いていました。なんでこんなもん使ってまでレンジファインダーでふくろう撮るんだ?
好みもあるけど、48ミリというかなり長めの焦点距離は一眼レフを使い慣れた人にはかえって使いやすい。わずか数ミリの焦点距離の差と思うなかれ。最短撮影距離が同じならば焦点距離が長いほうが撮影倍率が大きくなるので動物写真やテーブルフォトではアドバンテージになります。画質も見ての通り開放から安心して使える画質。わずか0.1明るいけど開放の描写はちょっと怪しいキヤノネットの45ミリF1.9よりは安心して開けられるこのヘキサノン48ミリF2を私は選びます。ライカを持ち出すには気がひける(盗難の危険性があるとか悪天候でいつ壊すかわからないなど)撮影条件で積極的に選択したくなるカメラです。一眼レフでそ~ゆ~目的ではリコーXR-500オートとかペンタックスZ-10とかを使います。コンパクトカメラだったらオリンパスペンEES-2を常時持ち歩いています。

Imgp1971
それと、キヤノネットやヤシカエレクトロやミノルタハイマチック7S(ハイマチック7Sのフィルム上がって来ました!参照)と異なる点はシャッターレスポンスの良さ!前にも「コニカはユーザーからの連動露出計機の支持が強かったので自動露出化をわざわざ遅らせてS2を発売した」と書いたとおり、マニュアル機をあえて選んだ(値段はむしろEE機より高いくらいなのに)ユーザーの気持ちがわかります。当時のEEカメラはまだ絞りを電磁石やステッピングモーターで駆動する電動絞りではなく、最小絞りから適正絞りまでこじ開ける動力源をシャッターボタンを押す人力に頼っていたので、押しなべてこの当時のEEカメラのレリーズはストロークが長く重たくもっさりしています。(この点絞り優先AEで電子シャッターのヤシカエレクトロは人力で絞りを動かす必要が無いのでもうすこしあのストロークの長さはなんとかならなかったのかと思いますが...)コニカSは自動露出が無く完全マニュアルなので絞りは最初っから設定値のままでシャッターボタンでこじ開ける必要が無いのでレリーズがすごく軽くて短い。この軽さはフォーカルプレーンのライカや一眼レフには真似できません。オリンパスペンSの感触に近いです。また、最初っからファインダー表示もマニュアルに特化しているのでゼロメソッド方式(ゲージの中央に針をあわせるだけで良い)の露出計表示が快適です。見ての通り室内でも使える感度がありました。

Imgp1976
あと、例の怪しげなワイドコンバーターレンズの効果をテスト。これは標準の48ミリ。

Imgp1975_2
これはコンバーター装着時。ケラれは無く、確かに35ミリ相当の画角を保持しています。ただ外周1/4(つまりコンバーターレンズでこじ開けた部分)は壮大に結像が流れます。まあ、お遊びには使えるかな?それにしても、何に使うレンズだったんだろう?せめてメーカー名くらい刻印して欲しかった....前回「オリンパスL-1用かな?」と予想したけど、明らかに形状が違いました。改めて、心当たりある方、教えてくださいcoldsweats02

2017年8月27日 (日)

退院後の母の介護

土曜日に無事病院を退院した母の介護を土日していました。あ~土日は沼田町のあんどん祭り行きたかったんだけど。親がいると何も自分のことができません。これで食費まで出せというのなら私は親を施設に放り込みますね。

Imgp1919
少ない役得は、食費は全額母持ちと、畑で取れた夏野菜食べ放題という事。それでも嗜好品(酒類とお茶)は持ち込みですよ。

Imgp1906
それでも札幌市内をウロウロしていると棚からボタモチがあるもので、いつものリサイクルショップで「お宝」がゴロゴロ見つかりました。まずはこれ!「コニカS2」1961年発売なので初代「キヤノネット」(初代キヤノネットにハマってます参照)と同じ年です。

2年前発売のコニカSにファインダー内露出計表示を加えた機種で、ファインダーを覗いたまま露出合わせができます。

Imgp1908
コニカ伝統の「生きているファインダー」も健在です。緑色のキヤノネットのファインダーに比べて青色のコニカのファインダーは眺めていて清涼感があります。どうも個人的な感情かもしれないけど、私は緑色したファインダーを覗くと生理的嫌悪感を感じるほど写欲がなくなります。具体的に言うとニコンSPとか(名機である事は認めます!しかし、あのファインダーは・・・・)とかキヤノンIVSb(それ以外は大好きなだけに残念!)とか前回のキヤノネットもしかり。水色に着色したカメラはその後も現れたけど(ミノックス35とか)緑色のファインダーがその後フォロワーが出なかったのも私と同意見の評価を市場が下したんだと思う。

前回のキヤノネットと比べたらフレーム外の視野の広さが異常ですね。今だったら「写真に写らない視野まで入れるくらいならファインダーをもっと小型化しろ!」と営業からツッコミが来そうです。この、フレームの外が見える事こそがレンジファインダーカメラの、一眼レフには絶対まねできない優位性です。フレームの外が見えているからこそ、動く被写体がフレームアウトする直前ギリギリまでシャッターチャンスを粘れるし、視野外からフレーム内に入ってくる物体まで把握できます。
ライバルのキヤノネットがシャッター速度優先EE(EE=エレクトリック・アイ。当時、自動露出のことをそう呼んだ)なのに比べ連動露出計のマニュアル機とは一歩後退した印象ですが、「やっぱ露出くらい自分で合わせてナンボだよな!」という保守的なユーザーに支えられて当時コニカはコニカⅢAやコニカSが好評だったため、わざわざ「自動露出化を遅らせて」S2を発売したそうです。

Imgp1918

(↑前作のコニカⅢAと共に。)

Imgp1917
(↑まるで兵器みたいなごっついコニカⅢAに比べるとコニカS2はかなり「普通のカメラ」になってくれました。正直、ライトバリュー式の露出調節とかレンズサイドにある巻上げレバーとか、かなり使いづらい。)

事実、シャッター優先EEを搭載したコニカオートS、同オートS2発売後にも、マニュアル機のS3をリバイバル発売しています。世界で最初にオートフォーカスを実用化したコニカも当時は保守的な会社だったんですね。

Imgp1907
ジャンク品で1台千円なのであまり期待していなかったんですが、かなり綺麗です。直前まで使われていたような調子で、屋外でファインダーを覗いたら露出計の針がビンビン作動します。「1/500秒でF5.6。これ、露出計正常じゃん!?」思わぬ掘り出し物でした。

も一つ掘り出し物がコレ。

Imgp1909
コシナCT-1EX!わたしが高校生の頃、コシナ28-200ミリズームとセットで売っていました。セルフタイマーも貼り皮も廃した徹底的にコストダウンした姿に「潔さ」を感じたもんです。「電池無くても動く完全メカシャッター機を非常用に持っているといいかな?軽いし。それに、コシナフォクトレンダーの母体になった機種だから。ツァイスイコン(http://masupi.com/phase23.htm参照)の隣に飾っておきたい」と思っていたんですが、何万円も出してまで欲しいとも思わず、気がつけばすっかり市場で見かけなくなってしまいました。これもジャンク品で千円!!やった。

Imgp1914

これも電池入れたら露出計ばっちり光ります。「本当に、フィルムカメラなんてこれで十分なんだよなぁ。」と思わせてくれるプリミティブさです。

Imgp1915
ただ、残念なことに蒔き戻しクランクがもげて無くなっています(これがジャンクの理由)。時間かければ巻き戻せないことはないですが、修理できるかな?

Imgp1934
またしてもこんな使い物にならないモノを拾ってきて。多分お店の人も、何に使う物なのか見当もつかなかったでしょう。ヤシカエレクトロ35用のテレコンバーターとワイドコンバーターです。中古市場では「役立たず」という評価が定着しています(詳細はココ:http://blog.livedoor.jp/ponkotsutousan/archives/19093942.html)。どちらも600円ずつ。2個で1.200円。エレクトロ35GTゴールドメカニカ用のコンバーターは何度か見たことあるんですが、最終モデルの35GX用のは初めて見た。

望遠なら約1.3倍、広角なら約0.84倍なのでマスターレンズ40ミリのエレクトロ35GXに装着すれば広角が34ミリ。望遠が52ミリ・・・・・使えねぇ~(w)。これがフィルムカメラ時代はフロントコンバ-ターレンズが普及しなかった理由。詳細はウチのサイト(http://masupi.com/phase25.htm)でも力説しています。

あ、でもマスターレンズが35ミリのエレクトロ35CCに装着すれば広角29ミリと、「何とか」広角と言える焦点距離にはなる(参照:http://fukucame.fan.coocan.jp/yasielecc.htm)。まじいなぁ~、電池再生してまた使いたくなったじゃないかエレクトロ35。

Imgp1920

ジャンク箱の中にもう一つ謎のフロントコンバージョンレンズがありました。ヤシカ用に比べるとずっとデザインが新しいけど、メーカー名が入ってないので何用かわからない。目で覗くとだいたい0.75倍くらいの縮小倍率がかかり、一眼レフに着けるとマスターレンズの50ミリが35ミリ近辺の焦点距離になります。一眼レフに使えるくらいだから35ミリフルサイズをカバーしていますので、オリンパスL-1用のワイドコンバーターかなぁ?これも600円。

Imgp1921
これがまったく偶然ながら先のコニカS2のフィルター径とぴったり!!コニカS2のマスターレンズは48ミリなのでこれ着けると36ミリで、使いやすい広角レンズに...って、ヤシカエレクトロ35で懲りてるけど。一眼レフならともかく、レンジファインダーにフロントコンバーター着けると距離計が使えなくなるので無限大でしか撮影できなくなるんです。(ヤシカエレクトロ用コンバージョンレンズは距離補正ガイドが刻印されているのでそれ見ながらピント合わせする...これ聞いただけで「使えねぇ~」のがおわかりかと思う・・・)まあ、ぼちぼち作例写真撮ったらアップします。

遠出はできなかったけど、実家のすぐ目の前で北海道マラソンを観戦できて楽しい1日でした。

Imgp1922
天気も良かったし。

Imgp1923
給水場でエアサロンパスのサービスしてました。一般ランナーにとっては楽しいお祭りなんですね。

Imgp1924
本日の実家の畑での収穫。なかなかの豊作ぶりです。

Imgp1932
炊事も洗濯も掃除も買い物も全部私の仕事・・・・・職場でおすそ分けに貰ったレトルトの豆腐で冷奴。紙パック入りとは思えない美味しさでした。

Imgp1930
オープンカーでスーパーに買い物に行くバカ。これくらいの楽しみは許してください。

Imgp1929
実家にいると24時間そばに誰かいるしテレビの音もするので、おかめずも楽しいらしい。私のアパートにいるよりも機嫌が良いです。

ちなみに来週も、来なければいけないのか?母上殿?

2017年8月20日 (日)

キヤノネットの現像上がりました

Imgp1641

キヤノネットのフィルム現像が上がりましたのでご報告いたします。

1
距離計のハーフミラーが劣化して像の分離が甘いせいでかなりピンボケを出しました。これはピントが割と合っていた作例。F1.9開放、1/30秒、ISO400。

Imgp1886
近接撮影でなければ何も問題ありません。ネットでの情報でもありましたが、発色はかなりあっさりしていて、ミノルタハイマチック7S(ハイマチック7Sのフィルム上がって来ました! » 参照)に比べたら描写はかなり落ちます。キヤノンのレンズはシングルコートですが、ミノルタは「緑のロッコールレンズ」と宣伝した2層膜アクロマチックコーティングでカラーに強いと当時から言われていましたから。それに時期的にも5年分の技術格差がある。

Imgp1642
それにしても、「でかい!」の一言。これ、ぜったい「コンパクトカメラ」じゃないです。レンズ交換式のコニカヘキサーRFよりでかいじゃないですか。

この当時のレンズシャッターカメラは「レンズ交換以外の性能はライカに準ずる事!」だけが目標だったので、またカメラの所有がステータスで、「大きい事は良い事だ(By森永エールチョコレートhttps://www.youtube.com/watch?v=Aubpbn0nXvA)」「隣の車が小さく見えま~す(日産サニーhttps://www.youtube.com/watch?v=_F07XMAwFGw)」「小さなカメラ=おもちゃ」と片付けられる時代(それでオリンパスペンも企画を通すとき苦労したと米谷美久氏が書いていた)だったので、これでよかったんでしょう。

キヤノネット開発の経緯はこの本に詳しい↓。

Imgp1882

「カメラレビュークラシックカメラ専科31キヤノンハンドブック」(1994年朝日ソノラマ刊)

Imgp1883
これがキヤノネットの最初の試作機。EEどころか露出計すら入ってないスパルタンな仕様です。ライバルはコニカⅢあたりか?キヤノネット以前のキヤノンのカメラはどれも数ヶ月間飲まず食わずで貯金しないととても買えない高級機ばかりで(参考資料↓)

Imgp1890
(キヤノネット以前のキヤノンのカメラで最安値だったキヤノンP。1959年発売。これでも50ミリF1.4付で5万2千700円もした。詳細はhttp://masupi.com/phase24.htm

今の時代こそ、貧乏人の私でも交換レンズの山に埋もれて身動きが取れないような生活していますが、昭和30年代はレンズ交換なんて知識の上だけの世界で庶民には夢のまた夢の時代でした(参照:http://www.kitamura.jp/photo/shiki/shiki-36/yomoyama/yomo3.html)。だったら、所詮買える訳のないレンズ交換の機能は省いてその分安くしたほうが良いじゃないか。
せめて大卒初任給で買えるカメラを作りたい。しかし、性能で妥協はしない。レンズ交換以外のスペックは最高を目指そう!というのが開発目標のカメラです。「高級機の性能を普及価格で!」が目標なので、ここに「小型化」という文字は無かった訳です。ちなみにキヤノネットの18800円(月賦でない現金払いで)というお値段は上述のキヤノンPで言えば一番安い標準レンズ50ミリF2.8の1万6千500円しか買えない値段です。標準レンズ1本分でカメラが買えるなら、いずれレンズ交換式カメラが欲しくなってもキヤノネットは標準レンズ専用のサブカメラとして使い続けられるし、すでにキヤノンPや7を持っているヘビーユーザーでさえも「露出計代わりになるから」と購入を考えたでしょう。「交換レンズとして発売するよりもボディ付で売ったほうが安い」という商法は他にオリンパスワイドやコーワSWでも試されています。
Imgp1644
ローライ35(1966年)以降は国産カメラも反省から少しは小型化に気をつけるようになります。下はヤシカエレクトロ35GX(1975年)。

Imgp1647

初めてこのカメラの存在を知ったのは中学生の頃ですでにキヤノンオートボーイ2の時代でしたが「え?ボディ上に巻き上げレバーも巻き戻しクランクも無い?これ、自動巻上げなの?」と驚いたけど、何の事は無い。見ての通りボディ底に巻き上げレバーと巻き戻しクランクが配されています。つまりこのカメラは普通のカメラをひっくり返した構造をしているんですね。当然フィルムも普通のカメラの逆に入れます(これは後年リコーR1やミノルタTC-1も真似している)。なんでこんな設計にしたかというと、ファンダー周りに露出計の回路を入れるため巻上げレバーを下にずらしたかったからだそうだけど、わたしは当時、ファインダー窓を左端ギリギリまでずらしたかっんだと思っていました。幻のレンズ交換式レンジファインダー試作機「コニカFR」http://masupi.com/chapter28.htmを設計した山田豊氏も「カメラレビュー、ライカブック2001」でファインダーをボディ端ギリギリまでずらしたかったので巻き戻しクランクをボディ底部に配したと実際に語っていました。

Imgp1891
巻き戻しクランクを下に配することや自動巻き戻しで巻き戻しクランクそのものを廃止することでファインダー窓をボディ左側ぎりぎりにずらした機種としては後年のツァイス・イコン(2005年)やコニカヘキサーRF(1999年)などは初代キヤノネットへのオマージュだと思っています。ファインダーが左端にあると、距離計の有効基線長が稼げるという理由だけでなく、カメラ構えていて鼻がボディに当たらないので快適なんですよ。ただ、やはり底部巻上げは一般的でなかったのでその後のキヤノネットシリーズでは普通の配置に戻ってしまいましたね。

2
レンズシャッターなのでフトロボとの相性も良好。フラッシュの瞬間がファインダー内で確認できるのでこういう撮影では一眼レフより絶対使いやすいです。F8、1/15秒、ISO400。
今使ってもけっこう使えますよ。でもレンズがカビて描写がもわ~っとしているから本気で使うにはやっぱりオーバーホールですね。

2017年8月17日 (木)

初代キヤノネットにハマってます

キヤノン初の庶民向けカメラ。初代「キヤノネット」(1961年発売)に最近ハマってます。

時期的に言うと私の母が女子高生の頃のカメラです(w)。

Imgp1869
なんで2台も?左が前期型で左が後期型らしい。ってここで怒らないで!後期型を熱心に勧める理由があるんですからっ!!

Imgp1866
これは前期型のファインダー。見ての通り、露出表示は⇔でオーバーとアンダーを表示するだけ。光像式と電気照明の違いはあるけどヤシカエレクロ35の表示と似ています。

Imgp1867
後期型は、これが同じ機種なのかと驚くほどの充実振り!なんとシャッターを半押しすると適正絞り値がファインダーに表示されます!自動露出のときにしか露出計が作動しないのは残念だけど、これは後年のミノルタCLEやミノックスLXでも同じ。露出計るときだけAEにしてマニュアル露出にすれば良いだけのことだし。ライカがファインダー内に露出表示するのはキヤノネットの10年後(1971年発売のライカM5)という事を考えれば当時最先端のスペックです!

Imgp1870

あと、21世紀の現在にこのカメラを使うなら十分知っていただきたい点。

前期型はフィルム感度目盛がレンズ上側にある・・・だけじゃなくて、最高感度がISO200までしかない!!21世紀現在のネガカラーの標準感度が400である事を考えるとこれはかなりハンデになります。

Imgp1871
後期型はフィルム感度設定がレンズ底側に移り、ISO400まで拡大しました(逆に言うとISO10とか13とか32なんてフィルムもうありません)。

と言う訳で、今実用で使うなら絶対後期型しかありません!という事です。

Imgp1878
最近オリンパスペンEES2やペンSを持つようになってわざわざ調達したサンパックオート140。シンクロケーブル(注釈:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB)内蔵なので、ホットシュー付きとシンクロターミナル式の両方に使えるので重宝しています。ストロボの左側からカメラ本体に垂れている電線がシンクロケーブル。カメラがデカいのでなにやらパワー負けして見えますが、ガイドナンバー14あるので45ミリF1.9という大口径レンズを装備しているコンパクトカメラのストロボとしては十分。むしろこれ以上強力なヤツ着けると背景の明るさとのバランスを崩すので逆効果です。ナショナルのストロボットとかガイドナンバー30クラスの大光量ストロボは持ってますよ。

Imgp1881_2
これは学生時代から愛用したサンパックオート30SR。文字通りガイドナンバー30。
これはシンクロケーブル外付け(持ってない)のでキヤノネットには使えない(探せよ!)。これをコンパクトカメラに着けたら雰囲気台無しなのはおわかりかと.....光量が強すぎて周囲が真っ暗なのに主要被写体だけが明るく写ってまるで暗幕の前に立っているような写真になるというだけではなく(それはストロボの光量を落とすことで十分対策ができる)、見ての通り発光部分がレンズ光軸から遠く離れているので、撮影すると強く影が出るんです。たて位置だと最悪ですね。これが、ガイドナンバー30以上のストロボはクリップオンよりもグリップ式が好まれた理由でもあります。

フィルム現像上がったら作例アップします。

2017年7月23日 (日)

今年の千歳は超ハズレでしたっ!!

毎年8月最初の日曜日に開かれるはずの「千歳航空祭」がなぜか今年は今日開催!慌てて身支度して行って来ました。

昨年の経験でコリたので(千歳航空祭 2016.08.07参照)今年はクルマは置いて電車で行きました。電車で千歳航空祭行くの、中学・高校生時代以来だ!。

Imgp0053

わが国が誇る傑作航空機2種。US-1水陸両用機(陸上と水上両方で離着陸可能)と国産初のジェット輸送機C-1です。あれ?無塗装のC-1って見るの子供時代に持っていた学研の子供図鑑以来だ。

Imgp0052
しかも派手なプローブ(探査機:自衛官さんが面白がって触っている部分)が鼻の先から伸びていて、そのうえ機体ナンバーが001!「これってC-1の試作一号機なんじゃ!?」と会場でタマタマ鉢合わせしたササガワ隊員にも言付けたんですが、帰宅して調べたらやっぱりそうでした!

http://pic-3079.jugem.jp/?cid=47223

C-1初号機の初飛行は1970年。ってことは、このコは機齢47歳です!!未だに元気に北海道まで飛んできた事が驚き!やっぱり日本の航空機技術は半世紀前からすでにこれだけの水準にあったんです。

ちなみに「特攻くずれ自衛隊に入る」の著者、永末千里氏は航空自衛隊発足当初に米国がC-130ハーキュリーズを熱心に日本にセールス勧誘していたのに断って、わざわざ航続距離の短いC-1を採用したくせに、C-1初飛行の15年も後に、骨董品のC-130を「中古で」購入したことを激怒されていました。

Photo
http://senri.warbirds.jp/jasdf/

C130導入は私の中学時代ですが私も「こんな旧型をなんで今更?」と驚いた記憶があります。

Imgp0055
まあ、今なら理由はわかる。C-1はC-130よりも最高速度は速いけど航続距離が短い。あまり航続距離が長いと周辺国(いわゆるC国とかK国)とかを刺激するんで、わざと海外まで飛んで行けない航続距離のC-1を選んだと。当時のK産党の議員がうるさく噛み付いたらしいです(w)。

まあ、国産技術を育てたいって親心もあったので私も否定はしません。1970年代当時は自衛隊の海外派遣なんて想像もつかない時代でしたし。

Imgp0054
続いて後続機US-2の登場で、余命わずかのUS-1。あ、これもこんな目の前で見るの高校生以来じゃないかな。パイロットさん浮かれまくってます(w)。

Imgp0056
30年分の技術格差がある2機。三菱F2ヴァイパーとロッキードF104スターファイター(通称「栄光」ですが誰もその名で呼ばない)。

パンダマークはこの機種で初めて採用されました。1960年代にすでに将来の仮想敵国が中国に移ることを予測していたとしか思えないマーク。ちなみに自衛隊では「これはヒグマだ」と言い張っているようですが、だれが見てもパンダです。

http://northwell-shop.com/products/detail/57

だそうです。
Imgp0057
「これが最後の見納めになるかもしれない...」と言いつつ、結構撮り貯めている政府専用機。見ての通り、かなり雲が低く垂れ込んでいまして。雨降るよりはマシですが、シーイングが最悪。予定のF15戦闘機の高機動飛行は中止になりました。

Imgp0058
2回フライパスしたF15戦闘機。おお、右側は複座のF15Dですね。珍しい。

Imgp0059
悪条件でも、少しでも写真写りの良いカットをお客様に撮って欲しかったんでしょう。米軍のF16戦闘機。超低速でサービスしてくれました。感謝!!

Imgp0060

ちょっとでも高度を上げるとこのありさまです。こりゃ、「高いレンズ持っていれば何とかなる」というシチュエーションじゃないです。

Imgp0061
ふてくされて、中央格納庫の軍楽隊演奏を聴きながらまったりしておりました。

Imgp0062
続いて太鼓演奏。これも良かったです。

Imgp0063
格納庫に引きこもっていたら、ブルーインパルスの演技の時間になると雲量7割程度まで回復して、強烈な夏空になってきました。これは期待!!

Imgp0064
陸自の新型戦車10式戦車。先輩の90式より少しコンパクトになっています。

Imgp0065
見ての通り、部分的に青空が出てきました。カメラ21ミリから320ミリまで総動員で「さぁ、撮るぞ!」と意気込んでいたら、「ブルーインパルスの1号機が故障で飛べません!」と信じられないアナウンスが流れ、結局5号機6号機の2機がフライパスしただけで演技中止!!私の目の前で小さな女の子が泣いていました。私だって泣きたい!!

Imgp0066
絶望した観客たちが猛ダッシュで出口に殺到したのでバス乗り場は長蛇の列!!それでもバス自体も鈴なりに並んで満員になれば発車していたので行列の回転は速く、私も最後尾に並んで20分ほどでバスに乗れました。

中学、高校時代はバスの運賃すら惜しく正面出口から新千歳空港駅までテクテク40分歩いたなぁ~。屋台の食べ物も高くて買えなかったから母におにぎり作って貰って水筒持参で行きました。

最近の写真

  • Cimg1438
  • Cimg1436
  • Cimg1428
  • Cimg1435
  • Cimg1434
  • Cimg1431
  • Cimg1427
  • Cimg1426
  • Cimg1425
  • Cimg1423
  • Cimg1422
  • Cimg1421