フォト
無料ブログはココログ

趣味

2020年10月 1日 (木)

パンシノールが無い!!

昨年冬コミの同人誌

Photo_20201001220701

前回「ふたたび引きこもり生活へ」でご紹介したパンシノール20-60ミリF2.8。

Photo_20201001220801

そろそろ購入しようかと重たい腰を上げたら、見事に無い!無い!市場からきれいさっぱり払しょくしてました!!(実例↓)

Cimg3661

e-bayより↓

Cimg3662

社外品ファインダー装着のレンズでも即完売です。いったい、何が起こった!?

Cimg3663

そこではたと気づいた。「私がブログでこのレンズ紹介したのと、1年遅れでパンシノールの父、ルイ・H・ロジェ・キュビエ氏の訃報(↓参照)を

Cimg3664

記事にしたのを読んだ方々がこのレンズに殺到したのでは?と・・・・「こんなマイナーなブログそうそう読む奴なんかいるもんか!自惚れるな!」と非難されるのは百も承知ですが、ヤフーの「画像」で「パンシノール」でググるとかなり上位にうちのブログが出てくるので、マイクロフォーサーズにCマウントレンズ付けてみたいという奇特なマニアが私のブログ読んで殺到したのはありえることです。こんなマイナーなレンズ欲しがる人なんて私の同人誌かブログ読んだ人くらいでしょう。今から16ミリやりたいという方ならもっと新しくて使いやすいズームレンズは腐るほどある。

とりあえず、本日やっと「セカイモン」さんで純正ファインダー付き(レンズ本体よりむしろファインダーが欲しかった!)のパンシノール20-60ミリF2.8格安で落札できました!!(出展者はアメリカ人)現物が届き次第、作例うぷしますので気長にお待ちください。

2020年8月30日 (日)

安物買いの銭失い

昨年9月に新調した(中古だけど)パソコン。1年持たずに逝きました。前々から不調はあったんですけど、とうとううんともすんとも言わなくなり、買ったpc屋さんに持っていくと、「もうマザーボードが反応しないので寿命ですね。交換部品は手に入らないので修理不能になります。」と死刑宣告。が~~ん!コミケの原稿とかwebサイトの原稿とか一杯入っているのに!?

「何とか、ハードディスクだけでも取り出せませんか?」と尋ねると、「取り出すのは簡単だけど、これだけ完璧にクラッシュしているとHDD内のデータも壊れている可能性がある」という返事。「それでもいいからお願いします。」と頼んでハードディスクだけ取り外してもらい本体は廃棄処分してもらいました。

Cimg3524

で、前マシンから外したハードディスクをどうやって読み取るかというと、今は便利なものがあるんですね~。「ハードディスクケース」3.800円。単体のハードディスクを入れてUSBケーブルでパソコンに外付けできる周辺機器です。これを新規に購入した(またしても中古だけど)PCに装着すると、

「全データが生きていました!!」しかも外付ハードディスクのデータを全部ダウンロードしたら壁紙から、インターネットエクスプローラーの「お気に入り」まで全部、前マシンの設定が自動で更新されてました。良かった~見捨てないで。

パソコンの頭脳部分だけを摘出してケースに詰めて使うのを見て、

Cimg3525

なんだか「キャプテン・フューチャー」↓の

Photo_20200830200501

↓サイモン・ライト博士を思い出しました(また古いネタを・・・・)

Photo_20200830200502

(「キャプテン・フューチャー」エドモンド・ハミルトン原作/野田昌宏翻訳/NHK/1979年放送)

でもメールソフトの設定とかはゼロからやり直しになるので、pc新調したときはいつもそうなんですが、設定しなおし地獄で数時間pcと格闘していました。格闘中、鳥たちが「出せ出せ~!」とアジ演説しています。水と餌やるから我慢して!!お父ちゃん今それどころじゃないの・・・

Cimg3520

一人遊びが上手なシロ君とモモちゃん。案外仲が良いかもしんない。

Cimg3521

カナリアのみどりちゃんのケージによく飛び乗ってくるシロ。どうやら興味があるようです。

Cimg3519

本日、実家に呼び出されて、家庭菜園で採れた夏野菜どっさり持たされました。ありがとうございます。子供のころから「夏野菜」という言葉を聞くと胸が躍りました。トマト、ピーマン、インゲン豆、キュウリ、枝豆、極めつけはトウモロコシでしたね。茹でたてのトウモロコシは子供のころ最高のオヤツでした。祖母や父が大の野菜嫌いで若いうちに健康を害した(祖母は60歳で脳出血で倒れ右片麻痺&失語。父は49歳で心臓を壊して働けなくなりました)のを見てきた母は息子の私には幼少期より野菜を徹底的に食べさせてくれました。この母の「食育」のおかげで、大概の野菜は好物です。母には感謝しています。

Cimg3526

とりあえず、新しいpcにオフィスとフォトショップをインストールしないと。メールソフトは復活したので電子メールは受信可能です。用事がある方は安心してメールして下さい。

Cimg3518

本日の昼食はたこ焼き。忙しくて作っている暇ないので店屋物で済まします。一刻も早くフォトショップとタブレットが使える環境に戻さないと・・・・だからpcの新調ってイヤなんだ。私は基本クルマとpcの新調ほど嫌なことは無い(初期設定と、新しい操作を覚えるのが苦手なので、肌になじむまで時間がかかる)。pcとクルマを買い替えるのがおっくうになったらもう歳だなぁと思います。まだカメラやレンズにまで症状が及んでいないだけまだマシですが。

2020年7月20日 (月)

コロナとかイベルックスとかいろいろ

職業柄多く話題にするコロナ禍とかイベルックス40ミリF0.85のその後とか投資とかまとめて記事にします。

まず、コロナ騒動が勃発した直後は原価割れした製薬業界株ですが、今月に入ってから急騰したわけは、ワクチン開発がどうやら軌道に乗ったからではないかと予想したら、今朝の朝日新聞で、そのままの記事が出ていました。

Cimg3431

まだ出来ても居ないワクチンをすでにEU及び先進4か国で争奪戦になっていると。

私ら個人投資家は、こうやって新聞、ネット、TVの報道で初めて情報を得る訳ですが、機関投資家(いわゆるプロ)は報道される前の情報を「インサイダー取引」で得て素人より先に「買い」する訳ですよね。こういうのを見ると、個人投資家が機関投資家を出し抜くなんて、絶対に無理だとわかる。だから私は単独株を買おうとせず投資信託で運用を機関投資家に任せているんです。自分一人で銘柄を選択して自爆するくらいなら信託手数料なんて安いもんです。いろいろなご意見はおありでしょうが、「投資信託」はプロの漁師さんが操縦する釣り船にお金を払って乗る釣りで、自分で単独株を買う事は自分でモーターボートを買って自分で釣り場を選んで釣ることだと思います。これで、「信託料金を払って他人に資産運用を任せるなんてもったいない‥(←実際に同僚に言われました)」という人は天才かバカかのどっちかだと思います。「釣りバカ日誌」のハマちゃんやスーさんでさえ自分でボートは持っていない。ハマちゃんのお兄さんやスーさんの友達は持っていたけど(あいかわらず暴論ですな)。貴方はプロが案内する乗り合い船に乗るのと、自分でボートを操るのとではどっちの方が大物が釣れると思いますか?

Cimg3432

そんで、前回、イベルックス40ミリF0.85に中間リング着けたら近すぎておかめずが撮れないという失敗に対し、クローズアップレンズを注文して今日届いていました。さっそく装着!!同時に届いたのは米バンクローンの時価評価額。すでに説明済みなので省略。

Cimg3433

おお~サイズぴったり。難なくねじ込み出来ました。で、写りは?というと・・・

P7200564

やぁ~ん💓ふぁんたすてぃっく!期待以上の描写になりました。そうそう、こういうの撮りたかったんですよ💓。これでやっとおかめずにF0.85が使える。
いよいよ楽しみが増えてきました。

2020年7月13日 (月)

ではF0.95の作例

中一光学スピードマスター25ミリf0.95の作例です。

P7130563_20200713214201

これが最短撮影距離。これ見て、「なぁ~んだ!この程度か?」と思った方はトリミング画像を見てください。

P7130564

身の毛がよだちました。鼻の孔や鼻腔のシワまで写っています。これ、本当にすごいレンズです・・・・このレンズでピントが合わなかったら間違いなく不良品か、自分の視力を疑った方がいい・・・

P7130429_20200713214101

一方こちらは2.990円で買っPixpo(パシュポ)CCTVレンズ25ミリF1.4絞り開放の作例。最短撮影距離。

P7130432

例の中間リング。メス側(レンズ側)のマウントは使わず、オス側(ボディ側)のマウントにレンズを直付けして撮影したら何とかおかめずにピントが合った。まあ、F1.4開放でこれだけ写れば十分。カメ子、ものすごく怒ってます(w)。ごめんね。

なんか、マクロ用途では2.990円のCCTV用レンズの方がむしろ役に立っているような気が・・・・

Cimg3411

またまたコロナ禍の第2波が訪れ、外食どころじゃない私。またしてもファミマの冷凍醤油ラーメンです。それが、ラーメン屋さんのラーメンに負けない程美味しいのが怖い・・・21世紀の冷凍食品の技術は「神」です。これは、確かに袋入り乾麺の需要が落ちるのがわかる。家で調理するんだったら、手間も味もはるかに冷凍ラーメンの方が上です。実は「銀河鉄道999」でも冷凍ラーメンの出現を予言している。

Cimg3416

「銀河鉄道999」(松本零士著/少年画報社)

ちゃんと冷蔵庫にラーメンを入れている記述がある。油揚げ麺だったら冷蔵庫には入れませんよね?あたしもカップ麺を職場の冷蔵庫に入れて怒られた経験がある(怒られるほどの事なんだろうか?)。「合成宇宙ラーメンばかりでほんものにはおよばないけど・・」と鉄郎も言っているのでおそらく銀河鉄道999の合成ラーメンは21世紀のコニビニ冷凍ラーメン程度には美味しいんだろう。

う~~む、なんでこの数か月間ラーメンの話ばかりしているんだろう?自分!!他に美味しい物思いつかないのか?

2020年7月10日 (金)

中間リング届きました・・・絶望・・・

え~と、前回「イベルックス40ミリF0.85の最短撮影距離が75cmもあるのでおかめずが撮れない!」と苦言を呈すると、Q氏より「中間リング買えばいいじゃなぁ~い!」という悪魔のささやきがありさっそく注文。

Cimg3400

あれ?届くのに2週間もかかったよ。一昨日の(バシュポ) Pixco CCTVレンズ 25mm f/1.4 とはえらい違いだ。同日に日興証券さんから目論見書が届いたけど、カテ違いなので、こちらは別の日にコメントします。

Cimg3401

左が本日届いたマイクロ4/3用中間リング。右が水曜日に届いたPixco25mmF1.4。このチープさが良い(w)。

Cimg3402

箱を開けてみるとこんなカンジ(右)。なんだかペンタックスM42の純正オート接写リング(左)と酷似しています。そりゃ、中身に何も光学系の入ってない「ただの筒」なんだから当然。電子接点どころかメカニカルな連動ピンすら無いという点ではペンタックスよりも原始的と言えます。

Cimg3403

箱の中身を全部バラすとこんな感じ。カメラボディ側のマウント(前列左)と撮影レンズ側のマウント(前列右)。

後ろは中間リング2種類。比較のために置いたのはオリンパスペンE-PL3と中一光学スピードマスター25ミリF0.95。

Cimg3404

とりあえず、中間リング無しでマウント雄雌だけでイベルックス40ミリF0.85を装着してみると・・・・・・

P7100559

ち、近すぎておかめずを撮れない・・・!マスターレンズのヘリコイドを無限大にしてもこれがやっとでした・・・

これじゃあF0.7のまこちん様とやっていることが変わらない!!(いや、私の方がはるかに低俗だ・・・)

私は本来動物写真が撮れるF0.85が欲しかったはず!!

う~~む、とりあえず、この中間リング、他の使い道を考えないと・・・

2020年7月 8日 (水)

去年までご存命だった「パンシノールの父」ロジェ・キュビエさん

Cimg3393_20200708194901

昨夜は8時半まで残業したら体中あちこち痛くなり、今日は定刻で帰りました(同僚二人は早退・・・冷たい)。まあ定刻で帰った理由は、今夜あたり、アマゾンで買った買い物が届いているから。ポストを見たら予想通り不在連絡票が入っていましたのですぐTel。

Cimg3394

何を買ったかというと、「ゲート~自衛隊」最新巻と、前から気になっていたCCTV(クローズドサーキット=閉鎖回路テレビ)用レンズ。まったく別個に購入したのに一つの箱に梱包されて宅配されるとはさすがアマゾンです。閉鎖回路って何?つまり、放送やネットと繋がっていない回路という意味で、解りやすく言えば監視カメラや計測カメラのレンズです。監視カメラ用レンズですので、「最低限写っていれば良い」というレンズです。

Cimg3396

開封すると、流石2.990円のレンズ。落としたら二度と見つからないような小ささ。ライカのフォタールってこんなカンジだったと思う。

Cimg3397

フィギュアと一緒じゃあ逆に大きさがわからなくなったので私の手で持ちます。身近にあるモノで大きさを例えると、

Cimg3399

七味唐辛子の瓶を半分にしたような大きさです。

Cimg3398

さっそくオリンパスペンE-P1に同封のアダプター経由で装着すると何と、F値やフォーカスの表示が真下に!?これもワザとですよね。天井に設置されることが多い監視カメラですので、下から操作しやすいようになっているんでしょう。今夜は疲れているので作例はまた後日に。実はそれよりも凄い事を今更知ってしまった!!

仏語版ウィキペディアでも「光学補正式ズームの発明者!」「パンシノールの父」と拝め奉られているSOMベルチオ社のロジェ・キュビエさんは昨年までご存命だった!!

Photo_20200708200501

↑この方がロジェ・キュビエさん(2016年撮影)だそうです。享年96歳。大往生ですね。今更ながらご冥福を祈ります。

ああ~!わかっていたらご存命中にもっと著書とか調べておくべきだった~~!!という事は私が「光学補正式ズーム」を執筆した頃はまだかくしゃくとされていたはず!私のブログでも書いたけど、今、パンシノールの20-60ミリF2.8のファインダー付きが欲しくて欲しくてたまらない。

Photo_20200708202101

そのためのCマウント→マイクロ4/3マウントアダプター購入です。レンズはオマケ。e-beyで見ると珍しくも高価でもないようなので、気長に探すことにします。「そんなに欲しければ売ってやるよ!」という奇特な方、もし居られればメール下さい。

で、最後に、まったく作例無しじゃイジワルなので即興で撮ったPixpo(パシュポ)CCTVレンズ25ミリF1.4絞り開放の作例を載せて〆ます。

P7080425

夜景。いかにも監視カメラっぽい写り。無限遠にもピントが合うとわかって安心。つ~か、無限遠よりも更にレンズが近付くんですけど・・・。これは4/3に対するマイクロ4/3と同じで、Cマウントの口金を共用しながらフランジバックを短くしたC-Sマウントのカメラに装着することも想定しているからでしょう。

P7080421

最短撮影距離で、今晩の夕食。周辺の光量落ちと残存する非点収差による「グルグル渦巻きボケ」がおわかりかと。確かに「スーパー16ミリ」のイメージサークルは十分すぎるほどカバーしています。シネレンズとして使うなら必要十分。これは使いこなすのが楽しみだ。

P7080424

同じく最短撮影距離で、おかめずのシロ君。確かに、この程度写っていれば監視カメラとしては十分・・・と思います。

2020年6月30日 (火)

オリンパスを応援するために!

先週の報道で思いっきり落ち込んでいるオリンパスユーザーのためにオリンパスを応援するカキコします。

Cimg3356

我が家にあるレンズ交換式のハーフサイズは2種類。オリンパスペンFT(左)とキヤノンデミC(右)。おそらく最初っからハーフサイズで設計された国産カメラで交換レンズが用意されたのはこれだけでしょう(35ミリフルとハーフ切り替え式ならば一眼レフのコニカオートレックスが、35ミリ版からの改造ではニコンS3MとコニカFT-1プロハーフ、ライカ72がある)。

あとよくわからないけど、アメリカ製のマーキュリーIIと旧ソ連製のチャイカIIもレンズが取り外しできたと記憶しているが交換レンズがあったかどうか未確認。

一眼レフのオリンパスペンFシリーズと違ってキヤノンデミは距離計無し目測のコンパクトカメラですので、レンズ交換したって28ミリと50ミリの2本だけだから、たかが知れている。

Cimg3368

ちなみにキヤノンデミCのファインダーを覗くとこうなっております。ケプラー式(実像式)なのでフレームはくっきり見えます。視野全体が28ミリで内側の青いフレームが50ミリ。まあ、そう使いやすいもんじゃない。

なのでマーケットではペンFの敵にはならなかったようでキヤノンもこの1機種でレンズ交換式レンズシャッター機を辞めてしまっています。

Cimg3357

一眼レフの光学系が無い分キヤノンデミCの方が小さいだろうと思ったら、並べてみたらさして変わらない大きさ。逆に言うとオリンパスペンFの設計が如何に逸品だったかということですが、これならオリンパスペンF選ぶよなぁ。

Cimg3362

あと、オリンパスペンS(左)、同EES-2(中央)、コニカアイ3(右)。下は去年の冬コミで収穫したオリンパスペンの同人本。すごくよくできています。

Cimg3363

唯一の電子シャッター機(電池が無いと1/30秒単速になる)コニカアイ3。後ろの飯田鉄氏の著書によるとセルフタイマーがついたコニカアイシリーズの最終モデルだそうだ。なぜかフィルムメーカーのコニカとフジはハーフサイズの参入が遅れた。ハーフサイズだと2倍撮れるのでフィルム屋さんにとっては魅力が薄かったからでしょうか。後発メーカーだけあって電子シャッターで32ミリF1.8の大口径レンズを装着してますが、フルマニュアルのオリンパスペンDと違ってプログラムAEなのでF1.8の明るさもシャッターが切れなくなるギリギリの明るさでないと役に立たないのが残念。できれば絞り優先AEにして欲しかったが当時の技術でそれをやるとハーフサイズでは看破できないほど高価になったでしょう。

Cimg3369

ファインダーはこちらは一般的な採光式ブライトフレーム。何とプログラムAE専用機なのに30~500分の1秒までのシャッター速度表示があります。露出不足だと赤ベロが出てシャッターが落ちなくなる点はオリンパスペンEEと同じ。左にはゾーンスケールが表示されているのでファインダーを覗いたままでもピント合わせができます。この機種が一番機能的に進んでいますね。

Cimg3364

フィルムカメラじゃなく、現行のマイクロ4/3も応援しないと!!鉄&グルメ好きのマイクロフォーサーズ使いならば必読の「新・駅弁ひとり旅」(監修:櫻井寛氏。作画:はやせ淳氏/双葉社刊)

Cimg3366Cimg3365_20200630093401

カメラの使い方マニュアルとしても良くできています。主人公になった気分で同じ路線を旅するのも面白いんじゃないでしょうか?

Cimg3367_20200630093201

お弁当を撮るなら最短撮影距離が短いだけでは無くて、変なパースが付きにくいマクロレンズを使いなさいとか。まあ料理写真くらいならマクロで無くても標準ズームでも十分なんだけど(証拠)、

Imgp0418

PENTAX*ist-Ds、SMC-PENTAX-M-MACRO50mmF4、F4、1/10Sec

(最大1/2倍マクロの最短撮影距離での撮影。梅干しの拡大映像でも撮らない限り、ここまでのマクロ性能は不要。つか、こういう被写体でこそスマホが威力を発揮する!

それじゃあ宣伝にならない(w)。こ~ゆ~本は読者になるべくレンズを沢山買ってもらえるように宣伝するためにあるんだから(本音)。でしたら、今の時点でもスマホでは苦手な望遠を紹介して欲しかった。鉄道写真なんだから。いや、別にそんな300ミリF2.8とかでなくていい、中古で8千円で売っているMズイコー40-150ミリF4-5.6でもいいから望遠の圧縮効果とか解説して下さい。スマホに怪しげなアタッチメント着けるよりはよっぽど高画質&簡単で失敗も少ないはず。まさか、通信機能の無いデジカメの映像をSNSに送る方法知らないなんて言いませんよね?今どきの若者!!

そういえば昨年12月の同業者の勉強会でも「今どきの学生はスマホ世代でパソコンのタイピングすらできない」と私より年上の教官たちが嘆いていたな・・・・

えっ?オッサン世代の私らより退化してないか?昭和世代の私らは小中学校の義務教育でパソコンの授業を習ってきた「ゆとり世代」の若者から「おじさん、こんなこともできないの?」と散々突っ込まれてきたんですけど・・・・今どきの若者にとってはキーボードがついているPCですら過去の遺物なのか?

2020年6月27日 (土)

オリンパスがカメラ事業を売却!

Cimg3330

Q氏からもメールで速報受けましたけど、前々からオリンパスのカメラ事業が不振なのはわかっていた(しかも私が「載せろ!」とCAPA誌でゴリ押しした「プリキャプチャ機能」はかつて株主総会で「ユーザーに理解できない機能は載せるな!」と散々株主から叩かれていたことを後から知った)。こういう日が来るとは予測していたけど、やっぱり現実になるとショックです。

「オリンパスがカメラ事業を売却!」

Cimg3334_20200627204501

年々寂れてゆくカメラ事業。一眼レフが生産高ピークになったのは1980年で、それ以降、1984年のミノルタα7000で少し盛り上がったことはあったけど、1980年の生産数を追い越すことは未来永劫無かった。理由はわかりますね。一般大衆は一眼レフを欲しがるほど写真に興味は無いからです。1980年に一眼レフの生産ピークが訪れた理由は当時のことを知っている人は百も承知。絞り優先自動露出専用でマニュアルを廃した低価格一眼レフが各社から一斉に発売され、コンパクトカメラユーザーを一時的に取り込めたからです。

Cimg3346

「シリーズ1/1000Sec」(新谷かおる著/スコラ刊)

装着しているレンズがGNニッコール45ミリF2.8という選択も渋い!!このレンズQ氏もお気に入りで自慢されていましたね。

このニコンEMってジウジアーロデザインでニコンF3と同時発売だったんですが、「AE専用機は日本では売れないだろう」と国内では当初未発売でした。それを「アサヒカメラ」の診断室がわざわざ海外から取り寄せて診断してその性能を絶賛したので急遽国内でも発売が決まったというトリビアがあります。映画の「ロッキー3」でもニコンEMが同じジウジアーロデザインのDMCデロリアンと競演していました(そう、「バックトゥザフューチャー」の前にすでにデロリアンが出演していた映画があったんです!!)。本当に一眼レフブームの時代でしたね。中学の音楽の先生がこれ持ってるのを見て「さすがオシャレだな」と共感した覚えがあります。

コンデジやスマホ全盛の今日ではなかなか想像できないかもしれませんが、あの当時のコンパクトカメラは望遠やマクロは「最初っから諦めて」いたカメラでした。

Cimg3340

1980年代当時のコンパクトカメラ。往々にしてレンズは38ミリF2.8単焦点で最短撮影距離は1m。風景とスナップと記念写真しか撮れないカメラでした。

X7

コンパクトカメラじゃあ撮れない、一眼レフじゃないと撮れない写真がファミリー写真層にも広がっていった時代です。子供の運動会を望遠レンズで撮りたいとか、彼女の料理をマクロレンズで撮りたいとか。

Cimg3341

つまり、こういう写真。マクロ撮影とか・・・

Cimg3345_20200701213001

望遠撮影とか・・・・

こ~ゆ~のはフィルムカメラ時代は絶対に一眼レフじゃないと撮れなかった。今ではこの程度はコンデジでも余裕(な訳ね~だろ!?)。スマホでも多少腕があれば撮れる(訳ね~だろっ!?)でしょう。

偶然でも何でもなく、マクロや望遠が一番苦手だったのがライカ(「じゃあライカが得意な撮影ジャンルってどんなのだ?」と知りたい人はこ~ゆ~写真だと思って下さい↓スマホで撮れると思うなら撮ってみろっ!)。

Cimg3354

1980年に独ライツ社は経営破たんし、スイスの計測機器メーカー・ウィルド社(皮肉にもベルテレが設計したアビオゴンの製造元)に救済合併されています。で、ウィルド社のライツ救済の条件が「カメラ事業を切り捨てること!」これ以降、ライカのカメラは{Leitz)と名乗ることは一切できなくなりました。発売当時いろいろ言われた「何でライカM6の軍艦部はのっぺらぼうなんだ?」という疑問は、登録商標の問題とか色々あった訳です。

Cimg3339

結局ライツ社最大の不採算部門で、経営難になった最大の理由(そこまで言うか!?)のカメラ事業はウェッツラーの町から追放され、現在のソルムスに島流しになり、平屋の社屋で細々と作られて現在に至ります。これが起こったのは私が中学生の頃ですが、この頃「カメラ毎日」は休刊。「カメラレビュー」も月刊から季刊になっており、すでに「カメラは斜陽産業なんだなぁ~」とうすうす感じながらも当時加熱中の「オートフォーカス戦争」にもろ手を挙げて拍手喝采していました。

Cimg3335

同じく、経営困難になって保谷ガラスに救済合併されたペンタックスもライツと同じ末路を辿りました。比較的収益率の高い計測器部門だけ保谷ガラスに吸収されたあげく、不採算部門のカメラ事業は放逐され、かつて、Kマウントの規格を無償で譲渡してもらった恩でリコーさんがペンタックスさんを見受けして下さいました。リコーにとっても写真機は創業事業で、

Photo_20200627221201

今も細々ながら事業継続しているので、過去の恩があるペンタックスを助けたかったんだと思います。これはドイツ・フォクトレンダー社が倒産したとき、自分自身のカメラ事業が息も絶え絶えだったのに身銭を切って救済合併したかつてのツァイス・イコン社(結局自分自身のカメラ事業撤退を早めただけだったが・・・・)や同じくミノックス社が倒産したときに韓国サムソンが買収しそうになったのを無理やり救済合併したライカカメラ社にも通ずる所がありますね。カメラ以外でも、ポルシェが経営困難になったとき、ベンツが自社工場でも十分生産可能な190Eをわざわざポルシェに委託生産させて救済したことがあったそうな。ドイツもニッポンも、同業他社のノウハウが海外に散逸しないために損を承知で救済するという所がありますよね(カメラやレンズの製造ノウハウがどれだけC国やK国に盗まれたかはQ氏から散々教えられたが、怖いのでここでは書かない)。

オリンパスマイクロフォーサーズは猫写真家の岩合光昭先生や昆虫写真家の海野和男先生といったロイヤルユーザーがついていますからニコン1やペンタックスQのようにはならない・・・・と信じたい!!

とりあえず、買収先のベンチャーさん。オリンパスのブランド大切にして下さい!お願いします!!

とりあえず、コロナ第二波で外出できないので、またもや過去の画像のアーカイブスで〆ます。

Cimg3338

この雛、今は野に放たれて自然界で逞しく生きているんでしょうか?

Cimg3332

東山魁夷氏風に・・・花鳥風月って本当に癒されますぅ~。

Cimg3350

「300ミリ以上はよっぽどヘンなもの撮るときにしか使わない」って・・・・・タンチョウやフクロウは「ヘンなもの」なんですか?

2020年6月17日 (水)

なぜかデジカメWatchの内容がウチのブログとシンクロしているような・・・?

前回も書いていますが、どうもうちのブログで書いていることがデジカメwatchさんと妙にシンクロしているような気が・・・

Cimg3322

シネレンズでしたらパン・シノールやアンジェニューはいかがでしょうか?

「f/0.7」スタンリー・キューブリック監督の「バリー・リンドン」ですよね?あたしが散々ネタにしてきたプラナー50ミリF0.7。

50f07_20200616234901 50f07_20200616235001

アポロ8号に搭載されて月の夜の部分の撮影に使われたと聞くけど、その月の裏側の映像が、なかなかググっても立花隆氏や佐貫又男氏の書籍読んでも出てこない。まあ、「バリーリンドン」見ても、少なくとも通常の距離にはピントが合った(当たり前だ!)。でも、どうやってピント合わせしたんでしょうね?プリズムやミラーは間違いなく入らなかったでしょうし、レンジファインダー使った形跡もない。ほぼ目測だったんでしょうか?

Photo_20200616235501

とにかく、レントゲン用のF0.7でおかめずの撮影は無理だとは分かったけど、スピードマスター25ミリF0.95なら余裕でおかめずを撮影可能だったので(証拠↓最短撮影距離25cmは重宝します)、

P5050538

シロ君は幼鳥の頃からカメラ大好き君ですのでこれだけ近寄っても逃げない。むしろポーズとってくれます

イベルックスF0.85でいずれ月夜のタンチョウを撮影してみようと思います(タンチョウは夜は飛ばない)。

Photo_20200619193901

(んなコト無い!)。

ズームレンズの件でも思ったんですが飯田ともき氏は、たぶん私の同人誌読んでますね。

ヤバい、完全にQ氏の術中に呑まれている。

2020年6月14日 (日)

なぜ「一般撮影用」と強調したか・・

前回、「通常撮影用のレンズでは世界一明るい」と、わざわざ断り書きを入れたイベルックス40ミリF0.85ですが、「通常撮影用じゃないレンズって何よ?」という方にご説明。

40f085

↑ちなみにレンズ構成(資料)。

つまり、無限大にピントが合わせられないようなレントゲン用など特殊レンズだったらもっと明るいレンズがあるってことです(参照)。私の過去のスレも参照のこと。

Cimg3320

あたしも去年おととしの「冬コミ」で拝見しましたがまこちん様ですよね?コレ。

Cimg3319

「幻のレンスを追って」は私も買いましたよ!今まで「えっちな同人誌とコスプレのお祭り」だと思っていたコミケに誘って下さったQ氏には「知らなかった世界」を教えて下さり今も感謝しております。タンチョウ撮影の時も良く思うのですが(張り込みたい撮影ポイントが複数あるから)「パーマンのコピーロボットが欲しいっ!」とコミケで痛烈に思いました。とにかく規模が多すぎてたった半日じゃあ1/100も回れない・・・体一つでは全然足りないっ!!自分のクローン人間が三人くらい欲しいと思いました(爆)。

レントゲン撮影では目の前の蛍光版を複写するだけなのでマクロ専用で良いし、X線を照射している時じゃないと蛍光板は発光しないのでシャッター幕もいらないし、単波長でいいので色消しすら不要な訳です。これだけ制約が少なければF0.7程度は余裕で設計できるって事でしょう。ですが、私は基本は「鳥写真」が自分の守備範囲だと思っているので、鳥の写真が撮れるレンズでなければいけない。

とりあえず、2羽セットで撮影したイベルックス40ミリF0.85の作例で〆ます。撮影データ:F0.85、1/100秒、ISO800。

P6140547

2羽の共演ならば最短撮影距離75cmでも何とか絵になる事はわかりました。が、このレンズで動く被写体にピントを合わせるのは至難の業。こんな手ごわいクセ玉を飼うのは久々なので腕が鳴ります。40ミリF0.85ということは80ミリF1.7と同じ被写界深度ということで、フルサイズではこのレンズと等価という事になります(そっちは絞ってるだろう・・・)。つか、このレンズをおかめずに向けているから行き詰るんであって、もっと大きな鳥を撮ればいいじゃないですか!そう、タンチョウ。

Cimg3321

PENTAX MZ-3 Σ24-70mmF2.8DG F2.8 1/500Sec FUJICHROME FORTIA50

よくISO感度50のフィルムでこんなの撮ってたな、15年前の自分・・・若かった・・・・今フジクロームベルビア50で同じ写真撮る自信絶対に無いです。良いフィルムだったなぁ、フォルティア(ジジィか?自分!)。

ノクトン17.5ミリもスピードマスター25ミリもこのイベルックス40ミリも焦点距離的にはタンチョウ撮影の守備範囲に入るので、日没後の薄暮の空を飛ぶタンチョウをいずれこれらのレンズで仕留めたいです。それにはプロキャプチャーモードがあるOM-D買わないと。

より以前の記事一覧

最近の写真

  • Photo_20201001220701
  • Photo_20201001220801
  • Cimg3661
  • Cimg3662
  • Cimg3663
  • Cimg3664
  • Cimg3637
  • Cimg3638
  • Cimg3639
  • Cimg3640
  • Cimg3645
  • Cimg3650